部屋が寒いときの対策方法教えます!セルフ対策で電気代を節約しよう

部屋が寒いときの対策方法教えます!セルフ対策で電気代を節約しよう

これからどんどん寒くなっていく季節になりました。

外出先から凍えて帰って暖かな部屋でゆっくりしたい……。

そう思って家に帰ったのに、家の中も寒くて凍える、なんてことはありませんか?

本コラムでは、そんな部屋が寒いときの対策についてご紹介していきます。

ここで紹介した方法を実践することで快適な冬の暮らしを送れるだけでなく、部屋の気温が上がることで節電もすることができます。

ぜひ読んで参考にしてみてください。

 

なぜ部屋が寒くなるのか?

そもそもなぜ室内なのに部屋が寒くなるのでしょうか。

大きな原因は「玄関」と「窓」にあります。

これらは「開口部」といって、玄関や窓のわずかな隙間から家の中の暖かな空気が逃げていくだけでなく、外の寒い空気が家の中に入ってきます。

隙間だけが原因ではありません。

冬の窓ガラスを触ったことはありますか?

触ったことがある人は、その冷たさを知っているでしょう。

ガラスやドアは外の気温が伝わることで冷たくなります。

それが熱伝導によって室内の空気も冷やしているのです。

 

窓の寒さ対策!

逆に言えばそれらの原因を解決できれば部屋が寒いときの対策になるということです。

その解決方法をいくつかご紹介します。

プチプチを貼る

プチプチといえば、宅配便などで梱包材として利用されるものですよね。

しかしこれが防寒対策に非常に役立つグッズになります。

このプチプチを窓に貼ります。

貼り方は両面テープを窓に貼り、その上にプチプチを貼るだけです。

注意するのは空気が入っている面が窓側になるようにすること。

こうすることで、窓と接しているプチプチの空気が冷気を吸収し、部屋が冷えるのを防いでくれるのです。

 

アルミシートを貼る

アルミシートは主にレジャーマットや防災対策として利用されているものです。

100円均一やホームセンターなどで買うことができます。

活用方法はプチプチと同じで窓に貼るだけです。

窓のサッシまで覆えるとより効果があります。

プチプチより多少値は張りますが、その保温性により大きな効果も期待できます。

 

断熱シートを貼る

断熱シートについても、プチプチやアルミシートと同じ窓に貼るという活用方法です。

断熱シートにもさまざまな種類がありますので、期待する効果によって分厚いものを選んでみるとよいでしょう。

 

隙間にテープを貼る

ここまで窓に貼る寒さ対策をご紹介しましたが、それだけでは不十分です。

先に述べたように、冷気は玄関や窓の小さな隙間からも出ていってしまうからです。

そこでそうした窓や玄関の隙間にテープを貼る方法をご紹介します。

テープというのは、隙間テープと呼ばれるものです。

100円均一などで買うことができます。

これらを窓のサッシ部分やレールの部分に貼ります。

こうすることで室内の暖かい空気が逃げず、さらに外の冷気も入ってきにくくなります。

 

夜間は雨戸やシャッターを閉める

後は雨戸やシャッターも閉めるようにしましょう。

雨戸については、夏場にしか使わないものと思ってしまいがちですが、窓に貼るシートなどと合わせることで寒さ対策の効果が高まります。

またシャッターがあるご家庭では、シャッターを閉めることでも多少寒さ対策になります。

防寒グッズを使うとともに、これらの基本的なことも行うようにしましょう。

 

床の寒さ対策!

冬は部屋の空気も冷たいですが、床も冷たいですよね。

フローリングの床をそのまま踏んだときはもちろん、じゅうたんやカーペットが敷いてあるのに冷たく感じた経験がある方もいらっしゃると思います。

そんなときの対策方法についてご紹介します。

 

カーペットやラグを敷く

まずはカーペットやラグを敷く方法です。

これらを敷くだけで、冷たさはかなり軽減されます。

また肌触りがよいので、普段からよく滞在するようなソファ周りやテーブル周りに敷くのがおすすめです。

 

銀マットやアルミシートを敷く

窓ガラス対策でもご紹介したアルミシートや、銀マットを敷くのも大きな効果が期待できます。

これらだけでは見た目がよくありませんので、これらの上にカーペットやラグを敷くのをおすすめします。

 

防寒用のスリッパやルームシューズを履く

すべての床にカーペットやアルミシートを敷くのは難しいので、スリッパルームシューズを履くこともおすすめします。

スリッパタイプのものだけでなく、足首まですっぽり覆ってくれるものもあったり、デザインもさまざまなものがあったりして、選ぶのも楽しいですね。

 

セルフ対策で電気代節約!?

部屋が寒いときの対策として、エアコンで暖房をつけたり、ストーブであたためたり、という方法がまず浮かぶと思います。

もちろん寒い冬にはそれらの暖房器具は必要でしょう。

しかしこれまでに説明してきたようなセルフでできる対策によってある程度高い温度を保てれば、暖房器具を使用する時間が短くなったり、設定温度が低くなったりして節電になりますよね。

 

まとめ

セルフでできる部屋が寒いときの対策方法についてご紹介してきました。

一つ一つは小さなことかもしれませんが、それらを組み合わせることによって部屋で過ごすことがどんどん快適に感じられるはずです。

またそれらが節電にもつながるというのが魅力でしょう。

ただもし今回ご紹介したセルフ対策をしたうえで、暖房器具を使用しているのにもかかわらず寒さが厳しいということになれば、引越しを考えてみてもよいかもしれません。

ぜひ本コラムを参考に、少しでも快適に冬を乗り越えましょう。

この記事が気に入ったらシェアしよう!