オススメの寒さ対策とは?家のなかを暖かくするための方法を知ろう!

オススメの寒さ対策とは?家のなかを暖かくするための方法を知ろう!

家のなかの寒さ対策には、家の壁や天井に断熱材を使うだけでは不十分だということはご存じですか?

暖かい空気の約半分は、窓から逃げていきます。

また、冷たい空気は下に向かうため、床にたまってしまいます。

 

そのため、いくら断熱材を使っていても、窓や床に寒さ対策をしていないと、暖房器具を使っても部屋は寒いままなのです。

そこでこの記事では、窓と床を中心に、部屋のなかを暖かく快適に保つ方法をご紹介させていただきたいと思います。

 

冬になると寒くなる部屋の原因とは?

家のなかの寒さ対策には、家のなかが寒くなる原因をまず知る必要があります。

家のなかが寒くなる原因は、おもに「窓」と「床」の2つにあります。

部屋が寒くなる原因【1】窓

暖房で暖まった空気は、その半分以上が部屋の窓から逃げていってしまうといわれています。

それに対して、天井や壁から逃げる空気は、おおよそ10~20%ほどしかありません。

そのため、断熱材を天井や壁に使った部屋でも、窓になんの対策もしていないと、「部屋が寒い」と感じてしまうのです。

 

また、窓は外の冷たい空気が侵入してくる場所でもあります。

窓から入った冷気が壁から床へと向かう現象を、とくにコールドドラフトといい、これが部屋を冷やす大きな原因となってしまうのです。

 

部屋が寒くなる原因【2】床

暖かい空気は上へ向かう性質があります。

反対に、冷たい空気は下へ向かう性質があります。

 

ですので、天井に比べて床の温度は低くなりがちです。

床の温度が低いと、足下が冷えてしまいます。

 

そのため、暖房をつけていても、思うような暖かさを感じることができなくなってしまいます。

暖かい部屋を実現するには、部屋の空気だけではなく、床や足下を暖める必要があるのです。

 

寒さ対策1:部屋の窓

すでに述べたように、部屋の窓からは暖まった空気の約50%が出ていくといわれています。

そのため、家のなかの寒さ対策には、家の窓の断熱性を高めることが近道だといえるでしょう。

窓の断熱性を高める方法は、業者に作業を依頼しなくても、自分でおこなうことができます。

自分でできる寒さ対策は、おもに「プチプチ断熱シートを使う」「隙間テープを使う」「カーテンを変える」の3つです。

 

プチプチ断熱シートを使う

ホームセンターなどでは、寒さ対策として、窓に貼りつける市販の断熱シートを販売しています。

そのなかでも、とくにオススメなのが、商品の梱包材のプチプチに似た「プチプチ断熱シート」です。

 

空気は温度を伝えにくい一方で、窓ガラスは温度を伝えやすいという性質があります。

そのため、空気の暖かさは、窓ガラスから逃げていってしまうのです。

 

しかし、空気を含んだプチプチ断熱シートを窓ガラスに貼ると、窓ガラスと部屋の間に、もう一層空気の層ができます。

シートの空気は密閉されているので、部屋の空気と違い、外に逃げるということはありません。

 

そのため、空気を含んだシートを窓ガラスに貼ると、部屋のなかの暖かい空気に逃げにくくなるのです。

専用のプチプチ断熱シートではなく、商品の梱包に使われている通常のプチプチでも、同じような断熱効果を期待できます。

 

ですが、プチプチ断熱シートの方が空気の層が厚いため、通常のプチプチより高い断熱効果があるのです。

金銭的な余裕があるなら、ぜひプチプチ断熱シートを購入することをオススメします。

 

プチプチ断熱シートは、おもに水でぬらして窓に貼るようにできています。

窓の汚れでシートがはがれたりしないように、貼る前には必ず窓の掃除をおこないましょう。

 

隙間テープを使う

プチプチ断熱シートを窓ガラスに貼れば、ある程度の寒さ対策になります。

しかし、外の冷たい空気は、窓のサッシの隙間から侵入してくることがあります

 

