石油ストーブで臭わない商品をご紹介!自分でできる臭い対策も!

石油ストーブで臭わない商品をご紹介!自分でできる臭い対策も!

だんだんと寒さが厳しくなるにつれ恋しくなってくるのが、石油ストーブなどの暖房器具。

しかし石油ストーブを使用するときにどうしても気になってしまうのが、あの独特な臭いではないでしょうか。このコラムでは石油ストーブを臭わないようにする対策をお話しします。

また、臭いにくく設計された石油ストーブもご紹介。

賢く暖房器具を使い寒い冬を乗り切りましょう。

 

石油ストーブが臭うのはどうして?

必ず出てきてしまう石油ストーブの臭い。

なぜ石油ストーブから臭いが出るのでしょう。

その主な原因は不完全燃焼です。

この章ではなぜ不完全燃焼が起こるのかを説明して、日々のお手入れや管理で石油ストーブが臭わないようにする方法をご紹介します。

 

不完全燃焼

臭いの原因で最も多いのが不完全燃焼です。

そしてその不完全燃焼の原因で、一番多いのは芯の下げ過ぎや上げ過ぎです。

燃費を抑えるために芯を下げ過ぎたり、火を大きくしようと芯を上げ過ぎたりすると、不完全燃焼を起こし臭いの原因となります。

また、灯油にホコリやゴミなどの不純物が入っていると、それが燃えて不完全燃焼の原因となります。

消費生活センターには不完全燃焼による出火の情報も寄せられています。

出火の原因は燃焼部分下部の空気取り入れ口に溜まったホコリやゴミにより、十分な空気を取り入れることが出来ないためでした。

空気を取り入れられないことで不完全燃焼を起こし、燃えなかった気化した灯油が、外気に冷やされて霧状に戻ってしまいました。

そして、その霧状の灯油に引火し、空気取り入れ口から火が上がったそうです。

これが「吹き返し現象」と呼ばれる現象です。

この現象は掃除によって防ぐことが可能ですので、シーズンの終わりやシーズンはじめに石油ストーブを使用する際にはしっかりと掃除し、ホコリやゴミを取り除きましょう。

また、不完全燃焼を起こすと一酸化炭素中毒の危険がありますので、すぐに換気をおこないましょう。

 

灯油の劣化

去年の灯油が余っているから……」と使ってしまうと、臭いの原因となることがあります。

灯油の保管中にホコリやゴミ、雨水が入ったりすると、それが不純物となります。

不純物が入った状態の灯油を燃やすと煙が出て、臭いの原因になってしまうのです。

また室内に保管していてもポリタンクの容器が溶けて混ざってしまうことによって、不純物となり臭いの原因となってしまいます。

灯油が劣化しているかどうかの確認は自分でも簡単にすることができますので、ご紹介します。

 

灯油が劣化しているかの確認方法

  1. 2つのコップを用意します
  2. 片方に水、片方に灯油を入れます
  3. 2つのコップの後ろに白い紙を置いて、2つの色を比較します
  4. 色が透明で沈殿物や不純物がなければ安心です。灯油が薄く黄色くなっていたり、沈殿物、浮遊物がある場合は劣化や不純物の混入が疑われますので、使用を避けてください。
ただ、大丈夫そうでも安全のため去年の灯油は使用しないほうがよいでしょう。灯油はワンシーズンのみと割り切り、計画的に使用してください。

 

石油ストーブの芯の劣化

長く使っている石油ストーブでは芯の先端部分が焦げていたり、短くなっていたりと劣化してしまっていることがあります。

そうするとうまく燃料を燃やすことができずに不完全燃焼が起こり、臭いの原因となってしまうのです。

石油ストーブの芯の交換はドライバーなどの簡単な工具を使っておこなうことができますので、説明書を読んで挑戦してみてもよいでしょう。

ちなみに石油ストーブの芯はホームセンターにも置いてあります。

また、楽天やアマゾンなどでも取り扱いがあります。

ただ、お使いのストーブによって型番が違いますので、取り扱い説明書などで型番を確認してください。

 

