寒さ対策!外出するときのチェックポイント!大切なものはインナー?

寒さ対策!外出するときのチェックポイント!大切なものはインナー?

寒い時期の寒さ対策は、外に出るときに一番気にかけるべきことです。

「もちろんカイロや厚着などをして対策をしている!」という方がほとんどでしょうが、本当にその対策は正しいといえますか?

もしかしたら温めてもさほど意味がない場所を温めているかもしれません。

 

寒さ対策をするためには、いくつか逃がしてはいけないポイントがあります。

しっかりとチェックして、寒さに負けない準備をしておきましょう。

 

インナーは吸湿性が大事

寒さ対策をして外に出るときに、真っ先に思いつくものは衣服ですよね。

屋内への出入りが多いときは上着で調整ができますし、インナーは1枚着るだけでも体感温度がグンと変わってきます。

 

そんな衣服ですが、防寒として最も重要なものはインナーです。

それもインナーならなんでもでいい、というわけではありません。

選ぶべきポイントを知って、快適に過ごしましょう。

 

吸湿性を重視

インナーでとくに重視すべきものは吸湿性です。

この吸湿性は、汗をどれだけ吸うかの目安となります。

 

冬に汗をかくなんて……と思う方もいるかもしれませんが、その汗が防寒の一番の敵です。

防寒となると、どうしても服が厚くなりがちです。

 

そのような状態で室内などの暖かい場所に入るとどうなるでしょうか。

もちろん、汗をかきますよね。

 

この汗をインナーで吸い取ることで、汗が冷えて身体を冷やすということを防ぐことができます。

吸湿性の高いインナーの材料として、「レーヨン」があります。

 

これが含まれていれば、汗を吸いやすいインナーといえるでしょう。

ただしレーヨンは同時に乾きが遅いという特徴も持っています。

 

普段の生活では十分ですが、スポーツなど発汗が多量におこるという場合は、湿って冷えたインナーとなる可能性もあります。

そのようなシーンでは下のものがおすすめです。

 

スポーツ・アウトドア・ワークウェアブランド

この3つのブランドでは、レーヨンを使わないインナーが主流です。

代わりにどうやって防寒性を確保しているのかというと、繊維の織り方です。

 

高密度で織り方を工夫することにより、防風性と吸湿性を両立させることができます。

防風性で外気がインナー内に混ざることを防ぎ、汗を素早くインナーの表側に移動させて吸湿性を確保させているのです。

 

この3つはとくに汗をかく作業向けに開発されたものなので、保湿性の高いレーヨンではなく、ポリエステルなどの化学繊維が用いられています。

値段も抑えられていますので、気になるという方は買ってみてはいかがでしょうか。

 

手・足にはカイロを使う

寒さ対策として外せない、強い味方であるカイロ

ただこのカイロ、ただ手に持っているだけでは効果が薄くなりがちです。

寒いときは「三首」をこころがけて貼るようにしましょう。

三首とは、首・手首・足首のことです。

 

外から直接温めるより、内部から温まった血液を流すことができるので、身体を温めるにはより効率的です。

ほかにもへその下に貼ると内蔵が冷えづらくなり、新陳代謝もスムーズになります。

 

ただし貼るカイロをつけるときは強く張り付けたり、上からマフラーなどできつく巻いたりしないようにしてください。

温まった血液が流れなくなり、低温やけどの恐れがあります。

 

衣類の素材は「メリノウール」がおすすめ

メリノウールという素材を知っていますか?

これはメリノ種という羊からとれるウールで、ほかの羊毛とは一味違った強みを持っています。

 

「保温力・吸湿力・保湿力」の3つをあわせもっているのです。

メリノウールはほかの羊毛にはない細かな縮れをもっています。

 

これが多いため熱や水分をキャッチしやすく、逃がしにくいという特性をもっているのです。

メリノウールは体温程度に保持する能力に優れているため、夏場でも着られるという特徴もあわせ持っています。

 

ただし羊毛は毛玉ができやすく、ほつれやすく破れやすい素材でもあります。

乱暴には扱わないようにしてください。

 

そして保湿力にも優れているため、激しいスポーツなどは不向きです。

キャンプなどのアウトドアに生かすようにしましょう。

 

靴には防水スプレー

冬場の足元は雪が積もっていることが多いです。

いつの間にか靴が濡れて、中の足がびしょ濡れになって冷える……という経験はありませんか?

