上半身から下半身まで防寒対策するには3つのレイヤーを着こなそう!

上半身から下半身まで防寒対策するには3つのレイヤーを着こなそう!

寒くなってくると防寒対策に困りますよね。

防寒対策には、アウターレイヤー、ミドルレイヤー、ベースレイヤーと3種類あるのです。

この3種類を上手に着こなすことで、最適な防寒対策が可能になります。

あったかい防寒着を着ているのになんだか寒い」ってことありませんか?

それは、体から発生している水蒸気が着用している衣服のなかにとどまってしまって、体温が下がっているからです。

では、どうしたらいいのでしょうか。

このコラムでは、3種類のレイヤーの役割や選び方まで解説しているので、参考にして上半身から下半身までの防寒対策の参考にしてください。

 

下半身の防寒はレイヤリングで対策!

寒い時期になってくると、寒さ対策で皆さんいろいろ考えてしまいますよね。

みなさんがよくするのはレイヤリングではないでしょうか。

このレイヤリングというのは、いわゆる「重ね着」のことをいうのです。

寒さ対策をおこなうときにレイヤリングというのは、簡単そうに思えますが意外と簡単ではないのです。

さまざまな状況によって、レイヤリングの方法は変わってくるのです。

さまざまな状況というのは、山登り、サイクリング、バードウォッチング、フィッシングなどがあります。

この状況に対応したレイヤリングの方法があるのです。

レイヤリングを上手におこなうには、アウターレイヤー、ミドルレイヤー、ベースレイヤーと3種類あります。この3種類に関しては次章で解説していきます。

レイヤリングは上半身だけではなく下半身の防寒対策にも応用できるので参考にしてください。

 

雨・風・雪から守る「アウターレイヤー」

アウターレイヤーとは、肌からいちばん遠い外側に着る衣服のことです。

衣服というものは、風が吹いているときは、風を通します。

そして水に濡れることで水分を吸収してしまうのです。

そのため風や水を防ぐことができる仕様のアウターをいちばん外側に着ることをおすすめします。

アウターを選ぶときには、状況にあわせたものを選びましょう。

雨などの心配がないときには、風を防ぐことが可能な防風加工されているものでいいでしょう。

また雨などの心配もともなうときには、防水・防風ともに加工されているものを選ぶようにします。

運動をする方で汗などの心配があるときには、運動してかいた汗を逃がしてくれる透湿性のあるものを選ぶようにしましょう。

これらには下半身の防寒にもいえることなので注意してください。

アウターレイヤーといわれるものには、レインウェアウィンドブレーカーなどがあるので参考にしてください。

 

暖かい空気をためる「ミドルレイヤー」

ミドルレイヤーは、アウターレイヤーの下に着るものです。

ミドルレイヤーの役割は、アウターレイヤーで外からの寒さの原因をすべて防ぎ、温かい空気の層を作ることになります。

ミドルレイヤーを着ているときは、軽い運動をしただけでも体温は一気に上昇していきます。

そのため熱くなりすぎることで、ミドルレイヤーを脱ぎたくなってくることもあるでしょう。

そのため状況に応じたミドルレイヤーの選択が重要になってきます。

また上半身であれば脱いだり着たりが簡単ですが、下半身の防寒対策の場合は脱いだ着たりが上半身より大変なので選択にはより一層注意してください。

ミドルレイヤーには、フリースなどがあるので、参考にしてみてはいかがでしょうか。

 

水分を外に逃がす「ベースレイヤー」

ベースレイヤーとはいちばん肌に近いところで着る衣服です。

そのため肌に密着することになりますよね。

人の体というものは、汗をかいていなくても常に水蒸気を発生させています。

その水蒸気を衣服内でとどめておくことは、体温の低下を引き起こしてしまします。

その反面、水蒸気を衣服の外に出してあげることで、体温の低下を防ぐことができるのです。

そのため運動をする方のように汗をかくことが多い状況の場合には、ベースレイヤーがとても重要になってきます。

ベースレイヤーを選ぶときのポイントとなるのが、保湿速乾吸水吸湿というこの4つの性質が重要になります。

このような、性質をもった生地にはポリエステルやメリノウールというものがあります。

ベースレイヤーを選ぶときにはぜひ参考にしてきただければと思います。

下半身の防寒対策も同様になっています。

 

寒さの原因は2つある

寒さの原因には、気温があります。

気温というものは当たり前のことですが、春になりたての頃や秋の手前などは気温的にそんなに寒さを感じないという方もいるかもしれません。

しかしこのような時期であっても外でなにもすることなく、立ち尽くしていれば思っている以上に寒くなってきます。

また秋になり冬になってくると一段と気温は下がってきます。

そのため普通に動いていても寒いと感じることが多くなってくるでしょう。

そのため気温にあわせた防寒の対策というものは、とても大切になってきます。

風というものは、気温がそんなに低くなくても風が強いだけで、体感気温がとても低く感じますよね。

その風だけで人は体力を奪われていくといわれています。

そのため外からの風などをしっかり防ぐことができるように対策をしておかなければなりません。

下半身の防寒対策も忘れないようにしましょう。

 

まとめ

ここまで、レイヤリングについて説明してきました。

レイヤリングにはアウターレイヤー、ミドルレイヤー、ベースレイヤーと3種類あることがわかりましたよね。

この3種類のレイヤーを上手に着こなすことで、寒さからの対策を上手におこなえるでしょう。

このレイヤーのなかで、重要になってくるのがベースレイヤーではないでしょうか。

いちばん外側の風や水分を防いでいても、体は水蒸気を発生させています。

その水蒸気を衣服のなかにとどめておくと、いくら外側からの風や水分を防いでいても、体温は低下していってしまします。

そのためベースレイヤーを選択するときには、自分にあった最適なものを選ぶようにしましょう。

またミドルレイヤーも着ていると、軽い運動だけで体温は上昇していきます。

そのため脱いだり着たりということも手間になりますので、状況にあわせたものを選ぶようにしましょう。

寒くなってる時期に防寒対策に悩んでしまったときには、ここで解説させていただいたことを参考に上半身と下半身の防寒対策の参考にしてみてください。

この記事が気に入ったらシェアしよう!