使い勝手のいいインナーダウンのおすすめを男女別にご紹介します!

使い勝手のいいインナーダウンのおすすめを男女別にご紹介します!

アウターの下に着用するダウンのことをインナーダウンといいます。

寒さ対策として実用性があるものの、ファッションとして取り入れるのには少しテクニックがいるようです。

インナーダウンにはベストタイプとジャケットタイプの2種類があり、各メーカーによってデザインが異なります。

男女別、メーカー別にインナーダウンのおすすめ商品を紹介しますので参考にしてみてください。

 

インナーダウンは2タイプある

インナーダウンには、ベストタイプとジャケットタイプの2種類があります。

 

ベストタイプ

袖がついていないタイプです。

袖がない分着ぶくれしにくい特徴があります。

またコンパクトに収納ができ、持ち運びがしやすいので気温に合わせた着脱が容易です。

デメリットは袖アリのものに比べ袖がない分、防寒力が劣ります

 

 ジャケットタイプ

袖があるタイプです。

袖がある分十分な防寒対策をおこなうことができます。

また上にはおるコートやジャケットを脱いでもカッコ悪くなく悪目立ちしにくいです。

袖がある分着ぶくれしやすいデメリットがあります。

自分の用途に合わせてベストタイプかジャケットタイプか選択するようにしましょう。

 

インナーダウンの選び方

フィルパワーの数値

インナーダウンのあたたかさを表す指標としてフィルパワー(FP)があります。

フィルパワーとはダウンのかさ高の単位です。

フィルパワーは数値が高いほど高性能で保湿性が高いです。

一般的にフィルパワーが700FP以上の数値が表示されているものは、品質が高いダウンに分類されます。

フィルパワーを基準に選ぶ方法は、インナーダウンのおすすめの選び方です。

ぜひ購入の際は調べてみてください。

 

カラーはジャケットやアウターなどに合わせる

タウンユースで活用する場合は、無地のインナーダウンがおすすめです。

インナーダウンは上に着るジャケットやアウターの色合いを加味して選ぶ必要があります。

トータルバランスを考えると無地のアウターの方が柄があるものよりも合わせやすいです。

上に着る服や、ズボン、靴などの要素を考慮して選択するようにしましょう。

 

袖や丈の長さは慎重に選ぶ

袖があるタイプのものは実際に着ている姿を想像して購入されることをオススメします。

実際に店舗に赴いている際には、インナーダウンの上にアウターやジャケットをはおってみてください。

はおった結果手が動かしにくかったり、窮屈な印象を与えたりする場合は購入を考え直した方がよさそうです。

また、インナーダウンがアウターやジャケットの下から見えてしまわないかも確認しましょう。

インナーダウンが見えているとだらしない印象を与えてしまい、ファッション的にマイナスのイメージを与えてしまいます。

ネットで見る際には、その服を着ているモデルさんの身長と自分の身長を比較したり、サイズ表記をきちんと確認してから購入するようにしましょう。

自分の着用シーンをイメージし、インナーダウンの丈を意識することが大切です。

 

【女性】インナーダウンおすすめ

Pampera:ダウンベスト

価格 2,499円(税込)

※サイズによって値段が異なります

サイズ S・M・L・XL・XXL

薄くて軽くて暖かいの3つが揃ったインナーダウンベストになります。

付属でポーチが付いているので、外への持ち運びにも最適です。

襟があるタイプのものと襟がないタイプのものがあり、カラーバリエーションも8色と非常に豊富なのでご自分の趣味に合ったインナーダウンベストを見つけることができるかと思います。

 

シロイワ:インナーダウンベスト

価格 4,699円(税込)

※サイズによって値段が異なります

サイズ S・M・L・XL・XXL・XXXL

長さがあるタイプのインナーダウンベストになります。

ロングコートのインナーに着ることができますね。

カラーバリエーションが豊富で、ブラック・ブラウン・ブルー・グレー・カーキ・ピンクの7色から選ぶことができますよ。

ポケットにファスナーが付いているので、大切なものをポケットに入れておいてもどこかに落としてしまったなんてことがなくなるかもしれません。

また、付属の収納ポーチにしまえば旅行など荷物が大きな移動の際でも荷物がかさばるといった悩みも解消されるでしょう。

 

