冬におすすめしたいアウトドアスポット10選!冬の魅力教えます。

冬におすすめしたいアウトドアスポット10選!冬の魅力教えます。

夏は海や山にいってアウトドアを楽しむという方も多いでしょう。

冬はどうでしょうか。

 

寒くなってくると家を出るのがおっくうになり何もしない、あったかいところでごろごろするなんて方もおられるのではないでしょうか。

寒いからといって家に引き込もっていては損です。

 

冬には冬のアウトドアがあり、いろいろな楽しみ方ができます。

今回は冬にこそおすすめなスポットと冬ならではの遊び方について解説していきます。

 

冬ならではのおすすめアウトドア

スキー

スキーは、いわずと知れた冬定番の遊びです。

冬のアウトドアといえばスキーだといってもいいくらいです。

 

「私をスキーに連れてって」などスキーを題材にした名作映画の影響で人気を博してきました。

現在もスキー人気は健在です。

白銀の世界のなかをハイスピードで駆け下りるのは気分爽快でしょう。

 

スノーモービル

スノーモービルは雪原を走るバイクのようなものです。

1人乗りや2人乗りのものがあります。

 

スノーモービルランドなど私有地であれば運転免許が必要ではなく、スノーモービル貸し出し当日に講習をうけ認定ライセンスを取得すれば乗ることができます。

ライセンスの取得はスノーモービルの扱い方についての説明が1時間程度、実技指導が30分程度としているところが多いようです。

 

白銀の世界を時速50キロ程度で駆け抜けることができるので、爽快感とスリルを味わうことができます。

5歳から乗ることができる子ども用のモビルやそこまでスピードの出ない小型用もありますので、希望に合わせて選んでみてください。

 

スケート

スケートも冬の遊びのなかではメジャーな遊びです。

専用のシューズを着用し、氷の上を滑走します。

 

はじめてスケートをするときは立つのがやっとで、何度も転んでしまうかもしれません。

コツをつかんでくると壁に捕まることなく立つことができ、滑ることができるようになります。

 

キャンプ

キャンプと聞くと夏のイメージを持たれる方も多いでしょう。

じつは冬もキャンプができるのです。

 

冬のキャンプの魅力は満天の星空を眺めることができることです。

もちろん夏にも星空を眺めることはできますが、冬と夏では星座の配置が違うので違った雰囲気を楽しむことができます。

冬には、ふたご座流星群やしぶんぎ流星群などの出現率が高い流れ星を見ることができるのもおすすめポイントです。

 

ワカサギ釣り

テレビ番組などを通して知っておられるかもしれませんが、ワカサギ釣りは冬の風物詩であり、冬の娯楽の代表的なものです。

ワカサギが生息する湖などの表面が氷で覆われた部分に小さな穴を開け、エサを付けた糸をたらしワカサギを釣るアクティビティです。

釣り道具一式をレンタルしてくれるところや釣ったワカサギをその場で調理してくれるサービスをおこなっているところもあります。

 

雪合戦

子どものころに雪合戦をして遊んだという人も多いのではないでしょうか。

雪合戦は単なる遊びの枠を超え、スポーツとしても脚光を浴びているようです。

 

全国大会や世界大会も開かれています。

7人チームでおこなわれる雪合戦の大会は熱を帯び人気を集めているようです。

 

冬のおすすめ絶景スポット10選

冬だからこそのおすすめスポットをご紹介します。

紹介するスポットのなかには冬にしか楽しめない景色もあります。

 

また夏の時期にいっても良いですが、冬にいくと一味違った趣を感じることができる場所もあります。

旅行の計画を立てる際に参考にしてみてください。

 

さっぽろ雪まつり(北海道)

冬にしか見られない札幌の風物詩で、雪と氷で作られたアート作品を見ることができます。

さっぽろ雪まつりは国内外から200万人以上が集まる一大イベントです。

 

札幌市内の大通り公園をメイン会場に2019年は2月4日(月)~2月11日(月)の1週間開催が予定されております。

作品は開催期間中いつでも見ることができますが、ライトアップやイベントなどを楽しみたい方は情報を確認してから足を運ばれると良いでしょう。

 

なお、すすきの会場とつどーむ会場もあります。

つどーむ会場は2019年1月31日(木)から会場される予定で営業時間は9時~17時です。

雪の滑り台やスノーラフトなどアトラクションがメインの会場になります。

 

横手の雪まつり「かまくら」(秋田)

