ワンタッチテントがあれば楽!アウトドアでマストな商品とは?

ワンタッチテントがあれば楽!アウトドアでマストな商品とは?

キャンプしよう!というときに立ちふさがる高い壁が、テントの設営です。

骨組みを組んで帆布を固定して……と難しく面倒な作業をしなければなりません。

 

そこでおすすめしたいのが、ワンタッチテントです。

その名の通りテントをワンタッチで設営することができるので、初心者はもちろんのことよくキャンプに行くという方も便利に使えるでしょう。

 

今回はそんな便利なワンタッチテントの特徴や選ぶ際のポイントを説明し、さらにおすすめのワンタッチテントを厳選して紹介します。

キャンプを始めようと考えている方やテントの買い替えを考えている方は、ぜひ一度ご覧ください!

 

簡易テントには、2種類ある!

組み立てが簡単なテントは、ワンタッチテントだけではありません。

まずは、それぞれのテントについて知るところから始めましょう。

 

ポップアップタイプ

袋から折りたたまれた状態のテントを取り出すと、それだけでテントが完成する。

そんな夢のようなテントがポップアップテントです。

 

設営にかかる時間や手間が非常に少ないことが特徴ですが、一方で簡易的なテントにすぎないという点には注意しましょう。

悪天候での利用には向いていません。

 

ワンタッチタイプ

ワンタッチテントは、テントの骨組みが折りたたみ傘のようになっていてテント骨組をワンタッチで展開できるようになっているテントです。

ポップアップテントよりもしっかりとした作りになっており強度にも優れています。

 

しかし、その分ポップアップテントよりもテント本体の重量は重くなっています。

また、構造が複雑なので故障のリスクはより高いといえるでしょう。

 

ポップアップテントもワンタッチテントも、従来のテントに比べると設営の手間を圧倒的に減らすことができます。

従来のテントも含め、自分にあったものを選びましょう。

 

ワンタッチテントの特徴

ワンタッチ操作で簡単に設営できる

なんといってもワンタッチテント最大の特徴は設営がワンタッチでできることでしょう。

従来のテントのように複雑な手順を踏む必要はありません。

 

また、設営に力も人手も必要としません。

そのため、1人でキャンプを楽しむ方や女性の方にも向いているといえます。

 

部品や組み立て道具は必要なし

従来のテントでは骨組みや帆布など組み立てには、さまざまな部品が必要でした。

また、組み立てるために必要な道具も用意しなければなりません。

 

しかし、ワンタッチテントであれば骨組みなどもすべて一体化されているので、こまごまとしたパーツに悩まされることはありません。

ワンタッチで組み立てられるため、道具も必要ないのです。

 

持ち運びが楽

余分な部品がなく組み立てに道具が必要ないワンタッチテントは、その分コンパクトで軽量なので持ち運びにも便利です。

折りたたみも簡単なので、従来のテントのようにきれいにたたまなければ袋に入らない!ということもありません。

 

雨や風などの悪天候にも強い

簡易テントでは強度が不安という方もいらっしゃるかと思います。

たしかにポップアップテントは悪天候で使うにはやや心もとないでしょう。

 

一方、ワンタッチテントはペグなどで地面に固定するタイプのものが多く骨組みもしっかりしています。

なので、ある程度の悪天候には耐えることができるのです。

 

通気性が抜群

ワンタッチテントでは、壁面にあたる部分にメッシュ素材を使用しているものもあります。

これによって、設営の簡単な簡易テントでありながらも快適な通気性を実現しているのです。

 

とくに天井や四方がメッシュ素材のものは通気性抜群で、夏でも大丈夫です。

悪天候時には防水性のあるビニール素材のシートで塞ぐことができる二重構造のものもあります。

 

ワンタッチテントを選ぶ際のポイント

それでは、実際にワンタッチテントを選ぶ際に確認すべきポイントはなんなのでしょうか。

きちんと検討してから購入するようにしましょう。

 

何人用か

まず、大切なのがテントの大きさです。

1人でのキャンプなのか家族や友人と行くのかによって、選ぶべき大きさは変わってきます。

収容人数が記載されているテントがほとんどなので、使用スタイルに合わせて選びましょう。

 

使用目的

次に大切なのが使用目的です。

公園にピクニックに行く際の簡易休憩所として使うのか、あるいはキャンプに持って行ってしっかりと寝泊まりするのかよく考えましょう。

 

ちょっとした日よけ程度であれば、ポップアップテントのほうが向いているかもしれません。

本格的にキャンプをする場合は、しっかりとしたワンタッチテントを使うとよいでしょう。

 

UVカットや耐水性

屋外で使用するのですからUVカット耐水性も大切です。

とくにキャンプで使用する場合、突然の雨でテントの中までびしょ濡れという事態が起こりかねません。

 

テント自体に防水性がなくても、防水スプレーなどであとから防水性を付与したりフライシートなどで雨を防いだりすることもできます。

 

