ファンヒーターの種類って何?何を選んでも同じじゃ?種類別に解説!

ファンヒーターの種類って何?何を選んでも同じじゃ?種類別に解説!

「寒くなってきたのでファンヒーターを新調しようかな?」と思い、インターネットでファンヒーターを調べてみると膨大な情報量に圧倒されてファンヒーター選びがめんどうになっていませんか?

ファンヒーターの種類は多いうえ、メーカーによっても違うので何を選べばいいかわからないですよね。

そこで、今回はファンヒーターの仕組みからどういうシーンで使い分けたらいいか?などを解説していきます。最後にはおススメのファンヒーターの機種も掲載しているので参考にしてみてください。

 

セラミックファンヒーター

では、1つ目のファンヒーターの種類は「セラミックファンヒーター」です。手軽に使いたいのであれば一番オススメのファンヒーターです。

 

セラミックファンヒーターの特徴

セラミックファンヒーターの「ファンヒーター」とは、温風で部屋を暖めるヒーターを指します。

セラミックファンヒーターはアルミニウムに電気を流して、特殊加工されているセラミックスを電気で発熱させ、風を通して部屋中に熱を運び暖める仕組みのヒーターです。

 

メリット

コンセントさえあればどこででも使用が可能で扱いやすいのが特徴です。石油ファンヒーターやガスファンヒーターと違い特別な燃料や設備は必要ありません。

特別なタンクや設備が必要ないのでコンパクトなタイプもあります。トイレや机の下などの狭い場所でも使用することが可能です。

 

デメリット

デメリットはパワー不足があげられます。

すぐに暖かい空気を作ることができますが、暖房能力は低く広い部屋を暖めようと思うと長時間かかり非常に効率が悪くなってしまいます。

また、温風を当てて部屋を暖めるので部屋全体が非常に乾きやすく、部屋全体が乾燥しやすくなるのもデメリットです。

理想は狭いトイレやふろの脱衣所などの狭く「すぐに暖かさがほしい部屋」などのしようがよいでしょう。

手軽でコンパクトと扱いやすいのがセラミックファンヒーターの特徴なんですね。

 

石油ファンヒーター

次のファンヒーターの種類は「石油ファンヒーター」です。

セラミックファンヒーターと違いちょっと扱には注意が必要です。

 

石油ファンヒーターの特徴

石油ファンヒーターの大きな特徴は石油を使用しているところです。

ファンヒーターの内部で石油を燃やし、石油の熱をファンの風で送り、部屋の中を暖める仕組みです。

何となく「石油があれば後はマッチで付けることもできる!」と思う方もいるかもしれませんが、ファンヒーターの中のファンを回したり動作を制御するために電気も使用します。

 

メリット

石油ファンスヒーターの特徴は何といってもパワフルであるという点でしょう。

部屋全体を暖めることができるので短時間で部屋全体を暖めることが可能です。また石油ファンヒーターという名前ですが、燃料は灯油なので暖房代を安く抑えることが可能です。

 

デメリット

石油ファンヒーターはパワフルな反面、手間や注意が必要な暖房器具です。

まず、「灯油を購入する手間」「春になりしまうときに灯油をファンヒーターから抜く手間」などの手間がかかります…。

灯油は移動販売で売りに来る地域もありますが、もしも買えなかった場合には近くのガソリンスタンドまで買いに行く必要があります。

また、「灯油を燃やしている」ので使い方を誤ると一酸化炭素中毒になることもあります。

また、長時間使用を続けると「灯油臭さ」を感じるという人もいます。

ほとんどのメーカーの石油ファンヒーターには「適度な換気」などが義務付けられているはずなので、くれぐれも使用の際には注意して下さい。

パワフルな分扱いを間違えると危険が伴うんですね…。広い部屋での使用が理想的でしょう。

 

ガスファンヒーター

最後は「ガスファンヒーター」のタイプをご説明しようと思います。

 

ガスファンヒーターの特徴

ガスファンヒーターの特徴はガスを使用して熱を作っているという点です。

ファンヒーターの内部でガスを燃やし、その熱をファンヒーター内部のファンで風を起こして部屋を暖かくするというものです。

ガスはガス管を使って供給するため部屋に「ガス栓」が必要となります。

ファンヒーターの種類には、都市ガス用のものとプロパンガス用のものがあります。

どちらも共用できるわけではないのでそれぞれのガスに合ったファンヒーターを用意しましょうね。

 

