犬用テントはインテリア!?どこでも使える超便利グッズ!!

犬用テントはインテリア!?どこでも使える超便利グッズ!!

犬をキャンプやアウトドアに連れて行った際に、

「熱中症にならないかな」

「蚊にさされたりしないかな」

と不安になったことはありませんか?

その悩みを解決できるのが犬用テントです。

では犬用テントとはどのようなものか、どこで使うことができるのか、犬にどのようなメリットがあるのかをご紹介していきます。

 

犬用テントとは?

犬用テントとはその名の通り、犬専用のテントです。

犬に合うサイズで作られているテントですね。

テントと聞くと「キャンプやアウトドアでしか使えないんじゃない?」と思われるかもしれませんが、犬用テントはキャンプ以外にもいろいろな場所で使うことができます。

たとえば室内ハウスや、車内用のゲージ、さらにはインテリアとしても使うことができるのです。

 

最近ではアウトドア以外にもインテリアとして購入される方も増えてきています。

また、急に使う場合は犬が何か分からず入ってくれない可能性があるので、日ごろから室内で慣らしておくことで、アウトドアでもすんなり入ってくれると思うので、インテリア兼室内ハウスとして使うのもおすすめです。

 

犬用テントのメリット

次に犬用テントを実際に使うことで、犬または飼い主にどのようなメリットがあるかを説明していきます。

キャンプやアウトドア時に使える

犬用テントはキャンプやアウトドアに使うことができます。

キャンプやアウトドアで使うメリットとして、日よけ、熱中症対策、さらには蚊よけにもなります。

 

折りたたんで運ぶことができるものが多いため、場所もとりませんし、運ぶのもとても簡単です。

組み立てもとても簡単にできるものが多いので、持ち運ぶのに最適です。

犬用テントの生地によってはかなり風通しの良いものもありますので、犬にとって居心地の良い休憩場所を用意することができます。

 

掃除の手間が少ない

犬用テントは外で使われることを想定しているため、汚れない工夫や汚れても洗いやすい工夫がされています。

よって掃除の手間が少なくて便利です。

 

たとえば防水加工や、汚れが拭き取りやすい加工、周りをすべて取り外して丸洗いすることができるつくりになっているものがあります。

なので、掃除が嫌いな人にも使いやすいですよ。

 

犬用テントの選び方

犬用テントは用途によって選ぶときに大事にする要素は変わってきます。

その中でも一番利用する機会が多いのがキャンプやアウトドアでしょう。

 

そうなると持ち運びに便利なものを選ぶことが大事です。

持ち運びやすい犬用テントを選ぶためには、大きさ、組み立てやすさ、重量の3つを重点的に選ぶことが大事になってきます。

 

犬用テントの大きさは飼っている犬に丁度よいサイズのものを選んでください。

大きいものを買っとけば安心という気持ちもわかりますが、犬は広々したところよりも、狭い空間の方が落ち着きます。

 

休憩場所用として買おうと思っているのであれば、大きすぎないサイズのものを選びましょう。

またアウトドアで使うのであれば、組み立てがワンタッチでできるものがおすすめです。

 

インテリアとしてずっとその場所に置いておくのであれば多少組み立てが難しくても最初だけなので苦になりませんが、アウトドアで使うのであれば毎回持ち運びます。

その際に組み立てが難しいものであれば毎回組み立てるのが苦痛になる可能性があるので、ワンタッチ式のものを選ぶのがオススメです。

重いものは持ち運びが苦になるので、どれくらいの重さなら毎回運んでも苦にならないかを考えて、選ぶようにしましょう。

 

犬用テントのデメリットとは?

犬用テントにはいろいろな種類があります。

メリットも多い犬用テントですが、少なからず使用上注意することはあるんですね。

そのデメリットについてご紹介していきます。

犬用テントによって組み立てが難しい

犬用テントの中には、機能性を重視して組み立てが難しくなっているものがあります。

インテリアや、小屋の代わりとして使うものであれば、持ち運ぶことも少ないと思うので組み立てが難しくても苦にはならないでしょう。

 

ですがアウトドアによく犬を連れて行かれる方は持ち運ぶことも多いと思うので、毎回ついてから組み立てに時間がかかっていたら、犬と外で遊ぶことすら嫌になりかねません。

そうならないためにも、アウトドアに犬と一緒によく行く方は軽くて、組み立てが簡単なものを選びましょう。

 

かさばる、重いなど

大きい犬用テントを買ってしまうと重さも増え、かさばる原因にもなります。

失敗しないように、大きめのサイズのものを買ってしまう気持ちもわかりますが、持ち運ぶ際のストレスの原因になりますので、飼っている犬にあったサイズを購入しましょう。

また、今は折りたたむことができる犬用テントもあるので、使わないときが多い方や、収納スペースをとりたくない方は、折りたたむことができる犬テントをおすすめします。

 

まとめ

犬用テントはアウトドア以外にもインテリア、アウトドア、車内用のゲージなど、さまざまな使い道があります。

また犬にとっても日よけができ、熱中症対策や蚊対策ができるので、とても快適な場所です。

 

犬用テントを選ぶ際に迷った場合は、主にどのような使い方をするのかを考えてください。

犬と外でたくさん遊ぶのであれば、持ち運びをすることが多いと思うので、重量や、サイズ、組み立て安さを重視して選び、家の中に犬の可愛い寝床が欲しいと思うのであれば、家の家具に合うデザインのものを選びましょう。

使用用途と使用時期に合わせて、4章でおすすめした犬用テントを参考にしていただきながら、一番犬に合った犬用テントを購入してください。

この記事が気に入ったらシェアしよう!