ヘッドホンアンプの効果でいつもの音が改善!おすすめ商品もご紹介!

ヘッドホンアンプの効果でいつもの音が改善!おすすめ商品もご紹介!

噂に聞くヘッドホンアンプにはどんな効果があるのか、本当に効果があるのか知りたい方は意外と多いかもしれません。

自分が趣味で聴く音楽がさらに良いものになると知れば、興味をもつのも当然です。

そこで今回はヘッドホンアンプの効果と選び方を知り、自分に合ったものを購入するためにもそれらに関する情報をご紹介していきます。

ヘッドホンアンプの2つ効果

女性

昨今、ヘッドホンアンプやハイレゾなどといった単語をオーディオブームの影響から耳にするようになった人もいるかもしれません。

そこでまず最初に、ヘッドホンアンプとは一体何なのか、そしてその効果はどういったものか解説します。

 

ヘッドホンアンプとは

本来、アンプとは音声信号の増幅をするための機械であり、音量を増幅させるためにスピーカーに接続して使用されます。

しかし、ヘッドホンアンプは音楽を聴くときに使用するイヤホンやヘッドホンの性能をさらに向上させることが目的です。

 

普段使用するスマートフォンをはじめとするデバイスは音楽を聴くことが主目的ではないため、どうしても音質などが下がってしまっています。

これを改善するのがヘッドホンアンプなのです。

 

ヘッドホンアンプの効果1.音量が大きくなる

実際に機器を使用して音量を上げると、単なる大きさ以外にも力強さが付加されます。

ポータブルプレイヤーでは高性能なヘッドホンに対し出力が不足し、音量が小さくなってしまいます。

このような場合、ヘッドホンアンプの効果で音声出力が増加すれば音量が大きくなるのです。

 

ヘッドホンアンプの効果2.音質がよくなる

ヘッドホンアンプの効果として通常よりノイズが減ることで、高音質な音楽を聴くことができるのも特徴です。

オーディオプレイヤーから音楽を再生するとき、デジタル信号をアナログ信号に変換する必要性があり、そのためにDACという機器を内部で使用しています。

 

DACとはデジタル信号をアナログ信号に変換するデジタル-アナログ変換機です。

ヘッドホンアンプの多くもポータブルブレイヤーのものより高品質なDACを内蔵し、この変換機によって音質が改善されるのです。

 

ヘッドホンアンプの4つの選び方

アンプと猫

従来、ヘッドホンアンプは家のオーディオプレイヤーに向けた据え置き型が主流でした。

今ではポータブルプレイヤーが普及し、ヘッドホンなどの種類も増加しています。

そのためヘッドホンアンプ自体も効果や特徴、種類が細分化しつつあります。

 

ヘッドホンアンプの選び方1.アンプのタイプ

ヘッドホンアンプには据え置き型とポータブル型の2種類があります。

ポータブル型がスマートフォンなどと利用することを考えられているのに対し、据え置き型は家庭用の機器と組み合わせることがほとんどです。

前者が気軽に購入できる価格設定に対し、後者は数千から数十万円にまで価格は上下します。

 

ヘッドホンアンプの選び方2.接続方式

接続方法はデジタル入力とアナログ入力の2種類あります。

たとえば、デジタル入力ではUSB入力がスマートフォンやパソコンとつなげることが可能です。

しかし、スマートフォンはLightning端子直結タイプだとiOS機器としか接続できないので購入時に注意が必要になります。

 

ヘッドホンアンプの選び方3.USB入力の対応スペック

前述したUSB入力には音質に比例して規格も異なります。

デジタル規格が良いものになれば、出力される音もCDの音からハイレゾ音源まで変化します。

 

ヘッドホンアンプの選び方4.電源方式

ヘッドホンアンプの電源はAC電源とUSB電源があり、据え置き型はAC電源がほとんどです。

AC電源は安定していますが動かしづらく、USB電源はポータブル型に多く移動が容易ですがAC電源に比べ電力は不安定です。

 

オススメのヘッドホンアンプ3選【据え置きタイプ】

アンプ

ヘッドホンアンプの効果と選び方を把握したら、次はどのようなアンプが売られているのか見てみましょう。

音質の良さはもちろん、自分が使うヘッドホンと規格が合うのかなどアンプごとに特徴があるので、自分の目的とも照らし合わせて見てください。

 

DENON ヘッドホンアンプ DA-310USB-SP

¥37,231(税込み)


高速で精度が高い機能をもち、わずかな音の情報も逃さず原音を再現してみせるフルデジタル・プロセッシング・ヘッドホンアップを搭載しています。

ヘッドホンごとに性能の段階を切り替えることができ、高機能なヘッドホンにも対応可能です。

またノイズ対策に複数の機能が使用されています。

ソニー SONY ヘッドホンアンプ・DAC TA-ZH1ES

¥223,000(税込み)

据え置き型のヘッドフォンアンプとして、ソニーが初めて商品化したものです。

魅力は入力端子の多さ。

光デジタル×1、同軸デジタル×1、USB×1、ウォークマン/Xperia専用端子×1。さらにアナログ音声入力端子も1系統備えているので、幅広く対応することが可能です。

また、上面には操作のためのボタン類とディスプレーが搭載されており、ヘッドフォン出力を切り替えると端子部の上部にある白いインジケーターが点灯するので、今どの出力が選ばれているのがすぐにわかるようになっているのも便利です。

