ロードバイクタイヤおすすめ16選!シーンごとにおすすめを紹介!

ロードバイクタイヤおすすめ16選!シーンごとにおすすめを紹介!

天気が良いと、外で友達と一緒にロードバイクでサイクリングをしたいという人も多くなってくるでしょう。

自転車で学校や職場に向かう人もよく見かけますね。

しかし、走行中にタイヤがパンクしてしまったという経験がある方も多いのではないでしょうか。

そんなとき新しいタイヤを買おうとしても、どれがおすすめなのか、自分にあったタイヤはどれなのか、判断するのは難しいですよね。

そこで、今回の記事ではサイクリングを楽しむ人や通勤・通学する学生や職場の人にもおすすめで扱いやすいタイヤを紹介していきます。

 

初心者におすすめのタイヤ8選

ロードバイク

初心者の人がタイヤを選ぶときにはどれを選べば良いのか迷ってしまうでしょう。

ここでは、初心者にもおすすめのタイヤを紹介していきます。

 

パナセーラー パセラ

価格 2,263円(税込)
大きさ 700×25C(mm)

通勤・通学・ツーリングなどで幅広いサイズのクリンチャータイヤです。

クリンチャータイヤとはタイヤにチューブを入れてリム(ホイールの一部で、タイヤが組み合わされている部分)にタイヤをはめることで、チューブを閉じ込める構造です。

ロードバイク以外にママチャリにも使われています。

スポーツ用自転車用のタイヤとして走行性能を確保しながらも、高い耐久性を誇ります

スポーツ以外でも通勤・通学やツーリングでも使える万能なクリンチャータイヤですね。

普通の自転車のタイヤと違って、パナレーサーのタイヤは高い補強材を使っているので、耐久性も高くて簡単にパンクはしません。

また、釘や針などの尖ったものに対しても、簡単に穴が空かないようになっています

濡れている路面でもスリップしにくく、落ち着いて走行ができます。

色はブラックですが、見た目もかっこいいので、サイクリング好きな人にもおすすめです。

 

ミシュラン パワーオールシーズン

価格 7,160円(税込)
大きさ 700×25C(mm)

濡れた路面や滑りやすい路面でも楽に走行ができるクリンチャータイヤです。

走行性能が高く、乗り心地の良いタイヤです。

耐久性にも優れており、パンクも防いでくれます。

グリップ力も高く、雨で濡れた路面でもバランス良く保つことができて運転ができます。

オールシーズン使えるタイヤでもあり、冬の時期でも安心!

耐久性とグリップが重視しているクリンチャータイヤなので、レースや自転車のイベントにも使えますね。

 

ブリヂストン エクステンダR1X

価格 5,700円(税込)
大きさ 700×25C(mm)

転がり抵抗グリップ耐パンク性能がバランスよく作られたクリンチャータイヤです。

道を曲がるときにも的確に曲がれて、運動性に優れたタイヤです。

また、尖った針や釘などの貫通を防いでくれるので、簡単にパンクはしません。

雪などの凍った路面や雨で濡れた路面でもスリップもほとんどなく走行できます。

すべての季節に適応しているのはありがたいですよね。

バランスよく作られたタイヤなので、スポーツ以外に通勤・通学やサイクリングにも使えます。

通勤・通学中にパンクを恐れることもありませんね。

 

コンチネンタル ゲータースキン

価格 5,148円(税込)
大きさ 700×25C(mm)

耐久性が良くて、パンクを防止してくれる網目状のシートを取り付けたクリンチャータイヤです。

道が悪いところや濡れている路面でも簡単に走れるでしょう。

高い走行性と操作の安定性も優れていますよ!

走行性と安定性が良くて、転がり抵抗を抑えてくれます。

ロードバイクの転がり抵抗とはタイヤと地面で起こる摩擦力に原因する抵抗です。

転がり抵抗が小さいと、よく転がってくれることです。

グリップも扱いやすく、パンクにも対応しているので、日頃よく自転車に乗っている人にもおすすめですね。

自転車で通勤・通学する学生や社会人の方でも使えるから、雨の日でも楽に走れます。

 

シュワルベ デュラノ

価格 7,280円(税込)
大きさ 700×25C(mm)

転倒をしにくくなり、耐久性も高まったクリンチャータイヤです。

タイヤのグリップは安定しており、濡れている道でも簡単に走行ができます。

耐久性も高く、長期間使うことができますね。

軽量ながら、耐パンク性も高めているため、どんな道でも軽快に走行ができます。

グリップ性が優れているのでツーリングにもおすすめです。

耐久性・グリップ性をバランス良く作られたタイヤなので、初心者でも扱いやすいでしょう。

2本セットで7,280円と、1万円を切る値段なので、お得ですね。

 

ピレリP ZERO VELO

価格 5,898円(税込)
大きさ 700×23C(mm)

