使うだけでおしゃれ!バックパックのメンズ向けブランド15選!

使うだけでおしゃれ!バックパックのメンズ向けブランド15選!

バックパックというと、どうしても登山などのアウトドアで使うイメージが強いですよね。

しかし、最近は街でもよくバックパックを使っている人を見かけることも多いのではないでしょうか?

この記事では、そんな街で使える、いわゆるタウンユースの男性向けおすすめバックパックを一気に15個紹介していきます。

また定番ブランドからスポーツブランド、さらには30代から40代の方におすすめのバックパックと、3つのジャンルに分けて紹介していくので気になるところから読んでくださいね!

それでは早速見ていきましょう。

 

定番のおしゃれブランド5選

NIXON

価格 9,424円(税込)
サイズ 縦48×横31×マチ18(cm)
こちらNIXONのバックパックは街でも見かけたことがあるという方も多いのではないでしょうか?

とてもシンプルな見た目なので、服との合わせ方も自由度が高そうですよね。

またシンプルな見た目とは反対に、機能性が抜群

底の部分には靴を入れることができるシューズストレージが搭載されています。

そしてこのシューズストレージ、使わないときはセパレート(仕切り)を無くすことができるんです。

そのため、メイン部分の容量を広げられるんですよ。

シューズストレージがあるので、少しジムに行こうかなというときにも活躍してくれそうです。

またセパレート(仕切り)を無くせば容量を広げられるので、使える幅も広がるのではないでしょうか?

 

THE NORTH FACE

価格 7,800円(税込)
サイズ 縦46×横32×マチ17(cm)

こちらはボックス型のヒューズボックスで有名なブランドであるTHE NORTH FACEのバックパックです。

少し見た目がかわいらしいですが、意外と大容量

なんと2Lのペットボトルが3本も入るんです!

さらに、A4サイズの倍の大きさのA3サイズにも対応しているので、大きめの書類も問題なく持ち運べますよ。

収納スペースは一見メイン部分と前面部分のポケットだけかと思いきや、中にもメッシュのポケットを完備

デザイン的にもタウンユースとして使うにはぴったりなのではないでしょうか。

 

ARC’TERYX

価格 23,498円(税込)
サイズ 縦52×横33×マチ18(cm)

ARC’TERYXは1991年カナダでスタートしたブランドです。

高性能な登山者用ウェアや都会的なデザインの商品もあり、多くの人から親しまれています。

そんなARC’TERYXのバックパックで今回紹介するのは、Arro22という商品。

Arro22は、ARC’TERYXの中でもとても人気のあるバックパックとなっています。

パッと見ただけでも特徴的なシルエットをしていて、センターにジッパーというデザインが目を引きますよね。

しかし特徴的なのはデザインだけではありません。

まず背面部分に背中に合うようなプラスチックの板が入っているのでとても背中にフィットする設計になっているという点。

そしてジッパーは自社で開発された防水ジッパーが採用されているので雨の日でも安心して使うことができるという点も魅力的ですね。

デザイン性も機能性も兼ね備えているこちらの商品も、タウンユースで使えるバックパックとしてピッタリなのではないでしょうか!

 

GREGORY

価格 21,600円(税込)
サイズ 縦45×横36×マチ16(cm)

GREGORYは、登山用からタウンユース用のバックパックを多く生み出しているブランドです。

そして、GREGORYのバックパックのショルダーハーネスなどは人間工学に基づいた設計となっており、背負っているのではなく、まるで「着ている」かのような感覚を実現しているそうですよ。

今回紹介するこちらのバックパックも、背中の凹凸に沿うように背面のパッドが工夫されていることもありフィット感は抜群

さらに特徴としてあげたいのが、耐久性です。

もともと登山用バックパックに使われてきたナイロンを素材に使っているので、とても丈夫。

また内部にはメッシュのポケットなどもあるので小物もきちんと収納できますよ。

そして前面のポケットも斜めに設計されているので物の出し入れが簡単。

耐久性と使いやすさを考えてみても、タウンユースとして使いたい一品ですね!