横手の雪まつり「かまくら」は、秋田県横手市で開催される伝統ある行事です。

約450年受け継がれてきた水神様を祭る行事になります。

 

この行事の最大の特徴は市内各所に設置される100基ほどのかまくらです。

かまくらに入ると子どもたちが甘酒やお餅でもてなしてくれるのです。

 

人が入れない大きさのミニサイズのかまくらも多数つくられ、かまくらのなかに火がともされます。

無数に広がるかまくらにほのかな光がともる様子は幻想的です。

 

銀山温泉(山形)

山形県にある銀山温泉はテレビドラマの舞台にもなった場所です。

雪深い温泉街に広がるほのかな明かりと大正から昭和にかけて建てられた洋風木造の旅館が並んでいる姿は幻想的です。

古き良き日本の雰囲気を味わうことができ心を安らげることができます。

 

三十槌の氷柱(埼玉)

埼玉県秩父市にある三十槌の氷柱(みそつちのつらら)は人にはあまり知られていない穴場スポットです。

天然の氷柱が岩肌一面に広がる様子はとても幻想的です。

夜にはライトアップもおこなわれています。

 

富士山(静岡)

いわずと知れた日本の名宝富士山

冬の富士山登山は危険なため、登山をする場合は夏がよいですが撮影をしたり、美しい富士山を眺めようと考えた場合は冬がおすすめです。

冬の時期は空気が乾いているため、白く雪化粧した富士山を遠くからも眺めることができます。

 

白川郷(岐阜)

白川郷は世界遺産に登録されている合掌造りの集落です。

合掌造りの屋根に雪がしんしんと降り積もり、家の明かりが周囲をぼんやりと照らす様子は神秘的です。

 

日本の原風景を心ゆくまで堪能することができます。

ライトアップがおこなわれる時期は毎年異なりますので、お出かけの際にはライトアップの日程を確認されることをオススメします。

 

白米千枚田(石川)

白米千枚田は日本の棚田百選に選ばれている棚田です。

棚田を覆うように設置されるLEDが点灯するイルミネーションイベント「あぜのきらめき」はみるものを圧倒させます。

 

金閣寺(京都)

金閣寺は京都にある世界遺産のお寺です。

日本のみならず海外からも多くの観光客が押し寄せます。

 

金閣寺は季節によって趣を変えますが、中でも冬の金閣寺がおすすめです。

降り積もった雪の白さと金閣寺の金箔のコントラストが見事です。

雪が降らないとみることができませんので注意しましょう。

 

鍋ケ滝(熊本)

鍋ケ滝は熊本県阿蘇郡小国町にある滝です。

新緑の森のなかから流れ落ちる滝は水のカーテンと呼ばれており、テレビCMにも使われています。

 

夏の鍋ケ滝も素晴らしいですが冬の鍋ケ滝もなかなかの絶景です。

流れ落ちる滝の一部がつららとなって垂れ下がっている様子は必見です。

 

稲積水中鍾乳洞(大分)

稲積水中鍾乳洞は大分県豊後大野市にある鍾乳洞です。

2億年以上前に形成された鍾乳洞が8万5000年ほど前に起きたとされる阿蘇山の噴火で水没した際にできたといわれています。

鍾乳洞のなかは青く光る水によって神秘的に照らされています。

 

寒いから室内で遊びたい…おすすめの室内遊び

かるた大会

寒くて家から出たくない方におすすめなのがかるたです。

読み手によって読まれた札をいち早く探し奪い合うゲームです。

家族が集まる正月など複数の人とおこなうと楽しいでしょう。

 

餅つき

餅つきは年末や正月におこなわれることが多いです。

餅をつく人、こねる人、たれを作る人など各自が役割を担います。

餅つきは大勢でおこなうと楽しいイベントです。

 

鍋パーティー

文字通りみんなで鍋を囲んでおこなうパーティーです。

各自が具材を持ち寄り、暗闇で調理する闇鍋というものもあります。

 

何が入っているのか分からないドキドキ感を味わえます。

友達や家族など大勢でおこなうと楽しめます。

 

まとめ

冬もアウトドアをおこなうことができます。

スキーやスノーモービル、スケートなどのウインタースポーツやキャンプや雪合戦などもあります。

 

冬にしか楽しめないさっぽろ雪まつりや白川郷のライトアップに出かけてみるのもいいでしょう。

どうしても寒いのが苦手な方はご自宅で鍋パーティーなどをして、それぞれの楽しみ方で冬を満喫しましょう。

この記事が気に入ったらシェアしよう!