性能バランスを持つクリンチャータイヤです。

優れたハンドリングが高い安全性を誇り、コーナリングでも緩やかに曲がれます。

グリップ性も優れているので、濡れている路面でもスリップを防いでくれるので、安定して運転ができます。

耐パンク性能も優れていて、簡単にパンクするのを防いでくれますね。

サイクリングや通勤・通学にも最適ですね。

レースやスポーツでも使われるので、様々なところでも活躍します。

 

ベロフレックス コルサ

価格 5,380円(税込)
大きさ 700×23C(mm)

道を曲がるときのコーナリング性能が優れたクリンチャータイヤです。

転倒するのを抑えたラバートレッドや優れた耐久性を持つケブラービートを採用

ラバートレッドとは、タイヤが地面と接触する部分の意味です。

ケブラービートは、スポーツ用に作られたタイヤで、軽量で持ち運びも便利です。

また、耐パンク性能も優れており、走行中にパンクを起こすこともほとんどありません

コーナリングも滑らかに走行ができます。

バランスが良く、レースやスポーツ以外に普段、自転車で通勤・通学する人にも使えますね。

 

ビットリア ルビノプロスピード

価格 5,729円(税込)
大きさ 700×25C(mm)

濡れている路面をスピーディに走行できるクリンチャータイヤです。

スピードグリップ力しなやかさの特徴があるタイヤです。

耐パンク性能も高めたタイヤで、簡単にパンクすることもありません。

すべての時期にピッタリなタイヤで、どんな天気でも解決してくれるでしょう。

サイクリングするときにもおすすめですね。

グリップ力も良くて、濡れている路面ではスリップをあまり起こすことなく、走行もできます。

バランスが良いタイヤなので、自転車で通勤・通学している人にもおすすめです。

 

そもそもタイヤには3つの種類がある

皆さんはロードバイクのタイヤには3種類あるのをご存知でしたか?

ここでは、その3種類のロードバイクのタイヤを紹介します。

 

クリンチャータイヤ

ロードバイクのタイヤの中で人気が高いタイヤです。

クリンチャーはチューブラーと違って、別売りのチューブを買って交換しなければなりません。

価格が安くて、お手軽に購入することができます。

デメリットはパンクがしやすいことです。

歩道などにある段差に勢いで乗り上げようとすると、タイヤの中のチューブがリムに噛み込んで、チューブが破れてしまいます。

パンク修理は、修理パッチ(タイヤの補償部品)やチューブを持ち運んでいれば修理は済みます。

パンクした際もタイヤに異常がなければチューブをパンク修理ができます。

 

チューブラー

タイヤとチューブが分かれているためクリンチャータイヤと異なり、チューブラーは袋状に縫い込まれたタイヤの中にチューブが入っている構造です。

スピードや軽快さが求められるロードバイクなどには有利といえますね。

高速走行しても安定性が高くなるので、レースやスポーツには最適です。

しかし、パンク修理はクリンチャーと違って修理は難しいです。

縫い合わせた糸をほどいてチューブを取り出し、パッチを貼った後に、新しい糸をタイヤに縫い合わせなければなりません。

自分で修理するのは大変なので、修理屋に修理してもらうこともおすすめします。

 

チューブレス

基本構造はクリンチャーと似ていますが、チューブを必要としないのが特徴です。

グリップ力が高く、走行性能が優れています。

また、空気が抜けにくいので、長い間走行ができます。

車輪をタイヤに付け外しするのにタイヤレバーを使いますが、チューブレスのタイヤは、チューブレス用のタイヤレバーを使用しなければならないので注意してくださいね。

 

軽量で乗り心地を求める人におすすめのタイヤ5選

タイヤが軽いと走行中に振動が気になり、自転車の乗り心地が悪くなることもあります。

ここでは、軽いタイヤで路面からの振動や衝撃を防いでくれるものを紹介します。

 

シュワルベ プロワン HT

価格 9,980円(税込)
大きさ 700×25C(mm)

転がり抵抗を低減させたチューブラータイヤです。

タイヤが軽いので、コーナリングでも滑らかに走行ができます

耐久性と耐パンク性を向上させた、スムーズに走行ができるタイヤです。

グリップ性も良く、不安定な道や濡れている路面でもスリップを起こしにくいです。

また、グリップ性が良いため安定して運転ができます。

パンク対策も活かしたタイヤで、自転車で通勤・通学する人にもおすすめですね。

スムーズに走行ができるので、険しい山道にも対応できるでしょう。

 

パナレーサー RACE A EVO3

価格 6,629円(税込)
大きさ 700×23C(mm)

走行性能と耐久性能をバランス良く作られたチューブラータイヤです。

グリップ力と耐パンク性能に優れています。

グリップ力が良いため、濡れている路面などではスリップを防いでくれます!

