ベッドテントでテント設置時間短縮!さらにプライベート空間ゲット?

ベッドテントでテント設置時間短縮!さらにプライベート空間ゲット?

アウトドアで使うテントは設置が大変だったり、また地面が固くて寝づらいなんてことありませんか?

そんなときに役立つのがベッドテントです。

設置も簡単で、テントの床が地面から離れていてベッドのようになっているので地面の状態を気にする必要がありません。

さらに室内用のベッドテントもあり、これを使えば寝室を共有している人でも簡単にプライベート空間を手に入れることができます。

今回はそんなベッドテントについてご紹介します。

ベッドテントとは?

ベッドテントとは、その名の通りベッドとテントが一つになったものです。

通常のテントと異なる点は、テントに脚があることでテントの床が地面と直接触れない点です。

 

それによって地面の凹凸が悩まされることなく、さらにはベッドで寝ているかのような寝心地です。

またアウトドア用のほかに室内でベッドの上で使う室内用のベッドテントもあります。

ベッドテントって実際どうやって使うの?と思われた方のために、ベットテントの3つの使い方をご紹介します。

 

ライブで

夏に多い野外ライブですが炎天下の中で長時間外にいるのはつらいですよね。

なかなか日陰でゆっくりできる場所もないし…とお困りの方、そこでベッドテントの出番です!

通常のテントとは違い組み立ても容易で、さらに地面と直接触れることがないので太陽で熱された地面の熱を通すこともありません。

また通常のテントだったら設置することができないコンクリートの地面でも、ベッドテントなら直接地面に固定する必要がないので場所を選ばず設置することができます。

 

アウトドアで

キャンプなどアウトドアは好きだけど、テントの設置は苦手という方でもベッドテントなら簡単にテントを設置することができるのでおすすめです。

通常のテントとは違い面倒な作業がいらないので、キャンプ初心者の方やちょっとしたバーベキューなどのイベントの時にも手軽に使用できます。

ベッドテントを持参するだけで、いつもより快適なアウトドアになりますよ。

 

家で

シェアハウスで複数人と寝室を共有している方など、家のベッドにプライベート空間がないという方にもおすすめなのがベッドテントです。

こちらのタイプは、テントをケースから出してそのままベッドの上に置くだけなので5分もあれば設置ができてしまいます。

また使用しないときは、小さく折りたたんでおけるので収納スペースにも困りません。

一緒に住んでる友達や恋人とケンカしても、家の中で一人の空間を探すのは大変ではありませんか?

そんなときでもベッドテントさえあれば、すぐに一人の空間を確保することが可能です。

また単に狭いところが好きという方にも自分だけの秘密基地のような空間が手に入ります。

 

ベッドテントのメリット

アウトドア用、室内用のベットテントそれぞれのメリットをまとめてご紹介します。

 

アウトドア用ベッドテント

直接地面に触れないので快適

通常のテントとは違い脚を設置するので、テントの床が地面から離れた状態になります。

それにより石で凸凹した地面やぬかるんだ地面など、地面の環境に左右される心配がありません

また地面から離れているので地面からムカデなどの害虫が侵入する危険性も減り安心して使用できます。

地面からの湿気や硬さを感じないので、テントで寝てることを忘れてしまうほど快適に眠ることができるでしょう。

 

設置するのに手間がかからない

通常のテントの場合、地面にテントを固定する必要がありその作業に手間取りますよね。

さらには地面が固くて全然固定できないなんてことも。

しかしベッドテントならベッド部分を組み立てれば、あとはそこに天井となる部分を組み立てて取り付けるだけです。

男性なら2人用であっても慣れれば10分程度で簡単に設置できてしまうでしょう。

テントを使用したい場面でも、設置するのが億劫で使用をあきらめていた方も設置の心配はありません。

 

ベッドのみで利用も可能

上の天井部分はつけずに、ベッド部分のみでも使用できます。

日中は寝転ぶスペースとして使用し、夜は天井をつけてテントとして使うという使い方もいいですね。

このようにベッドテントはテントとしてだけではなく、使用の目的に応じて使い分けが可能です。

 

ベッド下を収納スペースとしても利用可能

テントが利用できる場所が限られていたり、荷物をまとめて置いておきたいというときにはベッド下の空間を利用することができます。

背の低い荷物に限定されますが、この空間を利用できるのもベッドテントならではです。

 

室内用ベッドテント

プライベート空間が作れる

寝室を誰かと共有していてプライベート空間がないという方でもベッドテントさえあれば簡単にプライベート空間が作れちゃいます。

家の中で、さらにベッドの上にテントがあれば誰にも邪魔されない快適な空間を確保することが可能になります。

 

収納が楽

テントを使用しないときは専用のケースに入れるだけで、簡単に片づけることができます。

またコンパクトになるので収納場所にも困りません。

保管スペースを取らないのは部屋をシェアして限られたスペースを使用している方には嬉しいですよね。

 

旅先にも持って行ける

持ち運びに便利な専用のケースもあるので、ベッドテントを旅先にも持っていくことが可能です。

旅先のベッドではどうも落ち着かない、ホステルなどの複数人部屋だけど旅先でもプライベート空間が欲しいという方にもぴったりです。

 

昼間でも眠る環境ができる

職業柄、夜勤で仕事をしていて昼間に寝るというライフスタイルの方もいますよね。

そんな方でもベッドテントを使って、テントの窓を閉めれば夜に似た暗い状態でぐっすり眠ることができます。

それぞれのライフスタイルに合わせて、使うことができるのはいいですよね。

 

ベッドテントの組み方

それではベッドテントの組み立て方を見ていきましょう。

 

アウトドア用ベッドテント

  1. まずは折りたたみ式のベッド部分から組み立てます。
  2. ベッドを立てたら、その上に天井部分のパーツを挿しこんでいきます。
  3. あとは天井部分にシートを被せればベッドテントの完成です。

男性で組み立てに慣れた方なら2人用を10分もあれば組み立てることも可能です。

テントを地面に固定するなどの力作業がいらないのは、とても助かりますよね。

 

室内用ベッドテント

  1. テントを専用の入れ物から取り出します。
  2. 取り出した瞬間から大きく開くので、開いた状態で骨組みとなる棒を挿しこみます。
  3. テントの中にマットレスや布団などを敷き完成です。

女性でも5分もあれば組み立てができます。

また片づける際も小さく折りたたむだけでいいのが特徴です。

 

まとめ

ベッドテントとはその名の通りベッド型のテントのことを指します。

アウトドア用のベッドテントは設置が通常テントと比べ容易な点や、テントの床が直接地面につかないので地面の環境の心配が必要ない点が魅力です。

また室内用ベッドテントを使えば、寝室を複数人で使っていても簡単にプライベート空間を手に入れることができます。

さらにベッドテントが不要なときは、場所を取らずコンパクトにしまうことができる点が魅力です。

アウトドアでテントを使用される方はアウトドア用ベッドテントを使って簡単にテント設置を室内でのプライベート空間を確保したい方は室内用ベッドテントを使うといいでしょう。

それぞれの用途に合わせてぜひベッドテントを試してみてはいかがでしょうか?

この記事が気に入ったらシェアしよう!