キャンプで料理を子供と一緒に楽しく作ってみましょう!

キャンプで料理を子供と一緒に楽しく作ってみましょう!

現在、「山ガール」といった言葉が生まれるほど女性にもキャンプは人気です。

女性だけでなく、友達同士や家族でのキャンプもかなりの人気となっています。

今回、このコラムではファミリー層になぜキャンプが人気なのかを紹介していきます。

 

キャンプは子供にとって、料理を楽しく学ぶとてもいい機会になります。

子供と楽しみながら料理をするのは大人も一緒だと思います。

いつもは子供と一緒に料理をすることが少ないという人でも、キャンプのときくらいは、一緒に料理をしてみませんか?

普段家で料理をするよりも、気分が違うのでなんだか楽しいですよね。

子供も大人も楽しめるキャンプで美味しい料理をたくさん食べて、たくさん楽しみましょう。

 

子供が大興奮のキャンプ!手料理でさらに楽しく!

子供のお手伝いにも最適なキャンプ料理

普段、家で子供と一緒に料理を作る機会って、なかなかありませんよね。

キャンプに行く。」こんな時こそ子供と一緒に料理作りを楽しむいいチャンスになるのではないでしょうか。

子供はキャンプ事態にも興奮して楽しみで仕方ないと思います。

そこで今まで、子供が経験をしたことのない料理を一緒にしてみると子供はさらに興奮して参加すると思います。

何事も経験です。

子供は未経験なことには興味をしめしていろいろな知識を身につけていきます。

料理は子供が大きくなって一人暮らしをしたり結婚をしたりしたら、役に立ちますよね。

小さい頃に覚えたことは子供は忘れません。子供に料理を作る楽しさを学んでもらうにはキャンプは最適といえるでしょう。

 

とりあえずガッツリ食べたいときにおすすめの4種の料理!

カレー

カレーといえば、キャンプの定番食で欠かせない料理ですよね。

子供も大人も食べることができて普段、家で作って食べるカレーとは雰囲気が違うだけで一味も二味も違って美味しく感じます。

いつもとは違う具材を使って“キャンプ特性カレー”を作ってみてはいかがですか?

例えば、いつもはじゃがいもやニンジン、玉ねぎ、お肉などを使って作っているのであれば、魚介類などを使って、シーフード風に作ってみたりするときっと子供たちはもちろん、大人も大喜びしてくれるでしょう。

 

ピザ

ピザを作るのって、むずかしそうに思えますよね。

でも、子供はいろいろな食材を自分の好きなようにのせてトッピングができるから一緒に作ると楽しんでくれるのではないでしょうか。

家で下ごしらえをして、キャンプ場の網で焼いた焼きたてのアツアツのピザはとても美味しくて、子供も喜んでくれるのでは?

 

スペアリブ

スペアリブは、バーベキューの定番料理のひとつです。

スペアリブは下準備が大変そうに思いますよね。

キャンプ場に着いてからだと、下準備している間、子供たちは大人しく我慢することができません。

なので、下準備は家でしてきてしまいましょう。

家でスペアリブを食べると、子供たちは手や口のまわりやテーブルも汚してしまいます。

なので、キャンプのときくらいは思いっきり食べさせてあげたいですよね。

 

パエリア

パエリアは、いろいろな食材を使用することで、色鮮やかで食卓を盛り上げてくれる一品のひとつです。

最近ではキャンプの定番料理にもなっています。

普段、食卓を盛り上げてくれるパエリアをキャンプでの食事を盛り上げるために作ってみましょう。

お米が“べちゃべちゃ”になってしまって思うように出来上がらないという人は、お米をとがないでつくるといいでしょう。

お米の硬さの好みは、人それぞれ違うとおもいますが、お米がべちゃっとなってしまうのが嫌な人はお米をとがないで、調理することをおすすめします。

お米をといでしまうとその時にお米が水分を吸収してしまうことがべちゃっとなってしまう原因なので、無洗米を使って調理をするなどがおすすめです。

パエリアを作るときにパエリアを作るための専用の鍋もありますので、利用してみてください。

 

食事を軽く済ませたいときにおすすめの3つの料理

ポップコーン

ポップコーンは、アルミで作られた鍋の形をしている市販のものが販売されているので、それを使えば簡単に作ることができるのでそういう商品を使用することをおすすめします。

ほかにも、変わったポップコーンの作り方があり、マシュマロを一緒に使ってポップコーンを作ることもできるので、子供が喜びそうなものを作ってみてあげてください。

ポップコーンは、熱を加えると“ポンッ!ポンッ!”と音をたてて次々にはねあがり、子供の気持ちもポップコーンと一緒に声をあげてはねあがるでしょう。

 

焼きおにぎり

焼きおにぎりは、キャンプ場に行く前に自宅でおにぎりを作っていけば、あとは網にのせて焼くだけで簡単に食べることができてお腹が減ってしまうと我慢ができない子供たちにはぴったりです。

焼きたてのホクホクの焼きおにぎり、想像しただけで、美味しそうですね。

焼きおにぎりを作るときに気をつけることがあります。

食べている最中に崩れにくくするためには、冷ご飯を使って作ることです。

それから焼くときに網に少しだけ油をひくと網にくっついてしまうことを防ぐことができるので、網に少しだけ油をひいてからおにぎりを焼くときれいに仕上がります。

タレを塗りながら、数回表と裏をひっくり返すと味がしっかりとつきますし、焼き目もきれいについて見た目もばっちり美味しい焼きおにぎりが出来上がります。

 

手作りパンも難しくない!?

手作りのパンって聞くと難しそうに思えてしまいがちですが、手作りパンを意外と簡単に作れる製品も今はあるので、それを使えば簡単に子供と楽しみながら作れます。

 

後片付けまで忘れずしよう

ゴミの分別は最初からしておくと楽

燃えるゴミと燃えないゴミ、生ゴミや空き缶。キャンプに行くとたくさんのゴミがでます。

キャンプの帰り際になって慌てて片付けをするより最初からゴミを仕分けしてしておくと帰るときも気持ちよく帰ることができるでしょう。

キャンプを楽しむだけではなく、楽しんだぶん、きれいに後片付けをして次に使う人にも気持ちよくキャンプを楽しんでもらえるようにしてから帰りましょう。

掃除をして帰るまでがキャンプだと思い、自分たちが来たときよりきれいにして帰るような気持ちで最後までキャンプを楽しみましょう。

子供が将来、大きくなったときに後片付けをしないで帰ってしまうだらしのない大人にならないように、子供のうちに楽しんだ後はマナーを守って楽しむということの大切さも学ばせるためにもいい機会です。

 

まとめ

子供と一緒にキャンプ!子供は楽しみで仕方ないと思います。

キャンプで一緒に料理をすることで子供は料理をすることに興味を示してくれるようにきっとなるでしょう。

さらに普段、家では作ることのない料理を作ることで子供は大興奮してくれるはずです。

子供だけでなく、普段のストレスなどから解放されるキャンプは大人にとってもいいリフレッシュになります。

そのリフレッシュに大きく活躍するのが食事です。

 

食事は、生活していくなかで不可欠なものです。

将来子供が大人になったときにキャンプを通じて学んだことを思い出してくれて生活をしてくれるようにするためにも、一緒に楽しみながら料理をしてみましょう。

家で食べる食事とは違って子供と一緒に楽しめて一石二鳥ですね。

普段お酒を飲むのを我慢しながら食事をしている大人も、子供と一緒になって思いっきり楽しんでみてはいかがですか?

この記事が気に入ったらシェアしよう!