電気ストーブの選び方のポイント!自分に合ったものを選びましょう!

電気ストーブの選び方のポイント!自分に合ったものを選びましょう!

電気ストーブは暖房器具のなかでも、灯油を触りたくないという方には強い味方になるものです。

灯油に引けを取らない暖かさで、灯油を買わなくてもいいというメリットがあります。

 

しかしそんな電気ストーブにもいろいろと種類があります。

扇風機のようなモデルから、灯油ファンヒーターに似たモデルまでさまざまです。

買おうと思ったとき電気ストーブの選び方はどうすればいいのだろう、と考えてしまうあなたに贈るコラムです。

 

電気ストーブのメリット

最近は燃料を使わない、コンセントをつなぐことでストーブとして機能する家電が増えてきました。

そのような電気ストーブは、灯油ストーブと比べてどのような利点があるのでしょうか。

おおまかに、電気ストーブにするメリットは、以下の4つになります。

  • 部屋の空気を汚さない
  • どんな部屋でも使える
  • 燃料を入れる手間がない
  • 部屋をすぐに暖めてくれる

上記のようなメリットがあります。

灯油ストーブは、燃料を入れることでそれを燃やし、熱を生み出すのです。

そのなかで二酸化炭素を生成するのですが、その過程で酸素を消費したり、一酸化炭素を生み出たりする可能性があります。

 

部屋から酸素が薄くなると、人間の脳は活動を低下させてしまいます。

灯油ストーブが部屋にあると眠くなるのは、もしかしたら温かいからだけではないかもしれません。

 

また一酸化炭素は人体から酸素を奪います。

一酸化炭素と同時に密封された部屋にいるのは危険なのです。

 

このため定期的な換気をしなければ危険なのですが、換気をするとせっかく暖めた空気も逃げてしまいます。

火を警戒せずに、手軽にどんな場所でも使える点も灯油ストーブにはない点です。

 

脱衣所やトイレなどでも気軽に持ち込めるので冬場でも安心できます。

灯油ストーブは、部屋を暖めるのに燃料が必要になります。

 

燃料がなくなると、交換の手間がかかるでしょう。

しかし灯油はにおうし、灯油のついたキャップを触らないといけないしでおっくうになりがちです。

 

電気ストーブなら燃料交換の手間なく使い続けられます。

灯油ストーブは電源を入れた後、火の状態が安定するまで待たなくてはいけないものがほとんどです。

 

しかし、電気ストーブは局所的ながらもすぐに暖めてくれますよね。

立ち上がりの早さも電気ストーブならではのものです。

電気ストーブは、灯油ストーブよりも圧倒的に安全で、使いやすいのです。

 

電気ストーブの選び方は?

電気ストーブとひとくちにいっても、部屋の暖め方はさまざまです。

赤外線に変換したり、温めた空気を放出したりと多くの形式があります。

暖めたいエリアや部屋のサイズに合わせた、電気ストーブの選び方をしましょう。

電気ストーブの主な種類

電気ストーブは大きく以下のように分かれます。

  • グラファイトヒーター
  • ハロゲンヒーター
  • カーボンヒーター
  • セラミックヒーター

発熱体の名前で分けられていますが、それぞれの特徴はどのようなものでしょうか。

 

グラファイトヒーターは発熱体にグラファイト(黒鉛)を使用した暖房器具です。

立ち上がりが早く、放射する遠赤外線の量がかなり多いため、すぐに温まることができます。

ただし、部屋全体を暖めるには向いていません。

他の暖房器具と合わせて、寒がりな方や暖房の当たりづらいところに設置するのがメジャーな使い方でしょう。

 

ハロゲンヒーターはグラファイトヒーターとよく似ています。

発熱体はハロゲンランプです。

 

グラファイトヒーターよりもより大容量の発熱が可能ですが、こちらも部屋全体を暖めるには向いていません。

消費電力もかなり多く、生成する赤外線が多く危険でもあったため、後続のカーボンヒーターに取って代わり始めています。

 

カーボンヒーターは、ハロゲンヒーターの後続機です。

発熱体が炭素を含む石英管であること以外は、ほとんど同じです。

 

グラファイトヒーターと比較すると、立ち上がりが遅いようなのでこのことは頭に入れておきましょう。

しかし電力ロスが少なく、効率よく熱に変換できますので、他の電気ヒーターよりも消費電力をおさえられます。

 

セラミックヒーターはこれまでのものと違い、部屋全体を暖めるのに適した電気ヒーターです。

遠赤外線ではなく、暖めたセラミックに風をあてて温風を出します。

熱源とファンを同時に稼働させますので、電気代が高くなりがちですが、立ち上がりも早めで素早く部屋を暖めることができます。

 

設置したい部屋の大きさや人に合わせて選ぶ

おおまかに電気ストーブは部屋全体を暖めるものと、局所的に暖める補助暖房としての機能を持ったものがあります。

使用する用途によって電気ストーブの適正も変わってきます。

 

グラファイト・ハロゲン・カーボンヒーターは補助暖房として部屋の一部を暖めることができます。

暖房に当たりた人がひとりで、寒がりな方の場合は特におすすめです。

セラミックヒーターは部屋全体を効率的に暖めることができます。

部屋全体にいる人が対象の暖房ならば、セラミックヒーターを選びましょう。

 

電気ストーブを設置すると電気代が高くなる!?