そのため、シートを貼っただけでは、まだまだ部屋が寒いままということも珍しくありません。

窓の隙間から冷気が入ってくるのを防ぐには、市販の隙間テープを使用しましょう。

 

隙間テープを窓のレールの部分に貼れば、窓とサッシの隙間を埋めることができます。

そのため、部屋の気密性を高めることが可能になるのです。

 

隙間テープを貼るときは、汚れなどでテープがはがれないように、貼る場所の掃除をしておきましょう。

また、テープが邪魔になって窓がしまらなくなることがあるので、テープを貼ったあとは、窓がきちんとしまるかどうかの確認もしてください。

 

カーテンを変える

カーテンを閉めると、窓から冷たい空気が入ってくるのを防ぐことができます。

そのため、現在使用しているカーテンを、冷気の侵入を防ぎやすいカーテンに変えることで、さらなる部屋の寒さ対策が可能になります。

 

もし、あなたが現在、生地の薄いカーテンをご使用中なら、生地の厚いカーテンに変えてみましょう

生地の厚いカーテンの方が、冷気を部屋に通しにくいため、今より部屋の温度を暖かく保てるようになるはずです。

 

また、丈の短いカーテンを使っている場合には、丈の長いカーテンに変えるのも効果的な方法だといえます。

大きなカーテンで窓をおおえば、その分だけ冷気の侵入を防ぐことができるからです。

 

寒さ対策2:部屋の温度を上げる

家のなかの寒さ対策は、家のなかの空気が冷えるのを防ぐ以外にも方法があります。

それは、暖房器具などを使って、部屋の温度を上げるというものです。

部屋の温度を上げるのに役立つおもなグッズは、「ヒーター」「ホットカーペット」「パズルマット」の3つです。

 

ヒーター

部屋の温度を上げる上で、オススメなのがFF式ストーブです。

FF式ストーブは、石油の燃焼に外の空気を使うので、換気をする必要がありません。

そのため、換気によって部屋の空気が冷めるのを防ぐことができます。

 

また、壁かけエアコンもオススメの暖房器具のひとつです。

壁かけエアコンのように、空気を暖める暖房器具は、効率よく部屋を暖めるのに適しているためです。

 

ホットカーペット

すでに述べたように、冷たい空気は下に向かう性質があるので、部屋の空気を暖めるだけでなく、床や足下を暖める必要があります。

足下の暖房にオススメなのは、ホットカーペットです。

 

電気代はかかりますが、ホットカーペットがあればすぐに足下を暖められます。

電気代が気になる場合は、通常のカーペットを使うのもいいでしょう。

 

その場合は、ウールや羊毛を使ったカーペットを購入するようにしてください。

これらの素材には、高い断熱効果があるとされているからです。

 

パズルマット

パズルマットとは、名前のとおり、パズルのように組み合わせて床にしくマットのことです。

ほかにも、ジョイントマットやコルクマットという呼び方もあります。

 

パズルマットは、もともと赤ちゃんがケガをしないように、Eva樹脂など弾力性のある素材で作られたものです。

しかし、パズルマットはほかにも、冷えにくいという性質を持っています。

そのため、パズルマットをしけば、足下が冷えるのを防ぐことができるのです。

 

まとめ

部屋が寒くなる原因は、大部分が窓にあります。

暖房で暖まった空気の約半分が、窓から出ていってしまうからです。

 

そのため、家の寒さ対策は、家の窓におもに対策をほどこすことになります。

窓から空気が出ていくのを防ぐには、プチプチ断熱シートを使うのが有効です。

 

プチプチ断熱シートを使えば、窓と部屋の間に空気の層ができるので、暖かい空気が出ていくのを防ぐことができるからです。

さらに、窓は外の冷たい空気が入ってくる場所でもあります。

 

そのため、隙間テープで窓のサッシの隙間をうめたり、厚手で大きなカーテンで窓をおおったりするのも効果的でしょう。

また、暖かい空気は上へ、冷たい空気は下へと向かうという特徴があります。

 

ですので、足下を暖めないと、せっかく暖房をつけても、その効果をなかなか感じ取ることができません。

足下を暖めるのに有効なグッズには、ホットカーペットやパズルマットが挙げられます。

この記事が気に入ったらシェアしよう!