収納のしやすさ

収納のしやすさは持ち運びだけでなく、撤収の簡単さにも影響します。

収納しにくいテントを選んでしまうと、袋に入るまで何度もたたみ直して……といった手間がかかってしまい大変です。

 

ポップアップテントもワンタッチテントも、設営だけでなく撤収も簡単になっています。

ただし、少々癖があるものもあるようなので、一度試してみると良いかもしれません。

 

おすすめのワンタッチテント5選

選ぶ際に見るべきポイント!と言われてもよくわからない……という方のために、おすすめのワンタッチテントをご紹介します。

迷った場合はとりあえずこれらを検討してみてください。

 

ロゴスQ-TOPドーム

こちらのワンタッチテントの最大の特徴がQ-TOPシステムです。

Q-TOPシステムにより、このテントは手軽にテントの設営や撤収ができるようになっています。

 

また、荷物置きや靴の履き替えに便利な前室があることも特徴です。

この前室に荷物を置くことで、見た目よりもテント内を広々と使うことができます。

もともと大きめのサイズなので、ご家族でも問題なく使用できるでしょう。

 

クイックキャンプワンタッチテント

クイックキャンプは、「アウトドアをより身近に、簡単に。」をコンセプトにしているアウトドア用品メーカーです。

そのため、簡単で素早く設営ができるワンタッチテントにはとても力をいれています。

 

簡単さを追求した3人用テントや、フルフライシートによるダブルウォールを採用して悪天候により強くなったものなど、さまざまなバリエーションがあるのが特徴です。

ほかにもタープやテーブルといったアウトドアの必需品も扱っているので、クイックキャンプで揃えるのも楽しいかもしれません。

 

DODワンタッチテント

簡単設営なのに快適、悪天候にも強いのがDODワンタッチテントです。

グラスファイバーポールやストームロープにより悪天候にも耐えうる強固な作りになっています。

 

また、ベンチレーターやメッシュ素材の壁面によって内部の通気性も抜群です。

耐水性の高いフライシートを採用しているので雨天時も快適に過ごすことができるでしょう。

 

フィールドアワンタッチテント

このテントは、通気性とUVカット性能に優れています。

また、強い雨にも耐えられる耐水性を備えているとされています。

 

通気性を確保するために、このテントでは天井と壁面に蚊帳つきの窓が装備されています。

ジッパーによってシートを開閉することができるので窓から雨が降り込んだりしてしまう心配もありません。

 

また、UVカット性能はUPF50+を実現しています。

これはUPF評価としては最上級のものであり、日焼け止めなどよりも効果があります。

 

DODプレミアムワンタッチテント

こちらはDODのワンタッチテントの大型モデルです。

通常のワンタッチテントが3人用であるのに対し、こちらは大家族での使用を想定しています。

 

そのため、テント内の広さはDOD最大級を誇り、大人でも歩き回れるほどにゆったりとしたスペースが確保できます。

また前室もついているので荷物や靴などをテント内にいれる必要はありません。

 

前室だけでなく、付属のフライシートとキャノピーポールを用いることで簡易的なタープも用意することができます。

ちょっとしたBBQくらいなら日陰でおこなうことができるでしょう。

 

ワンタッチテントの注意点

ここまでワンタッチテントをおすすめしてきましたが、もちろんいいことばかりではありません。

テントがワンタッチで設営できるというメリットだけでなく、デメリットにも目を向けていきましょう。

 

耐久性は低め

ポップアップテントに比べると強度の高いワンタッチテントですが、やはり従来のテントと比べてしまうと耐久性は低いと言わざるを得ません。

悪環境での使用には向かないので、注意しましょう。

 

また、悪環境でなくても長期の使用によって壊れることもあるでしょう。

長く使い続けるつもりならば気にしたほうがいいかもしれません。

 

パーツが一体化されているため、修理に出す際は注意

ワンタッチでテントを設営するためにワンタッチテントはすべてのパーツが一体化しています。

なので、一部だけ壊れてしまったという場合でもテント全体を修理する必要があります。

 

従来のテントであれば壊れたパーツを買い替えるだけで済むので、ワンタッチテントの欠点といえるでしょう。

 

まとめ

キャンプにおいて少し面倒なのが、テントの設営ですよね。

ワンタッチテントを用意すれば、テント設営にかかる時間や手間を大幅に減らすことができます。

 

簡易テントはより簡単に設営できるポップアップテントと、強度に優れたワンタッチテントとがあります。

使用目的によって使い分けましょう。

 

簡単に設営したい、でもある程度の強度もほしいという方にはワンタッチテントをおすすめします。

持ち運びも楽にできますし、通気性にも優れるなどある程度の性能を誇ります。

 

実際に購入する際には、使用人数や目的、防水性能などに気をつけるようにしましょう。

撤収の手間も減らしたいならば、収納のしやすさも大切です。

 

それでも迷ってしまう方のために、5つのテントをおすすめします。

どうしても決められないときは、まずこれらのテントを検討してみてください。

 

この記事が気に入ったらシェアしよう!