上面のボタンからさまざまなメニューの設定を可能なので、ややこしい構造は嫌だ、という方にとくに便利な商品となっています。

 

Cayin 真空管ヘッドホンアンプ HA-1A MK2

¥12,960(税込み)

真空管式のため、サウンドに特徴があり、重量感ある音を楽しめます。

特徴として、対応できるヘッドホンの数が多いことや、機能以外にも木材を利用した味のある外観があげられます。

 

ヘッドホンアンプを選ぶうえでの5つのポイント【ポータブルアンプ】

女性

ヘッドホンアンプの効果も大切ですが、利便性も重要です。

据え置きではなく、持ち歩きとなれば自分の生活スタイルにも合わせて考えてみましょう。

 

駆動時間をチェックする

ポータブルタイプの電源は「バッテリー式」「電池式」「給電式」の3種類があります。

バッテリー式はバッテリーが徐々に劣化していくため、交換の必要性がでてきます。

 

電池はバッテリーの劣化を心配せずに済みますが、充電はできないため予備の電池も持ち運ばなければなりません。

また給電式は携帯端末から電源を供給できますが、携帯端末の電池残量に注意しましょう。

 

重さや大きさに気をつける

常に持ち歩くのであれば、重さや大きさは気を配るべきです。

重量の平均は100から200gであり、サイズもポケットやカバンに入れることが可能なものが多いです。

また駆動時間と電源の確保に必要な付属品、ケーブルや予備電池も考慮しましょう。

 

イヤホンやヘッドホンとの相性に気をつける

ヘッドホン、イヤホンの質が悪ければヘッドホンアンプがどれほど高性能でも音に変化は現れません。

またアンプごとにイヤホンやヘッドホンとの相性もあるので、店頭で試すことが大切です。

 

ハイレゾ音源に対応しているかチェックする

話題のハイレゾ音源とは、CDよりも音の情報量が多く記録された高音質な音源を指します。

従来の機器では再現しきれませんが、ヘッドホンアンプを使用することでハイレゾ音源を聴くことが可能です。

 

性能は値段によって変わる

ポータブルタイプは手軽に購入できる値段設定のものが多いですが、初心者向けやコアなファン向けなどでその性能と値段が変化します。

1万円未満の機器は気軽にヘッドホンアンプの性能を体験でき、3万円以内であればより音質が向上します。

 

オススメのヘッドホンアンプ5選【ポータブルタイプ】

スマホ

さきほどの5つのポイントを踏まえたうえで、おすすめのヘッドホンアンプ(ポータブルタイプ)を5つご紹介します。

 

ONKYO DAC-HA200

¥13,500(税込み)

高評価のポータブルタイプのヘッドホンアンプです。

ハイレゾ音源を再現でき、USB端子も接続できるのでさまざまなUSB対応の機器と接続して使用できます。

フィーオ コンパクト・ポータブルヘッドフォンアンプ

¥13,500(税込み)

重量20g、約16㎝×約9㎝とコンパクトさが売りのヘッドホンアンプです。

M-Audio Bass Traveler

¥3,456(税込み)


特徴は低音ブースト・スイッチ機能です。

低い音が使用される音楽においてヘッドホンアンプの効果がより実感できます。

また値段もリーズナブルでヘッドホンアンプに入門する人向けともいえます。
ヘッドフォンは2セット装着可能で、フル充電状態で約8時間稼働することが可能です。

もちろん充電用のマイクロUSB端子もついているので、まさに初めて買う方に適した商品となっていますよ。

クリエイティブ・メディア Creative Sound Blaster E1

¥3,376(税込み)

ノイズ対策が行われているため、高音質な音楽を楽しめます。

ヘッドホンの性能に合わせた接続も可能であり、バッテリーも大容量なため持ち運びにも便利です。

まとめ

マニアックな趣味から広く認知されつつあるヘッドホンアンプには、スマートフォンやオーディオプレイヤーだけでは再現しきれない音を私たちが聴けるようにする機能があります。

ヘッドホンアンプの効果とは、音量が大きくなり、音質も改善されることです。

 

アンプのタイプも据え置きやポータブルなど機種も増え、接続方式やUSB入力の対応スペックなど考えるべき点は多くあります。

ポータブルであれば持ち歩くさいの重さや大きさに気をつけつつ電池にも配慮が必要です。

一見すると面倒な機械に見えるかもしれませんが、手軽に購入できる機種も売られています。

ぜひ挑戦してみて、自分がよく聴く音楽や求める音やにあったヘッドホンアンプを選んでみましょう。

<script type=”text/javascript”>
amzn_assoc_ad_type = “link_enhancement_widget”;
amzn_assoc_tracking_id = “rits9200-22”;
amzn_assoc_linkid = “fe62c5450a6700b4bd126923a89f6ea0”;
amzn_assoc_placement = “”;
amzn_assoc_marketplace = “amazon”;
amzn_assoc_region = “JP”;
</script>
<script src=”//ws-fe.amazon-adsystem.com/widgets/q?ServiceVersion=20070822&Operation=GetScript&ID=OneJS&WS=1&MarketPlace=JP”></script>

この記事が気に入ったらシェアしよう!