本来、電気を熱に変換する効率はあまりよくなく、電気による暖房器具は効果のわりに消費電力が高いといわれています。

セラミックヒーターは熱源とファンを同時稼働させます。

そしてそれ以外の電気ストーブは部屋が温まらず、常に稼働させなければいけないことから、電気ストーブは常に高い電力を消費するのです。

電気ストーブの選び方を考える際、消費電力のことも考慮しておきましょう。

 

おおよそ電気ストーブをフル稼働させたときの消費電力は、ほとんどの種類が1,000Whとされているようです。

ちょうど1時間稼働させると、おおよそ25円ほどの値段がかかってしまいます。

 

グラファイト・ハロゲン・カーボンヒーターは強く稼働させずあくまで補助の暖房器具として使うようにしましょう。

そうすればフル稼働させる必要がなくなるため、消費電力をカットするひとつの方法になるはずです。

 

またセラミックヒーターも、部屋全体を暖めるまでの時間が短ければ短いほど、電気料金を減らすことができます。

小さな部屋ならば、エアコンで暖めるよりも安上がりに部屋を暖めることができるでしょう。

 

それぞれの電気ストーブの持つ特性によって、この消費電力のデメリットは大小します。

使用シーンをよく確認して、どの電気ストーブを使うかを検討しておきましょう。

 

おすすめの電気ストーブ

買う電気ストーブの種類は決まったけど、電気ストーブの選び方がわからない……という方向けに、おすすめの電気ストーブをご紹介します。

グラファイトヒーター【アラジンDUOヒーター】

価格 5,980円(税込)
大きさ 46.5×33×17.6(cm)

0.2秒という高速での立ち上がりを実現したグラファイトヒーターです。

グラファイトを2列装着しており、シーズンに合わせて同時に何本稼働させるかを選ぶことができます。

 

立ち上がりの速さと個人に合わせた温度調節をあわせ持っているので、補助暖房としては最高のもののひとつです。

ハロゲンヒーター【山善電気ストーブ】

価格 2,780円(税込)
大きさ 30.5×13.5×36.5(cm)

重さが1.8kgほどしかない、超軽量のハロゲンヒーターです。

その軽さから、持ち運びに適しており、かゆいところに手が届く電気ヒーターとなっております。

 

持ち運びのなかで不安になるストーブの転倒による事故は、転倒した時点で電源がOFFになることで防がれています。

低価格で、小回りが利く便利な電気ヒーターです。

 

カーボンヒーター【コイズミカーボンヒーター】

価格 7,480円(税込)
大きさ 82.5×28.5×28.5(cm)

0.2秒というグラファイトヒーターと変わらないほどの立ち上がりを実現したカーボンヒーターです。

タイマーや首振り機能など、寝室に設置する電気ヒーターとしてはこれ以上ないモデルです。

カーボンヒーターらしく、他の電気ヒーターと同じほどの暖かさでも消費電力は90%までおさえられているようです。

購入後のランニングコストを考えるならば、こちらがオススメになってきます。

 

セラミックヒーター【シャープ加湿セラミックファンヒーター】

価格 11,480円(税込)
大きさ 45×18×41.7(cm)

クーラーなどで部屋を暖めたら、空気が乾燥してしまい、のどや鼻が痛くなったという経験はありませんか?

このセラミックヒーター他の暖房と違い、加湿しながら部屋を暖める機能が追加されています。

空気の浄化・消臭・静電気の除去にも効果があるようなので、冬場の静電気の多い時期には重宝するでしょう。

 

セラミックヒーターは構造が複雑でメンテナンスが大変になりやすいです。

しかしこちらの商品は、構造が単純化されて掃除が楽なうえ、自動清掃昨日もあるので非常に扱いやすいです。

 

まとめ

寒い部屋を暖めるには、ストーブが必要ですよね。

ストーブのなかでも電気ストーブはとくに安全性と手軽さに特化しています。

電気ストーブには局所的に暖めるものと、部屋全体を暖められるものに分けることができます。

そのため電気ストーブの選び方で用途に応じて選べば、快適に過ごせるだけではなく、高い消費電力をカットすることも可能です。

 

また電気ストーブは、取り回しやすさでは他のストーブから頭ひとつ抜けています。

他のストーブを持っていても活躍できる場所はあるので、ひとつ買ってみてはいかがでしょうか。

この記事が気に入ったらシェアしよう!