 

冬用の靴は防水性と耐寒性が重視されたものがあります。

寒さ対策のため外に履いていくには、どちらにするかを考えましょう。

 

レインシューズとムートンブーツの違い

レインシューズは、長靴から普通の靴のように見えるものまで幅広く存在しています。

表面にラバーが張り付けられているなど、雨や雪に対し非常に強いです。

 

半面、生地が薄めになりますので、耐寒性はそれほどでもありません。

ムートンブーツは、靴の中に羊毛などの毛皮があるものです。

 

足先のあたたかさを重視するのであれば、このムートンブーツ以上にマッチした靴はないといっても過言ではありません。

ただし毛皮が濡れてしまうとせっかくの防寒効果も台無しです。

おおまかには雪が降る地域ではレインシューズを、雪が降らない・整備された道を歩くときはムートンブーツをおすすめします。

 

防水スプレーのすすめ

どんな靴であっても手軽に防水効果をつけることができるものが、防水スプレーです。

靴を買ったあとや、ある程度履きなれたあとに、汚れを落としてから吹き付けましょう。

とくにムートンブーツは毛皮のため、より重点的に吹き付けておくと安心です。

 

外でも使える「防寒グッズ」

こちらの章では、寒さ対策に外でも使えるグッズをご紹介します!

寒い!と感じたシーンごとに使えるものを選びましょう。

 

USB式ブランケット

スイッチを入れれば温まる、ホットカーペットならぬホットブランケットです。

USB端子で充電できますので、モバイルバッテリーなどでも手軽に充電できます。

スポーツ観戦や、オフィスワークなど、座っているときが多いならば使いどころではないでしょうか。

 

充電式ホットインナーグローブ

こちらは内部を温めることができる手袋です。

自転車やバイクなど、寒風にさらされることが多くかじかみやすい手も、これがあれば安心ですね。

スキーグローブなど、風を通さない手袋を上にかぶせれば、さらなる効果を見込めます。

 

巻きポカ

カイロで温めるべき場所に、手首と足首が含まれていると書きました。

その手足に貼るカイロをつけてもすぐにはがれてしまう……そんな時におすすめのグッズです。

別でカイロが必要になりますが、しっかりと手足首にカイロを固定してくれます。

 

バーサミッドネックゲイター

バーサという保湿性に優れた生地で作られたネックウォーマーです。

温めるべき場所である首を保温してくれるため、快適に感じることができます。

ネックウォーマーをつけると首にカイロを貼っても目立たなくなるため、そういった用途で購入してもいいかもしれません。

 

エコカイロ

USB充電やレンジでチンすることでもう一度使えるようになるカイロです。

カイロを買う手間や、捨てる手間を省くことができます。

使い捨てではないためデザイン性にも富んだものがあるので、小物でもオシャレがしたい方の防寒グッズにいかがでしょうか。

 

「冷え」が及ぼす身体への悪影響

ここまで寒さ対策に外せないグッズの紹介をしてきました。

では実際にそのような寒さ対策をおこなわずに外に出るとどのような影響があるのでしょうか。

ここでは「冷え」による身体への影響をご紹介します。

血行が悪くなり肩こりや関節痛になる

寒くなると体内の血管が収縮し、内部を流れる血液の量が減ります。

手足など、末端に流れる血液を減らして冷やさないようにするためです。

 

このような状態では、筋肉のスムーズな運動が難しくなり、筋肉が固くなります。

そうなると、肩こりや関節痛を引き起こしやすい身体になってしまうのです。

 

顔色が悪くなったりクマやくすみの原因になる

寒い場所や冷たいプールに長時間いると唇が紫色になりませんか?

これは血行が悪くなっている状態によるものですが、唇だけではなく身体全体にも影響があります。

 

血行が悪くなることで、顔などの皮膚の薄い部分が黒ずんでしまうのです。

これにより、クマやくすみがくっきりと顔にあらわれやすくなってしまいます。

 

免疫力が落ちて風邪をひきやすい

身体が冷えると、体内の免疫細胞にも血液が流れなくなり、活動が低下してしまいます。

つまり免疫力が落ちるのです。

 

寒い中で外出するときはマスクを忘れずに。

免疫としてだけでなく、防寒具としてもマスクは機能してくれます。

 

代謝が悪くなりむくみやすくなる

血流が悪くなるので、体内の水分のめぐりが悪いともいえます。

流れの悪い水分は重力にひかれて足に集まり、むくみをおこしてしまいます。

 

生理痛がひどくなる

身体が冷えていると生理痛がひどくなりやすいというウワサを聞いたことがありませんか?

冷えると血管が縮むのですが、生理が起きると子宮まわりの血管を押し広げようとしてしまいます。

 

つまり、もともと縮んでいた血管がさらに縮んだり、つぶれかけたりしてしまうということです。

身体を温めれば痛みは和らぐので、へその下あたりをカイロなどで温めてあげましょう。

 

まとめ

寒さ対策をして外出することは、ただ単に快適に過ごすためではなく、身体を大切にするために忘れてはいけないことでもあります。

とくに、インナーは防寒対策で一番重視して選ぶべきものです。

使用シーンなどを考えて自分にマッチしたものを選びましょう。

 

カイロなどで温めるべき場所は首・手首・足首の三首です。

これはカイロでなくても温められますので、防寒対策はこちらを重点的におこなってはいかがでしょうか。

この記事が気に入ったらシェアしよう!