メリット

ガスファンヒーターのメリットは風の温度が高いところです。

そのため、部屋中がすぐに暖めることが可能です。

また、水蒸気も発生するので部屋全体を極端に乾燥させる、ということもあまりありません。石油ファンヒーターのように給油の必要がないので手間もあまりかからないので便利です。

 

デメリット

ガスファンヒーターのデメリットはガス管が必要というところでしょう。

セラミックファンヒーターのように「コンセントがどこでもいい」というものでもなければ「灯油とコンセントがあればよい」というものでもありません。「コンセントとガス管」が必須の条件となるため、使う部屋は限られてしまうかもしれません…。

また、ガスを燃やすため「ガス漏れ」の心配や、石油ファンヒーターと同じく「一酸化炭素中毒」の危険性があります。

使用するときは説明書などをよく読んでこまめに換気しましょう。

ガスファンヒーターはガス管のある広い部屋での使用が理想的ですね。

どんなファンヒーターにもメリットとデメリットがあるんですね。

大切なのは自分の家庭やファンヒーターを置く環境に配慮してファンヒーターを購入することです。

そこで、次はいくつかオススメのファンヒーターの例をあげていこうと思います。

自分のライフスタイルに合った1台を選んで冬を乗り越えましょう。

 

おすすめファンヒーター

おススメのファンヒーターを今日紹介したファンヒーターの種類ごとに紹介していきます!

「セラミックファンヒーター」「石油ファンヒーター」「ガスファンヒーター」のそれぞれオススメ機種をご紹介していきます。

 

山善 ミニセラミックファンヒーター HF-J122

セラミックファンヒーターでおすすめなのが山善のミニセラミックファンヒーターです。

暖かさは「強弱」で調節する2段階調節でとてもシンプルです。

もしも倒してしまっても自動で止まる機能がついているのが特徴です。

お子さんやペットのいる家庭でも使いやすいのファンヒーターですね。

山善のミニセラミックファンヒーターは高さ37.6cm、横幅25.1cm、奥行き12.3cmなので非常にコンパクトです。

シンプルな見た目でおしゃれなので使うシーンを選びませんが、1章の通り「広い部屋を暖めるのには向きません」できればトイレやキッチンで足元を暖めるといった使い方がよいかもしれません。

 

コロナ 石油ファンヒーター WZシリーズ FH-WZ3616BY(W)

石油ファンヒーターでおすすめなのがコロナのWZシリーズです。

特徴は「人の存在を感知して火力を調整したり、消火するセンサー」がついているところです。

センサーで人の存在を感知したら設定している温度でファンヒーターが動き続けます。

しかし、10分ほど人が感知できなくなったらファンヒーターの火が弱まり、約50分後には自動で消火されます。

一度消化されるとこの再点火することはありません。

また、消臭機能も充実しており石油ファンヒーター独特のにおいが軽減されるのも特徴的です。

先ほどは小さなお子さんやペット向きのファンヒーターでしたが、こちらは消し忘れが心配な方や高齢者世帯などにオススメです。

 

東京ガス RR-2414S

ガスを使う上で不安なのがガス漏れです。

ファンヒーターに限ったことではありませんが、冬場に焦げ臭いにおいや異臭を感じて「ひやっ」としたという人も多いのではないでしょうか?

東京ガスのRR-2414Sは運転中に停電したり、横転した場合には安全装置が働きガスが自動で止まります。

また、停電で電気が止まり、復旧した場合には再点火する心配はありません。

また、ファンヒーター内部に異常が検知されたり、連続で8時間以上使っている場合でも自動的にファンヒーターがとまるので安全に使用することが可能です。

ガスファンヒーターには、都市ガスとプロパンがあると先の章で述べましたがこれは「東京ガスのサービス県内」で使用されることが想定されています。

 

まとめ

ファンヒーターの仕組みからオススメのファンヒーターまでを一気にご紹介してきましたがいかがでしたか?

ファンヒーターの種類にはいろいろあるんですね。自分のライフスタイルに合うのがどんなタイプのファンヒーターが参考になったでしょうか?

どんなファンヒーターでもメリットとデメリットがあります。

その為、「適当に買ったら使えなかった」「部屋が温まるのにとても時間がかかる」などの問題が発生することがあります。

なので、しっかり部屋の状態を把握し、購入ファンヒーターもきちんと選びましょう。

また、ガスファンヒーターや石油ファンヒーターは使用法を誤れば一酸化炭素中毒の危険があります。

くれぐれも説明書通りの使い方をして安全に暖かく冬を過ごしてくださいね!

この記事が気に入ったらシェアしよう!