Bliss ダウンジャケット レディース ウルトラライト ダウン コート

価格 2,760円(税込)

※サイズによって値段が異なります

サイズ S・M・L・XL

こちらのインナーダウンジャケットは、秋はアウターでダウンジャケットとして、冬はアウターの中に着るインナーダウンジャケットとして使うことができます。

ダブルジップ仕様になっていて、調節がしやすくなっていますよ。

ポーチが付属でついており、旅行やアウトドアなど旅先でも活躍すること間違いなしです!

 

Showlovein ダウンジャケット

価格 2,399円(税込)

※サイズによって値段が異なります

サイズ S・M・L・XL・XXL・XXXL・XXXXL・XXXXXL

普通のダウンジャケットのような重みが比較的少なく、薄いダウンジャケットのため冬にはインナーダウンとして使うことのできるダウンジャケットです。

フードが付いているので、オシャレの幅が広がりそうですよね。

こちらもポーチが付いており、必要のないときにはポーチにしまってカバンに入れておくことができますよ。

ブラック・カーキなどの定番色をはじめ、パープル、ブルー、レッド、アーミーグリーン、ネイビー、ボルドー、ローズレッドという全9色とカラーバリエーションも非常に豊富です!

 

【男性】インナーダウンおすすめ

ビードラゴン Vネック インナーベスト

価格 2,000円(税込)
サイズ XL

軽くて薄いので着ぶくれしにくいデザインです。

さらに、ナイロン100%という弾力性に優れたしわになりにくい素材なため簡単に折りたたんで持ち運ぶことができます。

襟がVネックになっているため、ジャケットの下に着ても自然なデザインになっていますよ。

 

netease gensen ダウンベストメンズ インナーダウンベスト

価格 2,900円(税込)
サイズ M・L・LL

少しの雪や雨であったら跳ね返すことができる加工がダウンベストの表面に施されています。

軽くて柔らかい素材のため、付属の袋に入れればコンパクトに持ち運びをすることが可能です。

そしてなにより他のインナーダウンベストと比べるとコストパフォーマンスが高い商品になっています!

カラーバリエーションも豊富で、グレー・ブラック・ベージュ・カーキ・キャメル・ネイビーの6色がありますよ。

 

モンベル:スペリオダウン ラウンドネックT

価格 10,584円(税込)
サイズ S

モンベルのクルーネック インナーダウンは800FPという高級で品質の高いEXダウンを使用しており、保温性に優れています。

フロントのボタンはジャケットをはおったときのことを考えて設計されています。

ダウンの偏りによってあたたかさのムラができるのを防ぐキルティングパターンを採用しているので保温効率が良いです。

高性能なダウンを採用している割に値段が安いのでコストパフォーマンスが非常に高いといえるでしょう。

 

SHIPS JET BLUEクルーネック ダウンジャケット

価格 6,156円(税込)

※サイズによって値段が異なります

サイズ S・M・L

ダウンが90%で保温性に優れています。

ビジネスシーンで活躍しそうなブラックをはじめ、パープル、レッドといたプライベートでもカジュアルに使えるようなカラーがあります。

白鳥の羽毛が使われていて、超撥水加工が施されているためダウン特有のにおいも最小限に抑えられていますよ。

 

まとめ

インナーダウンはベストタイプとジャケットタイプがあります。

使用用途に応じてお選びください。

ベストタイプは主にインナーとして着用するのに適し、ジャケットタイプはインナーはもちろんそのままアウターとしても使うことができます。

大切なことは、「着ている自分を意識する」ということです。

さまざまなインナーダウンを比べて、自分に合ったベストな1着を選んでくださいね。

商品の値段は時期によって変わることがありますのでご了承ください。

この記事が気に入ったらシェアしよう!