あなたは何枚重ね着してますか?防寒対策の服装とその正しい着方!

あなたは何枚重ね着してますか?防寒対策の服装とその正しい着方!

冬が近づくにつれて本格的な寒さが迫ってきています。

コートなどを着て出かけようとしても、あまりの寒さに外出をためらう方も多いでしょう。

 

みなさんは防寒対策の正しい知識や服の着方は知っていますか?

防寒対策をするうえで正しい知識を知っていれば効果的に寒さを防ぐことが可能です。

 

また、冬にはクリスマス、年末、お正月などのさまざまな行事が盛りだくさんだと思います。

外出する機会も増え、外の寒さに大変な思いをする人も多いはずです。

 

防寒対策をしようにも何をどう着たらいいかわからない方もいるでしょう。

本コラムでは、真冬の寒さをしのぐ正しい服の防寒対策をご紹介していきたいと思います。

 

防寒対策に適切な服ってどんな服!?

防寒対策の服装としてみなさんはどんなものを想像しますか。

コートを着たり、ダウンを着たりとさまざまな種類の服を着ると思います。

この章からは防寒対策に適した服の着方や防寒対策をするうえでの大事なことをご紹介していきます。

重ね着が基本となる

冬に服1枚などで外出を知ってしまったらとても生きた心地はしないでしょう。

ですので寒い日の服装の基本となるのが重ね着となります。

 

重ね着をすることによって風を通しにくくしたり、血行をよくしたりなどさまざまなメリットがあります。

しかし、誤った重ね方をしてしまうと完全には寒さを防ぐことができません。

なので詳しい重ね着の仕方などは後ほどご紹介していきます。

 

防寒には3つの首を意識しよう

みなさんは防寒対策の服装で大事な「3つの首」をご存知でしょうか。

この3つの首とは皮膚が薄く寒さを感じやすい部分です。

なので、防寒対策としてこの3つを冷やさないことが大切となってきますので順番にご紹介していきます。

 

寒さを感じやすいのは首元

体のなかの部位で一番寒さを感じやすいのはだと言われています。

首には大きな動脈があるので首を暖めると血行が良くなり全身が温かく感じます。

首を保温する寒さに対する大きな効果がありますのでマフラーやネックウォーマーなどしっかり対策しましょう。

 

足首は一度冷えたら温まりにくい

足首は体の部位でも一番末端になるのすぐには温かくなりません。

また、下半身の冷えは血行障害や代謝異常、体のだるさや生理痛、月経不順など原因にもなりますので、レッグウォーマーや厚手の靴下、ブーツなどで対策を取ると良いです。

 

手首は冷え性の原因になってしまう

手首も体の部位で末端になりますの一度冷えたらなかなか温かくなりません。

また、手首の冷えは末端冷え性の原因にもなりますので手袋や袖の長い服を着ましょう。

 

正しい重ね着の方法を知ろう

防寒対策の服装の重ね着といっても「何を何枚も着ていいか分からない」という方が多いと思います。

ただ何枚も重ね着をするだけでは真冬の寒さに対してはまだまだ不十分です。

この章では正しい重ね着の仕方をご紹介します。

 

1枚目はヒートテックがおすすめ

1枚目は直接肌と触れ合う部分となるのでサイズや素材を大事にしましょう。

伸縮性があり、汗などをすって保温してくれる素材のものがおすすめです。

ユニクロなどで販売されているヒートテックなど最適です。

 

2枚目は血行を意識しよう

2枚目は寒さで血行が悪くならないようにゆったりした服が良いです。

また、裏毛などがある服ならより暖かくなるでしょう。

 

アウターは透湿機能があるものを選ぼう

4枚目はいわゆるアウターと呼ばれるものになります。

ここでは風を通しにくいものにするために織の細かいものにしましょう。

 

また、防水加工や撥水加工があればなお良いです。

ノーフェイスやパタゴニアで販売されているものなどがこれに該当します。

 

防寒グッズを使ってみよう

防寒対策の服装選択以外にも体の部位の寒さを防ぐための防寒グッズはいろいろ存在しています。

 

ニット帽で耳を守る

ニット帽はとても寒い場所では必須といってもいいほどの防寒アイテムとなっております。

顔のなかで一番冷えやすい耳を守ることができるの大変便利です。

外出する際にはカバンに入れておくとまさかの緊急事態に対応できるようになります。

 

手袋は基本アイテム

手袋はみなさんが一番多く使っている防寒グッズといってもいいでしょう。

最近では、手袋をしたままスマートフォンを操作できる手袋も販売されており、今までスマートフォンを操作する場合外していた手袋を外す手間を省くことができ外して冷える心配もなくなりました。

 

靴下も重ね履きしてみよう

足元は冷えやすいので服を重ね着するだけではなく靴下も重ね着するのもおすすめです。

また、女性の場合には冬でもスカートを履きたい方も多いはずです。

そんな方にはボアタイプの靴下などもあるので重ねて履いてみるのもいいでしょう。

 

まとめ

防寒対策の服装には、住んでいる地域や外出する際の目的などによっていろいろと変わってくるかもしれません。

正しい防寒対策をしなければ、体調を崩したり、場合によっては病気などの症状が出てしまう恐れがありますので、しっかりとこだわっておきたいですよね。

 

防寒対策の服装の着方や選び方などは正しい知識があればより効果的に寒さを防ぐことができます。

また、服装面以外の防寒グッズもたくさん存在していますのでそれらを駆使すればより寒さを防ぐことができるでしょう。

 

旅行やスキーなどで寒さが厳しい場所に出かける人もいるでしょう。

また、冬にはさまざま行事がありますので、体調を崩さないようにも本日ご紹介した防寒対策や知識を活用してみてはいかがでしょうか。

この記事が気に入ったらシェアしよう!