臭いを抑えられた石油ストーブ

臭いへの対策も大事ですが、そもそも臭わない石油ストーブを使用することも大事ではないでしょうか。

昔よりも石油ストーブの臭わない製品が出てきています。

各メーカーにより臭わないようにする工夫もさまざまです。

この章では石油ストーブで臭いを抑える機能がついた製品を一部、ご紹介します。

 

トヨトミ

石油ストーブの分野で有名なトヨトミの製品は2回の燃焼を組み合わせて臭わないようにする『ダブルクリーン』機能が搭載されています。

まず、下段の赤熱式で温め、次に上段の白熱式で燃えきらなかった臭いの元を燃やし切るのです。

また、消火時の臭いも「ニオイセーブ消火」機能でゆっくりと火を消すことで未燃ガスを燃やし切り、臭わないようにします。

また、デザインにもこだわっておりレトロな見た目の製品が多いのも魅力的です。

 

アラジン

80余年もの間、基本的なモデルチェンジをおこなっていないアラジンの「ブルーフレームヒーター」は、皆さんも一度は目にしたことがあるのではないでしょうか。

昔からある親しみのあるデザインは、和室、洋室など置く部屋を選びません。

アラジンの石油ストーブは着火と同時にブルーの炎で燃焼するので、不完全燃焼が起こりにくく、臭わないようになっています

また、このブルーの炎は酸素が足りないと黄色く変色しますので、目で確認しながら燃焼状態を把握することができるのです。

 

コロナ

トヨトミと並び高く評価されているコロナの石油ストーブ。6畳から17畳まで幅広いお部屋の広さに対応したラインナップを揃えています。

またゆっくり消化させることにより未燃焼ガスを燃やし切って、ニオイの発生を抑えてくれる『ニオイカット機能』を搭載。

ほかにも消火時や燃焼中の臭いをもう一度、触媒で燃やすことで臭いを抑える「触媒燃焼においとり」があります。

さらに、気化した灯油と空気を効率よく燃焼させて、火力が小さくても臭いをおさえる「クリーン燃焼」機能などもあり、臭いを抑えるつくりとなっています。

 

それでも臭うときはヒーターという選択肢も!

臭わない石油ストーブを使っても臭いが気になる!という方にはヒーターという選択肢もあります。

ガスを使わないタイプのヒーターは石油ストーブと違い臭いの元となる灯油を使わないため、臭いが発生しにくくなっているのです。

ヒーターの種類によっていろいろな特徴がありますので、比べてみてください。

 

遠赤外線ヒーター

遠赤外線ヒーターとはスイッチを入れると赤くなる暖房器具です。

電気を使って発熱するので、空気も汚さず臭いが発生しにくくなっています。

遠赤外線ヒーターはついたらすぐ暖かくなるというメリットがありますが、温まる範囲が限定されているため、部屋全体を温めるのには不向きになってしまうでしょう。

 

オイルヒーター、パネルヒーター

オイルヒーター、パネルヒーターは部屋全体を温めるのに適しています。

機械自体を高温にしてその熱で空間全体を暖かくしてくれるので、臭いが発生しません。

温風を出さないのでほこりが立ちにくく乾燥を避けることができます。

しかし、暖かくなるまで時間がかかり、消費電力が多く電気代が高くなるのがデメリットといえます。

 

まとめ

石油ストーブは臭いが発生してしまう厄介な暖房器具です。

しかし、臭わないように設計された石油ストーブを使ったうえで、日々のお手入れや古い灯油を使わないなどの対策をすることで臭いは大幅に抑えられるはずです。

臭いが気になる方にはヒーターという選択肢もありますが、部屋全体を早く暖かくすることはやはり石油ストーブの方が向いています。

朝起きてすぐの寒い部屋は、家族のためにもすぐに暖かくしてあげたいものですよね。

雪が降ったりと、ただでさえ寒く厳しい冬。

石油ストーブの臭わない製品を使って賢く暖かく快適に過ごしましょう。

この記事が気に入ったらシェアしよう!