電気ヒーターの種類って何があるの?3種類のメリットなどご紹介!

電気ヒーターの種類って何があるの?3種類のメリットなどご紹介!

冬が近づき、そろそろ暖房器具が欲しくなる季節になってきましたよね。

これを読んでいる方のお宅では、どんな暖房器具を使っているでしょうか。

エアコンや石油ストーブ、こたつ、電気カーペットなどさまざまな暖房器具を使っているかと思いますが、電気ヒーターを使用しているという方も多いことでしょう。

では、電気ヒーターと一口に言っても、3種類あることは知っていましたか?

実は電気ヒーターの種類には、ハロゲンヒーター、カーボンヒーター、シーズヒーターの3種類があるのです。

本コラムでは、それぞれの電気ヒーターのメリットやデメリット、さらにおすすめの電気ヒーターについてご紹介していきます。

これを読めば、自分の家ではどんな電気ストーブを買ったらよいかがわかります。ぜひ参考にしてください。

 

電気ヒーター=電気ストーブ

電気ヒーターと電気ストーブ、この両者にはどのような違いがあるかご存じでしょうか。

もともとは、ヒーターは「燃料を燃やさない暖房器具」、ストーブは「燃料を燃やす暖房器具」という違いがあったようです。

 

しかし今では、電気ヒーターも電気ストーブも同じものを指します。

本コラムでは電気ヒーターと表記して説明をしていきますね。

 

電気ヒーターのメリットは、燃料を燃やさないので室内の空気が汚れにくく換気があまりできない場所でも使うことができます。

また、火が出ないので安全性が高い点も特徴です。

 

デメリットは、電気代が高くなるという点です。

エアコンに比べて暖房能力は低いにもかかわらず電気代は高くなってしまいます。

 

ただ、上手にヒーターを使えば快適に寒い冬を過ごすことができます。

では、どのようなヒーターを選べばよいのでしょうか。

次から3種類のヒーターについてそれぞれのメリットやデメリットなどについて解説していきます。

 

ハロゲンヒーター

はじめに、ハロゲンヒーターについてご紹介します。

 

ハロゲンヒーターの特徴

ハロゲンヒーターは、ハロゲンランプからの発生する放射熱を使って部屋を暖めます。

扇風機型や壁掛け型、遠赤外線型、パラボラ型など様々なタイプのハロゲンヒーターがあるのが特徴です。

 

メリット

メリットとしては、スイッチを入れてから暖めるまでが早いという点が挙げられます。

また、比較的安く購入できる点や、種類が多いので用途に合わせて選べるという点も挙げられます。

 

デメリット

デメリットは、暖房能力が低いため、部屋全体を暖めるのには向きません。

 

また、カーボンヒーターよりも電気代がやや高い点も挙げられます。

さらに、ハロゲンの耐久性が弱く、壊れやすい点もデメリットです。

 

カーボンヒーター

続いてカーボンヒーターです。

こちらは家庭ですでに使っているという方も多いのではないでしょうか。

 

カーボンヒーターの特徴

カーボンヒーターは、ハロゲンヒーターよりも赤外線の放射効率がよい作りになっているのが特徴です。

また、カーボンヒーターのなかでも、より性能がよいものをグラファイトヒーターといいます。

 

これは、カーボンヒーターと比較するとさらに立ち上がりが早く、赤外線も多いためより暖かいというメリットがあります。

 

メリット

ハロゲンヒーターと同じく、スイッチを入れてからすぐに暖め始めることができます。

また、ハロゲンヒーターと比べて遠赤外線放射量は約2倍あります。

 

したがって、同じ温度にするまでを考えるとハロゲンヒーターの約半分の電気代で済むことになりお得です。

 

デメリット

こちらもハロゲンヒーターと同じく、暖房能力が高くないので面積が小さい部屋など一部を暖める用途で使うことに向いています。

また、グラファイトヒーターは電気ヒーターのなかではとくに高価です。

 

シーズヒーター

最後にシーズヒーターについてご紹介します。

聞き慣れない方も多いかもしれません。

 