 

OUTDOOR PRODUCTS

価格 4,900円(税込)
サイズ 縦40×横32.5×マチ13(cm)

こちらはOUTDOOR PRODUCTSの商品です。

ブランドの代表モデルなので、もしかしたら一度は目にしたことがあるという方も多いかもしれませんね。

収納部分はメインと前面のポケットと、とてもシンプルな作りとなっています。

ただ前面のポケットにはマチがあることが特徴。

マチがある分、少し余裕のあるポケットとなっています。

またカラーバリエーションが豊富なので、ファッションの1つとしても楽しむことができそうですね!

 

普段使いにも!スポーツブランド5選

adidas

価格 4,690円(税込)
サイズ 縦44×横30×マチ12(cm)

adidasは誰もが知っているブランドのひとつではないでしょうか?

サッカー日本代表のユニフォームを制作していることでも有名ですね。

そんなadidasのバックパックをここでは紹介していきます。

それが前面部分のロゴが印象的なこちらの商品。

とてもシンプルな見た目ではありますが、内部にはノートPC用のスリーブが装備されています。

普段からノートPCを持ち歩いているという方にはピッタリですね!

また底部分がスクエア型になっていることによって、書類などの角があるものもらくらくに収納が可能となっています。

シンプルなデザインではありますが、実用性を考慮した設計となっているのでとても使いやすいのではないでしょうか!

 

FILA

価格 4,982円(税込)
サイズ 縦40×横30×マチ14(cm)

こちらはFILAのバックパックです。

FILAというとテニスで有名なブランドですが、実はバックパックもおすすめなんですよ!

こちらの商品は高い収納力が特徴。

メイン収納部分はA3サイズに対応しています。

さらにポケットに関してはトップ部分と前面部分の2か所にあるので、小物の収納もらくらく

またメイン収納はジッパーではなく、巾着(きんちゃく)型になっているので、開閉がとても簡単という点も魅力的ですね!

 

New Balance

価格 3,207円(税込)
サイズ 縦45×横29×マチ15(cm)

こちらはスニーカーで知っているという方も多いNew Balanceのバックパックです。

なんといってもシンプルな見た目が特徴的ですよね。

収納部分はメイン収納部分と前面のサブ収納部分の2か所、それと背中部分に片方の肩にかけながら使える便利なポケットが1つ付いています。

とてもシンプルでさまざまな服に合わせられるため、タウンユースとして最適なバックパックではないでしょうか?

 

NIKE

価格 3,959~11,614円(税込)
サイズ 縦46.5×横39.0×マチ18.5(cm)
前面部分に大きくおなじみのロゴが入った、NIKEのバックパックです。

収納部分はメインとサブの2か所

加えてサイドにはメッシュのポケットを装備しているので、ペットボトルなどを入れておくことが可能となっています。

また内部にもポケットがあるので、シンプルな見た目とは反対に収納力があるんです!

背面はメッシュ素材となっていてパッドも入っているので、とても快適に使うことができるのではないでしょうか?

 

PUMA

価格 2,984円(税込)
サイズ 縦46.5×横32.0×マチ14.5(cm)

こちらはPUMAのバックパック。

前面に大きくロゴが入っているのが特徴的ですね。

ノートPCの収納が可能なPCコンパートメントがあるほか、サイドには大きめのメッシュポケットが装備されているので、ペットボトルもらくらく入れられますよ。

また長時間背負って歩くことを考えた背面の設計になっています。

実用性が高い上にカラーバリエーションも豊富なので、その点も魅力的ですね!

 

30代~40代におすすめのブランド5選

PORTER

価格 36,720円(税込)
サイズ 縦50×横36×マチ22(cm)

こちらのバックパックはPORTERのTANKERという商品です。

TANKERシリーズは、アメリカ空軍のフライトジャケット「MA-1」をモチーフに作られているので、男性にはピッタリなのではないでしょうか!

またデザインだけが特徴ではなく実用性も抜群です。

まず収納力

メインルームはダブルジップで大きく開閉することができ、内側には荷物の仕分けにとても便利な2つのポケットが完備されています。

さらに外側にも大きめのポケットが2つあるので、使用頻度ごとに荷物を分けることができる点も魅力的ですね。

また普段からそこまで多くの荷物を入れることはないという場合にはマチ幅を調整してコンパクト化も可能

タウンユースとしてはもちろん、使える幅が広いバックパックとなっていますよ!

