寒い時期に備えよう!おすすめの防寒グッズと部屋の寒さ対策を紹介します!

寒い時期に備えよう!おすすめの防寒グッズと部屋の寒さ対策を紹介します!

寒い時期になると部屋の中で過ごしても寒いと感じることはありませんか?

部屋が寒いと感じる原因として窓に隙間があることや部屋の構造や向きなどがあります。

これらの寒さの原因を理解しておくことで、部屋の防寒対策がしやすくなります。

 

このコラムでは、防寒グッズと部屋の防寒対策を紹介します。

また、しっかりとした防寒グッズだけでなく、100均でも買えるグッズまで紹介するので、自分にあったものを選ぶとよいでしょう。

 

部屋が寒い原因とは?

防寒グッズや部屋の防寒対策を紹介する前に、部屋が寒い原因を紹介します。

窓や扉が開いていないのに部屋が寒い原因として、部屋の窓から隙間風が入り込んでくること、建物の構造、部屋の向き、コールドドラフト現象があげられます。

 

部屋の窓から隙間風が入り込んでくる

もっともおおい原因としてあげられるものが、部屋の窓に隙間があることです。

窓を閉じてもわずかな隙間が残っているため、隙間から外の空気が入ってきます。

 

このため、部屋に冷たい空気が入って部屋が外の空気と同じくらい寒くなります。

隙間風が原因で寒い場合には、窓に開いている隙間をふさぐことで部屋の寒さを防げます。

建物の構造

建物の構造上どうしても部屋が寒くなってしまうこともあります。

このような場合には、部屋自体の構造を変えることは難しいかもしれません。

 

そこで建物の構造が問題である場合には、部屋の気温が下がりにくくなるホットカーペットを敷くことがおすすめです。

部屋の向き

部屋の向きによっては、一日中太陽光が部屋に入らず部屋が暖まらないこともあります。

この場合も部屋の向き自体を変えることは難しいため、ホットカーペットを敷くなどの対策をしましょう。

 

また、部屋の熱が逃げやすい窓に長めのカーテンを設置すると、熱が逃げにくくなります。

コールドドラフト現象

コールドドラフト現象とは、暖かい空気は部屋の上部にたまり、冷たい空気は部屋の下部にたまることです。

この現象が発生すると、暖房をつけているはずなのに全然暖かくなりません。

 

この場合には、扇風機を天井に向けてあてると暖かい空気が部屋の下に集まります。

お金をかけずにできるセルフ防寒対策

部屋が寒くなる原因を紹介したところで、部屋に直接使用する防寒グッズと部屋にはお金をかけずに防寒できるセルフ防寒対策を紹介します。

 

この防寒対策を実施すると部屋が寒くなることを防げるかもかもしれません。

どれも対策がしやすいので、お試しにやってはいかがでしょうか。

床に断熱材(カーペットやマット)を敷く

部屋の構造や向きによって部屋が寒くなる場合は、床に断熱材を敷くことをおすすめします。

断熱材といってもカーペットやマットのことです。

 

カーペットを敷くことで部屋から熱が逃げることを防ぎつつ、冷たい床を触ることなくくつろげます。

長いカーテンに変える

窓から熱が逃げやすいことから窓全体をおおうことができる長いカーテンを設置してもよいでしょう。

窓から逃げる熱を防ぐことで、簡単に寒くなりにくい部屋にすることができます。

 

また、カーテンはおしゃれなものもおおいため、インテリアとしても使用できます。

窓をプチプチ(エアーキャップ)や段ボールでおおう

とにかく窓から逃げる熱を防ぎたい場合に応急処置になるものが、プチプチや段ボールで窓をおおうことです。

 

プチプチや段ボールには、断熱効果が非常に高いといわれています。

そのため、窓に直接おおうことで部屋が寒くなりづらくなります。

 

ただし、段ボールを窓におおうようにすると太陽光まで遮ってしまうので、部屋に太陽光が入る場合は注意が必要です。

窓の隙間にテープを貼る

窓からの隙間風で部屋が寒くなる場合には、隙間をテープでふさぐことが大切です。

テープでふさぐことで、隙間から冷たい空気が入ることを防ぐことができます。

部屋で使える!おすすめ防寒グッズ3選

部屋を簡単にセルフでできる防寒対策を紹介しました。

しかし、部屋の防寒対策だけではなく、自分の身体を直接暖めてくれる防寒グッズもあります。

 

そこで、自分の身体を暖める防寒グッズと部屋での使い方を3つ紹介します。

超暖ポカポカルームシューズ

超暖ポカポカルームシューズは、シューズの中敷きがモコモコとしたクッションになっています。

これを履けば足先が冷えやすい人も暖かくなるでしょう。

 

また、体温を反射するアルミのシートが搭載されているため、普通のルームシューズよりも暖かくなりやすいです。

エネループ内蔵ネックウォーマー

普通のネックウォーマーとは違い、中にヒーターを搭載してネックウォーマー自体を暖かくしてくれるものです。

このため、外出するときに冷えやすい首元を暖めます。

 

このネックウォーマーは、モバイルバッテリーを搭載しているため、繰り返し充電をすることで何回でも使用することができます。

着る毛布

室内でとにかく暖かくなりたい人におすすめのグッズが着る毛布です。

この着る毛布は、全身を毛布でおおうことがでます。

 

一度着てしまえば、ずっと暖かくして過ごすことができます。

着る毛布にもさまざまな種類が販売されているため、自分にあったものを選ぶことが大切です。

できるだけ費用を抑えたい!おすすめ100均防寒グッズ

部屋で寒さにふるえずに快適に過ごすための防寒グッズで紹介しました。

しかし、もっと費用を抑えて100均でも買うことができる防寒グッズもあります。

 

そこで、100均でも買える防寒グッズと部屋での使い方を紹介します。

もこもこ靴下

最初に紹介するもこもこ靴下は、普通の靴下よりも厚手になっているため、足から熱が逃げにくいです。

もこもこ靴下の種類も豊富に販売されているため、自分が好きな柄を選ぶことができます。

ルームシューズ

100均にもルームシューズが販売されているため、試しに使ってみたい人におすすめです。

このルームシューズももこもこしているので、足元から暖かくなりやすいです。

もこもこの靴下と合わせて使えば、より暖かく過ごすことができます。

腹巻き

昔からある防寒グッズとして腹巻きがあげられます。

腹巻きを巻くことで、冷えやすいお腹から熱を逃げにくくします。

そのため、代謝が上がることや身体の冷え性を改善する効果もあります。

 

また、おしゃれな腹巻きをたくさんあるので自分のお気に入りの腹巻きを探してもよいかもしれません。

まとめ

防寒グッズと部屋の防寒対策を紹介しました。

部屋が寒くなる原因として、窓に隙間があることや部屋の構造、コールドドラフト現象などがあります。

 

どれも簡単に対策をすることができるため、部屋の寒さが気になる場合には、試してみるとよいでしょう。

 

防寒グッズとしていろいろなものが販売されており、自分に合った防寒グッズを選ぶことが大切です。

 

販売されている防寒グッズもおしゃれなものやかわいいものもあります。

そのため、自分が気に入ったものを選ぶのもよいでしょう。

この記事が気に入ったらシェアしよう!