バーベキューの食材はこれを用意しよう!!美味しいものがたくさん!

バーベキューの食材はこれを用意しよう!!美味しいものがたくさん!

バーベキューはオーストラリアが発祥で、現地の定番な飲食文化として世界中に広まりました。

日本でも人気で、親睦を深める方法として会社や学校、友達、家族などでおこなう人がたくさんいます。

外でわいわいと、集団で話しながらご飯を食べることで仲良くなるきっかけになりやすいからでしょう。

今回のこのコラムでは、バーベキューでよく食べられている食材についてや、そのアレンジ方法について紹介します。

バーベキューでよく食べられている食材について知っていただくことで、よりバーベキューを楽しめるようになるかもしれません。

 

バーベキュー食材といえばお肉

バーベキューといえばまっさきに思い浮かぶ食材が「お肉だ」という方は多いでしょう。

実際バーベキューでお肉はメインディッシュのようなあつかいをされています。

お肉がないとバーベキューという感じがしませんし、また反対にお肉が出てきたらうれしくなりますよね。

バーベキューで使われるお肉は、比較的豪華なものが多いです。

おもに使われるのは赤身のお肉で、いわゆるステーキ肉として食べられているサーロインやリブロ―スがその代表のようなものですね。

また牛肉や豚肉などのお肉の種類を選ぶことも大切です。

ステーキ肉は牛肉であることが多いですが「牛肉ばかりでは飽きてしまう…」という方は豚肉、鶏肉、馬肉、鹿肉などさまざまな種類のお肉を用意しておくと味のバリエーションが出ていいかもしれません。

それにくわえてソーセージやローストビーフなども外すことのできないお肉の種類だといえます。

これらは大人だけではなく、子供にも人気なお肉です。

とくにお子様連れでバーベキューをやりたいという方にはぴったりでしょう。

 

女性も子供も食べておきたい野菜

野菜もお肉と同じぐらいバーベキューになくてはならない食材の代表だといえます。

野菜はバーベキューに彩りをくわえるだけではなく、自由に好きなものを食べることができるバーベキューという食べ方でも栄養を補いやすいといえます。

バーベキューに適している野菜はたくさんの種類があるので、どれを選ぼうか迷ってしまいますよね。

バーベキューは焼いて食べることが基本なので、焼くとおいしい野菜が選ばれやすいです。

とくににんじん、たまねぎ、ピーマン、じゃがいも、かぼちゃなどはバーベキューの定番ですよね。

たとえば野菜をホイルで包んでホイル焼きにしたり、チーズやベーコンなどでアレンジをして創作料理を作ったりすることもできますし。

また野菜が苦手だという子供にも、面白みのあるアレンジをくわえることで食べてもらいやすくなるかもしれませんね。

また野菜をお肉とセットで食べることも定番な食べ方の1つです。

たとえば焼いたお肉をサンチュや大葉、クッパで包んで食べると格段なおいしさになります。

またそこにキムチやチーズ、納豆などの味にくせのあるものを入れるとより一層おいしくなるでしょう。

 

味を変えたいときにはシーフード

シーフードもバーベキューの際に選ばれやすい食材だといえます。

おもに貝類、お魚、海藻などが当てはまります。

お肉や野菜だけだと味が単調になってしまう、という場合もあるので味を変えたいときにはぴったりな食材だといえるでしょう。

シーフードのよいところは、お肉や野菜だけではなかなか摂取できない栄養を摂取しやすいというところにあります。

バーベキューにもしっかり栄養バランスを考えたいという方にも安心ですね。

またシーフードは焼くことでうまみが引き立つものも多いです。

アサリやカキなどの貝類はバター焼きにするととてもおいしく食べられます。

しょうゆをたらすとより一層ごはんが進む味になるでしょう。

またお魚はくし刺しにして焼いて食べる光景をよく見ますよね。

この食べ方はバーベキューなどのアウトドアでしかなかなか経験できない食べ方なので、ぜひ挑戦してみましょう。

また塩焼きにして食べると格別においしいですよ。

 

調味料が豊富だと味も飽きない

バーベキューではあらゆる調味料で味を変えることも醍醐味の1つだといえます。

調味料の例としては、しょうゆ、ソース、バター、塩、コショウなどです。

バーベキューの定番の食材はとくに調味料で味のアレンジがしやすいといえるものばかりだといえます。

おすすめなのは、調味料でアレンジした創作料理です。

たとえばトマトのホイルチーズ焼きです。

トマトにチーズをかけ、コショウで味を整えたらアルミホイルで包みホイル焼きにします。

トマトとチーズのかけあわせがいいハーモニーを生み、くわえて焼け目のついたトマトはより風味が強くなりおいしくなるでしょう。

一般的な調味料にでも、いつもよく家庭で使われるようなものではなく一味違ったものにするとよりバーベキューがいいものになります。

たとえば塩を食塩ではなく岩塩や地中海の塩にしてみたり、しょうゆを職人こだわりのしょうゆにしたりしてみると一味違ったものになるでしょう。

一般的な調味料だけではなく、変わり種の調味料を使ってみることもいいかもしれません。

たとえばスパイスなどは、カレー風味のものから和テイストのものなど探すとさまざまな味があります。

味を整えたり味を変えたりしやすいので探してみるといいかもしれません。

 

バーベキューをする前の下ごしらえ

食材は、事前に下ごしらえを十分にすることでよりスムーズにバーベキューをおこなうことができます。

まずはお肉ですが、そのまま焼くと味が整っていないことが多いので、事前に味付けをしておきましょう。

コショウをふったり、お酒をかけたり、コーラにつけたりすることがよくある味付け方法です。

野菜は丸ごと焼くことはあまりありませんので事前にカットしておきましょう。

野菜のカット方法は、輪切りや輪切りにしたあとさらに半分にカットする方法が多いです。

ただ、あとからアレンジをくわえたりすることができるように用意した野菜はすべてカットせず、食べるぶんだけカットしましょう。

また、時季にもよりますが食材は外で保管すると痛みやすくなってしまいます。

バーベキューは基本的に外でするものなので、直射日光は避けられないでしょう。

あらかじめクーラーボックスを用意するなど、うまく管理できる下準備もしておきましょう。

 

まとめ

今回のこのコラムでは、バーベキューの定番食材を紹介しました。

お肉はステーキ肉のような豪華なものが用意される場合が多いです。

バーベキューではメインディッシュとしてあつかわれることが多いお肉は奮発してしまってもいいかもしれませんね。

野菜はバーベキューの栄養バランスを保つ欠かすことのできない大切な食材です。

バーベキューに適している野菜はたくさんあるので、なにを食べようか迷ってしまうほどです。

野菜はとくにアレンジしやすい食材です。

創作料理も作りやすので事前にバーベキューでの野菜のアレンジ方法を勉強しておくこともいいかもしれません。

シーフードはお肉や野菜に飽きてしまったときに、味を変えやすい食材です。

お肉や野菜ではなかなか摂取できない栄養も摂りやすいので栄養バランスの調整にもいいでしょう。

これにくわえて、調味料が豊富だと飽きない味を楽しむことができます。

調味料も普段使わない変わり種のものを用意するなどするとよりバーベキューを楽しむことができるかもしれません。

この記事が気に入ったらシェアしよう!