シーズヒーターの特徴

シーズヒーターは、ニクロム線を絶縁体で包んで、金属管で覆ったものを発熱体にしています。

金属管で覆う様子が刀の鞘(英語でシース)に見えることでこう呼ばれます。

 

ただ、メーカーによって「セラムヒーター」「コアヒート」「メタルヒーター」「ステンレスヒーター」などさまざまな呼び方がありますのでご注意ください。

 

メリット

ハロゲンヒーターやカーボンヒーターと比べて遠赤外線放射量が高く、さらに発熱体が破損しにくいというメリットがあります。

そのため、強力なヒーターでありながら長い間使うことができます。

 

デメリット

デメリットとしては、温まるまで時間がかかるという点が挙げられます。

ものによりますが、温まるまで5分ほどかかるので、すぐに暖まりたい場合には向きません。

 

また、ハロゲンヒーター、カーボンヒーターよりも高価です。

 

おすすめ電気ヒーター

ここまでハロゲンヒーター、カーボンヒーター、シーズヒーターについてメリットとデメリットを見ましたが、実際にどれを買ったらよいのでしょうか。

それぞれのおすすめをご紹介するので参考にしてください。

 

シーズヒーター:ダイキン 電気ストーブ【シーズヒーター】【暖房器具】DAIKIN 「セラムヒート」 ERFT11TS-W

価格 21,696円(税込)
大きさ 79×36.2×35.8(cm)

シーズヒーターでおすすめするのは、ダイキンの「セラムヒート」です。

こちらは、遠赤外線のなかでもとくに人に吸収されやすい波長域を使っているため、暖かさが人に吸収されやすく体の芯から暖まるという特徴があります。

また、人感センサーがついており、人の不在を検知すると15分後に自動停止するという安全性も大きな魅力です。

首振り機能やタイマー機能、節電モードなどもついていてとても便利です。

小さなお子さんがいる方や、ストーブをよく利用するという方などにおすすめです。

 

アラジン 遠赤グラファイトヒーター ホワイト AEH-G105N-W

価格 11,000円(税込)
大きさ 70×32.6×20.4(cm)

瞬間暖房」を備えており、スイッチを入れた瞬間から温かくなります。

遠赤グラファイトとは、航空や宇宙開発にも欠かせない素材で、他の物質では見られないほどの高熱伝達性をもっています。

だからこそ、瞬間的に暖かくすることができるのです。

こちらは、転倒オフスイッチがついており、万が一ヒーターが倒れた場合でも、すぐに電源が切れる仕様になっています。

暖かさは4段階で、上手く使うことで節約もできます。

 

TEKNOS 2秒速暖 首振り機能搭載 ハロゲンヒーター PH-1211(W)

価格 4,298円(税込)
大きさ 56.6×33.2×18.6(cm)

省エネと暖かさを両立させたハロゲンヒーターです。

スイッチを入れてからすぐに暖まり始めるとともに、首振り機能搭載でいつでもちょうどよい暖かさを保ちます。

また、転倒オフ機能があるので、機器が倒れても安全です。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

電気ヒーターとは何か、電気ヒーターの種類には何があるか、そしてハロゲンヒーター、カーボンヒーター、シーズヒーターという3つの電気ヒーターのメリット、デメリット、それぞれのおすすめ品についておわかりいただけたかと思います。

一口に電気ヒーターといっても3つも種類があります。

また、ハロゲンヒーター、カーボンヒーター、シーズヒーターそれぞれにもまたさまざまな種類の機器があります。

おすすめを紹介しましたが、本当に上手く使うためには、自分の生活スタイルに合わせていろいろな選択肢を考える必要があるでしょう。

これから暖房が必要になる季節になります。

もしもこの冬、暖房器具を買い替えようと思っている方や、新たに買い足そうと考えている方は、ぜひこのコラムを参考にして電気ヒーターを選んでみてはいかがでしょうか。

この記事が気に入ったらシェアしよう!