また、タイヤの耐久性にも優れており、貫通を防止してくれるので、耐パンク性能が高いです。

悪天候でも高いグリップ性能を発揮するので、濡れている路面でもスリップを防いでくれます。

山道でツーリングやサイクリングをする人にもおすすめできるタイヤですね。

こちらもバランス良く作られたタイヤなので、通勤・通学にもおすすめですね。

 

コンチネンタル コンペティション

価格 10,580円(税込)
大きさ 28.0(インチ)×2.5(cm)

高いグリップ力と摩擦抵抗の両方を実現したチューブラータイヤです。

高い空気圧を持っており、乗り心地が良く走行しやすくなっています。

濡れた路面にも優れていて、スリップや転倒を防止してくれます。

扱いやすさと耐パンク性も優れているタイヤです。

耐パンク性も高いので、簡単にパンクを起こしにくい性能を持っています。

安定性と走行性も優れているので、軽々と走行ができるでしょう。

グリップ性も良くて、不安定な道や濡れている路面でも簡単に走行できて、スリップも防いでくれます。

自転車で通勤・通学する人にもおすすめですね。

 

ベロフレックス レコード

価格 13,800円(税込)
大きさ 700×22C(mm)

転がり抵抗やコーナリング性を追求したチューブラータイヤです。

耐パンク性を活かしてくれるので、走行中にパンクになることもほとんどありません。

そのため、砂利道などの不安定な道でも楽に走行もできます。

耐久性にも優れているので、長距離でも安心して走行ができますね。

パンクしにくいので、サイクリングや通勤・通学にも便利です。

運動性も良く、コーナリングも快適です。

乗り心地が良くて、自転車で通勤・通学する人にもおすすめですね。

 

TUFO HI-COMPOSITE CARBON

価格 5,780円(税込)
大きさ 700×25C(mm)

耐パンク性を高めたチューブラータイヤです。

転がり抵抗とグリップ力がバランス良く作られています。

クリンチャータイヤより高い空気圧で運用していて、乗り心地が良くなります。

耐パンク性を高めたタイヤなので、自転車で通勤・通学する人にもおすすめですね。

グリップ性能も良くて滑りやすい路面でも、スリップしにくいので走行しやすいです。

そのため、砂利道などの不安定な道でも安定して走行できます。

また、耐パンク性を高めているので、サイクリングやツーリングする方にもおすすめです。

 

耐パンク性能を求める人におすすめのタイヤ3選

タイヤがパンクしてしまうと、修理費や修理の手間がかかり大きなストレスになってしまいます。

ここでは、パンクが気になる人にパンクに強いおすすめのタイヤを紹介していきます。

 

ハッチンソン FUSION5 PERFORMANCE11 STORM

価格 8,330円(税込)
大きさ 700×25C(mm)

軽さと耐パンク性をバランス良く作られたチューブレスタイヤです。

耐パンク性能が高いので、険しい道でもパンクになる危険を抑えられます。

グリップ性能と耐久性も備えているので、サイクリングする人にもおすすめですね。

転がり抵抗とグリップ力が発揮できるので、悪天候でも問題ありません。

濡れた路面や滑りやすい路面でも楽々と走行することもできます。

 

マヴィック YKSION PRO

価格 14,225円(税込)
大きさ 700×28C(mm)

タイヤのはめやすさや安全性、耐パンク性能を活かしたチューブレスタイヤです。

耐パンク性能が高く、パンクをしっかり防いでくれます。

尖った釘や針などの突起物に刺さっても、貫通することなくパンクを防いでくれます

また、パンクした際に空気抜けが非常に遅い!

グリップ性能も良くて、滑りやすい路面や雨で濡れている路面でも楽に走行ができます。

通勤や通学する人にもおすすめですね。

 

IRC フォーミュラーPROチューブレス・ライト

価格 5,732円(税込)
大きさ 700×25C(mm)

グリップ性能と濡れている路面に優れたチューブレスタイヤです。

優れた走行性を持ちグリップ力を発揮します。

耐パンク性も備えており、走行中にパンクを防いでくれます。

山道などの悪い路面で、走行してもパンクすることもほとんどありませんので、山道のツーリングやサイクリングにも大丈夫ですね。

また、グリップ性も良くて山道の砂利道や濡れている路面でも安定して走れます。

人気が高くレースやスポーツでも使う人もいるくらいです。

安定した操作ができるので、自転車で通勤・通学をする人にもおすすめですね。

 

まとめ

いかがでしたか?

今回はおすすめロードバイクのタイヤを紹介してきました。

パンクを防ぐため、耐パンク性を搭載したタイヤや雨で濡れている路面を楽に走行できるタイヤもたくさん販売されています。

また、タイヤ自体が軽いとハンドリングも良くなり、コーナリングでも緩やかに曲がり走行ができますね。

クリンチャータイヤ・チューブラー・チューブレスの3種類のタイヤがあり、それぞれのタイヤによって、性能は異なっていることもおわかりいただけたかと思います。

毎日、自転車で通勤・通学をする人にもおすすめできるので、今回紹介したロードバイクのタイヤをぜひ参考にしてみてくださいね。

商品の値段は時期によって変わることがありますのでご了承ください。

この記事が気に入ったらシェアしよう!