ルーフテントの使い道がすごい!旅好き必見ルーフテントを徹底紹介

ルーフテントの使い道がすごい!旅好き必見ルーフテントを徹底紹介

「ルーフテントってなに?普通のテントとどう違うの?」

最近キャンプに興味を持った方も、まえからキャンプを楽しんでいた方も、このような疑問を抱いていませんか?

 

実はルーフテントが今、密かにブームになっているのです。

今後、旅やキャンプをしようと計画している方は知っておかないと損ですよ!

今回は、そんなルーフテントの魅力についてご紹介しましょう。

 

ルーフテントとは?

ルーフテントとは、車の上に設置されたテントのことです。

ルーフは日本語で言うと「屋根」という意味になるので、文字通りといっても過言ではありません。

ルーフテントを設置することで、普通の車もちょっとしたキャンピングカーへ早変わりできます。

キャンピングカーよりも価格が安いため、費用を抑えたい方にもおすすめです。

キャンプだけでなく、緊急時の車中泊でも快適に寝られるのでとっても便利です。

 

折りたたみ式なので、普段の走行にも問題はありません。

しかし、普段よりも重量が重くなるので走行の際には安全運転を心がけましょう。

 

ルーフテントはここがすごい

ルーフテントのメリットをご紹介します。

 

・設置が簡単

・キャンピングカーを買うよりもお手頃な価格

・耐水性や耐風性に優れている

・車中よりも快適に眠ることができる

・種類が豊富

・宿泊代の必要なく、いつでも泊まれる

・家財道具を用意して、簡易的な家にすることもできる

・秘密基地のような感覚で、楽しむことができる

・災害時の簡易シェルターとしても使える

このようにルーフテントには、多くのメリットがあります。

ルーフキャリアを車につけていれば、基本的にどんな車種でも取り付けができるので、車の買い替えが必要ないところもルーフテントの魅力のひとつといえるでしょう。

 

ルーフテントは3つの型がある!?

ルーフテントは、シェル型タワー型ルーフトップテント型の3種類に分けられます。

それでは、それぞれの特徴をお教えします。

 

シェル型

シェル型は、三角形の形になっているテントです。

三角形の形であることから開閉がスムーズにでき、移動が簡単におこなえます。

 

空間が狭いことが難点で、家族で楽しむには少し窮屈に感じてしまうかもしれません。

シェル型は、ひとり旅などひとりで使いたい方や移動が多い方におすすめです。

 

タワー型

タワー型は四角形の形になっているテントです。

比較的空間が広く、足を伸ばして広々と過ごせるので居心地もいいです。

 

風通しもよく、暑い夏にも涼しく快適に過ごせますよ。

設置方法は、手動式、ダンパー式、電動式とメーカーや種類によって違うため、よく確認して選びましょう。

タワー型は、家族や恋人で会話や食事を楽しみたい方におすすめです。

 

ルーフトップテント型

ルーフトップテント型は、従来のテントと同じような形で普通のテントを車の上に乗せただけのような形です。

軽量で設営も簡単にでき、中にはリモコンで開閉できるものもあります。

 

空間もしっかり確保されるので、快適に過ごせます。

シェル型やタワー型が人気を博していますが、まだまだ根強いファンがいます。

ルーフトップテント型は、家族や恋人、友人など複数人で使いたい方におすすめです。

 

ルーフテントのおすすめブランド

こちらでは、ルーフテントのおすすめブランドをご紹介します!

ルーフテントを選ぶ際の参考にしてみてくださいね。

ZIFER JAPAN

ルーフテントの元祖といわれています。

1958年にイタリアでオートホームシリーズのカートップテントが開発されました。

 

これが世界で初めてのルーフテントとなっています。

世界中のカールーフテントの中でも、販売累計台数1位を記録し、品質の高さも世界1位の評価を受けています。

 

ダイキ

タワー型のルーフテントをメインに取り扱っているメーカーです。

サポートがしっかりしているので、キャンプ初心者で初めて購入する方にもおすすめです。

 

ルーフテントジャパン

愛知県にあるルーフテントのメーカーです。

軽量であることが特徴です。

ルーフテントを取り外すことが多い方におすすめです。

 

フジカーズジャパン

全国に店舗を展開しているキャンピングカーの取扱店です。

お手頃価格で、多くの車種に対応したルーフテントを販売しています。

 

ルーフテントの価格は種類やメーカーによってさまざまですが、200,000~400,000万円が相場となっています。

アウトドア用のテントよりは比較的価格が高くなっていますが、キャンピングカーよりは安く、お手頃な価格です。

 

また、費用を抑えたい方はルーフテントを自作するという方法もありますよ!

ルーフキャリアを作り、テントを乗せれば簡単にルーフテントを作ることができ、材料費含め数万円と費用もだいぶ抑えられます。

DIYができる方や費用を抑えたい方は、ルーフテントの自作に挑戦してみてはいかがでしょうか?

 

まとめ

ルーフテントについてご紹介させていただきました。

いかがでしたでしょうか?

ルーフテントは以下のような方々におすすめです。

・いつでもどこでもキャンプを楽しみたい

・よく車中泊をする

・宿泊代を節約したい

・キャンピングカーに憧れるけど、できれば安く済ませたい

・キャンプ地でのテントの設営が面倒くさい

・緊急時に家や災害シェルターとして使える

ルーフテントは帰省の際にも便利ですよ。

家財道具を用意すれば、簡易的な家として住むこともできます。

 

家として利用すれば、宿泊代だけでなく、生活費も抑えられます。

この機会に、ルーフテントでアウトドアを楽しんでみてはいかがでしょうか?

この記事が気に入ったらシェアしよう!