おすすめ足の冷え対策グッズ!冷え性の原因と対策法を解説します!

おすすめ足の冷え対策グッズ!冷え性の原因と対策法を解説します!

「冬場になると、足が冷たくて眠れない」という悩みを抱えている人は非常に多いでしょう。

「足が冷えてしもやけになってしまった……」そんな悩みを抱えている人も多いのではないでしょうか?

この記事では、足の冷え対策グッズをはじめ、冷え性を改善する方法もご紹介します!

冷え性でお困りの方はぜひ最後まで読んでみてください。

 

足の冷えの原因

冷え性に悩んでいる人は多く、足の冷え対策グッズなどもたくさん販売されています。

多くの方を悩ませる冷え性の原因はなんなのでしょうか。

 

血流が滞ることがおもな原因

人間の体が一定の体温を保っていられるのは、血液が熱を運んでいるからです。

足が冷えるということは、全身の血行が悪くなっているサインなのかもしれません。

では、なぜ血行が悪くなってしまうのでしょうか。

 

ストレスによる自律神経の乱れ

血行が悪くなる原因のひとつに、自律神経の乱れがあるといわれています。

心臓を動かし、血液を全身にいき渡らせる動きも、この自律神経が担当しています。

しかし、過度なストレスにさらされている場合、血管が収縮してしまうのです。

この状態が続くことで、血液の流れが悪くなってしまうのです。

冷え性を改善するには、ストレスのない生活を心がけ、自律神経のバランスを保つことが効果的でしょう。

 

冷え対策におすすめの防寒グッズ

足が冷たいと、夜眠れなくて困ることがよくありますよね。

寝不足になってしまうと余計にストレスがたまったり、生活習慣が崩れて自律神経が乱れ、また冷え性が悪化するという悪循環になってしまいかねません。

そこで、ここでは冷え性でお困りの方が快適に眠れるような足の冷え対策グッズをご紹介します。

 

充電式 蓄熱式 湯たんぽ

価格 1,299円(税込)
サイズ 23×18×7(cm)

湯たんぽといえば「お湯を注いで使う」というイメージがあるかと思いますが、こちらはお湯を入れ替える必要がありません!

数十分の充電で、布団の中ならば約8時間も使うことのできる商品なんです。

低温やけど、火災などを防ぐために温度調節器や通電安全装置などがついているため、従来の湯たんぽよりも安心してお使いいただけますよ。

使い方のポイントは、大きな筋肉のあるところにあてることです。

寝るときにも、足の先よりもお尻のあたりを温めたほうが、温まった血液がより下半身全体にいきわたります。

 

コイズミ 平形電気あんか

価格 1,480円(税込)
サイズ 4.5×22×16(cm)

電気あんかは、湯たんぽと違って冷めませんので、一晩中同じ温かさを保つことができます。

こちらの電気あんかは、好みに合わせて「弱・中・強」の3段階で暖かさを調節することができます。

ベージュなので汚れが目立ちにくいデザインになっていますよ。

ただし、低温やけどをすることもありますので使用する際にはタオルなどでくるんで使うようにしましょう。

 

極暖 足が出せるロングカバー

価格 1,004円(税込)
サイズ 31×22.4×12.4(cm)

家でさまざまな雑用をこなしているとき、常に足元を温め続けるのは難しいことです。

いくら暖房をつけていても、足元は冷たい床に接しているので冷えてしまいがちですね。

そこで役に立つのが、履く毛布です。

つま先から足首やひざまでをすっぽりと覆ってくれて、しかもそのまま動き回ることができます。

むれてしまっても足の先を出せるデザインになっているので、安心してご使用いただけますよ。

 

山善 洗えるどこでもカーペット

価格 25,558円(税込)
サイズ 180×80(cm)

冬場眠る際に大活躍しそうな敷き毛布です。

布団に引くのはもちろん、少しソファでごろ寝したいときや寒いオフィスで電気毛布として使用することができますよ。

本体は丸洗いできるため、汚れてしまっても洗えるところがうれしいポイントですね。

弱(約26度)・中(約34度)・強(約42度)の三段階から設定できるので、自分の好みに合わせて使用することができます。

 

こちらの記事では、飲み物や入浴剤などのあったかグッズを紹介しています。

暖かいグッズといえば?おすすめの暖かグッズを紹介します!

2018.12.11

あったかグッズの人気商品!定番ものや贈り物に最適なグッズも【今季熱い!】

2018.12.07

 

Amazonのおすすめを見る

 

足の冷え対策

ここでは、冷え性の改善に効果的な対策をご紹介します。

 

適度な運動を行う(ストレッチやホットヨガなど)

足の血流をよくするための運動としてはストレッチスクワットホットヨガウォーキングなどがおすすめです。

足の筋肉が動くことでそれがポンプの役割を果たし、血液を押し上げることができます。

運動不足などで足の筋肉が弱っていると、このポンプの力が弱く、血液をしっかり押し上げることができず、血流が悪くなるのです。

そのため、日ごろから足の運動をして、適度に筋力をつけておきましょう。

 

マッサージをする

血流の滞った足に外から力を加えてあげることでも、血流はよくなります。

ふくらはぎを心臓に向かって、血液を押し流すように揉んであげましょう。

たまっていた血液が流れ、老廃物も流れ出して疲労回復にも効果があるといわれています。

 

ツボを押す

足にあるツボを刺激することで、血液が普段流れないような末端の細い血管にまで血液をいき渡らせる効果があるのです。

足の指と指の間の部分に「八風」というツボがあります。

ここを手の指でつまんで刺激しましょう。

足首の指4本分ほど上の内側には「三陰交」というツボがあります。

ここも指で押してあげてください。

ツボを押すときには、手を適度に温めておくことが大切です。

 

体を温める食事を心がける

カボチャやネギなどの冬野菜には、体を温める効果があるとされています。

温かいスープなどにすれば、すぐに温かさを実感することができるでしょう。

青魚など、血液をサラサラにする効果がある食材も、血行を改善できるのでおすすめです。

また、辛いものを食べると体が温まるように感じますが、同時に発汗作用もあるので、結果として体温を下げてしまうことになりますので注意してください。

 

入浴で血行を促す

外から体を温めるなら、お風呂が効果的です。

シャワーではなく、40度くらいの湯船にしっかりつかり、体の芯まで温まりましょう。

湯船につかることで足に水圧もかかって、血行がよくなる効果があります。

また、足にシャワーを当ててマッサージするのも血行改善に効果的でしょう。

温水と冷水を交互に浴びると血管が収縮と膨張を繰り返し、血液の流れがよくなり、新陳代謝も高まるといわれています。

 

まとめ

足が冷えてしまって夜眠れないという方は、今回ご紹介した足の冷え対策グッズを活用するのも良いかもしれません。

マッサージや入浴方法などは今日からも実践できるかと思いますので、気になる方はぜひ試してみてください。

いろいろな種類のグッズが、あなたの悩みを解決してくれるでしょう。

商品の値段は時期によって変わることがありますのでご了承ください。

この記事が気に入ったらシェアしよう!