 

aniary

価格 59,400円(税込)
サイズ 縦42×横25×マチ15(cm)

aniaryはPlumeというメーカーが1997年に立ち上げた日本のブランドです。

今や生産を海外で行うことが当たり前になってきたにもかかわらず、aniaryは職人の手で作るメイドインジャパンを貫いているブランドでもあります。

今回紹介するこちらの商品、見た目からとても高級感が伝わってきますよね。

それもそのはず、こちらのバックパックは表地にaniaryオリジナルのレザーが使われているのです。

作りはとてもシンプルですが、使い勝手のよさもしっかり考慮されていますよ。

例えばダブルジップで間口を広くすることで物の出し入れをしやすくしていたり、片方の肩にかけているときにも物を取り出しやすいように前面に深めのポケットを装備していたりといった工夫がたくさん。

シンプルで大人っぽいデザインかつ、しっかり実用性も兼ね備えているので大人の男性のタウンユースとしてピッタリですよ!

 

HAGLOFS

価格 11,180円(税込)
サイズ 縦48×横30×マチ20(cm)

HAGLOFSというこちらのブランドは、名前を聞いたことがあまりないという方も多いかもしれませんね。

HAGLOFSは登山家からも親しまれているスウェーデンの老舗ブランドです。

そしてこちらの商品は約15インチまで入るパソコン用の中敷きを装備しているので、パソコンを普段から持ち歩く方にはピッタリ!

またウエストベルト、チェストベルトと2つのベルトが付いているので、自転車に乗る際もバックパックが揺れずに安心

収納力に関しても内側と外側にポケットが計3つあるので、小物などもきちんと収納することができますよ。

 

ヒデオワカマツ

価格 12,960円(税込)
サイズ 縦49×横27×マチ14(cm)

ヒデオワカマツは、デザイナーである若松秀夫氏が手がけているブランドになります。

このブランドの面白い点は、彼はデザイナーでありながらも製作段階まで一貫して携わっているという点。

購入者であるエンドユーザーからのフィードバックもしっかりと受けて、商品を作っているんですよ。

今回紹介するこちらのバックパックも、若松秀夫氏が一貫してプロデュースした商品となっています。

このバックパックの特徴は、機能性が優れているという点です。

まず使われている生地ですがターポリン素材という、アウトドア用のテントやスキューバダイビングのバッグなどに使われているものが採用されています。

そのため防水に優れていてさらに軽量と、タウンユースとしてもとても使いやすくなっているのです。

またウレタン入りのポケットが装備されていてパソコンも収納が可能となっています。

耐久性がとてもいいので、タウンユースで使っても問題なく力を発揮してくれるでしょう!

 

フジタカ

価格 50,760円(税込)
サイズ 縦40×横26×マチ15(cm)

こちらは先ほど紹介したaniary同様こだわりのレザーが使われた商品になります。

使われているレザーは、北イタリアのタンナー(皮革製造メーカー)で鞣(なめ)された上質なカーフレザー。

見た目はとてもシンプルなのですが、収納力の高さが特徴なんです。

内側にはなんとポケットが4つもあり、その中にはA4ファイルが入れられるポケット、iPad対応ポケットも装備。

さらに外側にも2つのポケットがあるので、小物などの収納も問題ありません。

見た目からは少し想像がつかないかもしれませんが、使い勝手がとてもいいんですよ。

大人っぽさを求めつつも、機能性も求めたい方にはピッタリなのではないでしょうか?

 

まとめ

さて、ここまでいかがでしたでしょうか?

男性におすすめのバックパックを定番ブランド、スポーツブランド、30代から40代におすすめのブランドに分けて紹介してきました。

知っているブランドから初めて聞いたというブランドもあったかと思います。

バックパックを探しているという方はぜひ参考にしてみてくださいね!

商品の値段は時期によって変わることがありますのでご了承ください。

この記事が気に入ったらシェアしよう!