文房具のおすすめは?仕事を手助けしてくれる20の文房具を紹介します

文房具のおすすめは?仕事を手助けしてくれる20の文房具を紹介します

文房具のおすすめや、仕事で役立つ文房具を探して、何時間もインターネットを検索したことはありませんか?

便利な文房具を使って作業のストレスを減らせれば、毎日の仕事も楽しくなりますよね。

お気に入りのデザインの文房具なら、使っているだけでも気分がうきうきしてくるものです。

しかし、たくさんの文房具の中から、自分の目的に合ったものを探すのは、意外と大変な作業です。

文房具は人気のある商品ジャンルなので、ぼう大な数の商品があります。

探すのに疲れて、「もう今使ってるものでいいか」と妥協してしまった経験がある方もいるのではないでしょうか。

そんな文房具探しのお手伝いをするために、仕事に役立つ文房具を種類別にまとめてみました。

ちょっと変わっていても人によっては便利な文房具も紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

 

仕事がはかどる文房具【ペン編】

セルツァー セブンイヤー ボールペン

価格 1,200円(税込)
大きさ 直径1×長さ12(cm)

ニューヨークにあるデザイン会社セルツァーが販売しているボールペンです。

30種類以上のデザインバリエーションがあるので、地味なボールペンに飽きてしまった人は、好みのデザインを探してみてもいいかもしれません。

セブンイヤーボールペンの機能的な特徴は、内蔵されているインクの量がとても多いことです。

ペンの後ろにあるふくらみに、大量のインクが入っています。一日1.7m分の線を引くとすると、なんと7年も使える計算になるそうです。

大事な書類を書いていたり、大量に書類をかかなければいけない仕事をしたりするとき、インク切れになやまされることが少なくなるかもしれません。

長く使えるペンなので、ペンを買い替える必要も減るでしょう。

環境にやさしいペンともいえますね。

 

トロイカ マルチボールペン コンストラクション

価格 3,996円(税込)
大きさ 直径1×長さ15(cm)

トロイカ社は、ギフトデザインを手掛けるドイツの企業です。

コンストラクションは、製図用ボールペンに定規がくっついたような見た目をした多機能ボールペンです。

コンストラクションには、なんと7つもの機能がついています。

ペンの側面には縮尺定規がついているので、手書きで正確な線を引いたり、ちょっと長さを計ったりしたいときにわざわざ定規を探す必要はありません。

ほかにも、タッチパネルを操作するときに便利なスタイラスペンや、物の傾きを計るときに使える水平器もついています。

さらに、プラスマイナスドライバーとして使うこともできます。

正確な線や図面を書く場面が多い仕事をしている方や、DIYをよくする方は、このペンが一本あればいちいち道具を探す手間が省けるかもしれません。

 

コクヨ trystrams ボールペン・シャープペンシル MISTRAL

 

価格 3,780円(税込)
大きさ 直径0.9×長さ13.6(cm)

trystramsの特徴は、芯を出すときペン本体をぐっと押すだけで済むボディノック方式です。

普通のペンであれば、握りなおしてペンの後ろをカチカチとノックしなければなりません。

ボディノック方式なら、ペンの持ち方を変えずに、そのままカチカチと押し込んでノックすることができます。

長時間なにかを書かなければならないとき、いちいち握りなおしてノックしていると、集中の邪魔になってしまうものです。

trystramsは、書く手をほとんど止めずにノックできるので、長い文章を書くことが多い人のストレスを減らせるのではないでしょうか。

 

ぺんてる エナージェルインフリー

価格 300円(税込)
大きさ 直径1.1×長さ14.7(cm)

エナージェルインフリーは、水性ゲルインキのボールペンです。

エナージェルインフリーのインキは発色がよく、乾くのが早いという特徴があります。

ゲルインキは好きだけどかすれやすいところが悩みという方は、エナージェルインフリーを使ってみてはいかがでしょうか。

また、エナージェルインフリーは、本体が透明なので中のインク量が一目で分かります。

インク量がわかりやすいので、替え時を迷わなくて済むでしょう。

発色のよいインクが外から見えるので、見た目にもおしゃれなボールペンです。

 

ぺんてる シャープペン オレンズネロ

価格 3,240円(税込)
大きさ 直径1.1×長さ14.3(cm)

筆圧が高くてしょっちゅうシャープペンの芯を折ってしまう、という悩みをお持ちの方はいないでしょうか。

シャープペンの芯を折ってしまいやすい方は、オレンズネロを使えば、もう悩まなくてもいいかもしれません。

オレンズネロは、ペンのメーカーとして有名なぺんてる社の技術が詰まった高性能なシャープペンです。

ペン先は金属パイプで全て保護されているので、細い芯でも折れずに書き続けられます

さらに、最初のノックで芯を出せば、あとはもう一度もノックせずに、自動的に芯が出続けるというストレスフリーな機能つき。

芯を最後まで使い切れるため、芯の買い替えの手間も省けるでしょう。

芯をしょっちゅう折っていらいらしたり、いちいちノックをするのが面倒くさかったりする人は、オレンズネロを使ってみてはどうでしょうか。

 

パイロット フリクションボール ノック

価格 337円(税込)
大きさ 直径1×長さ14.8(cm)

今やすっかり定着したフリクションボールペン。

パイロット社のフリクションボールノックは、取り回しがよいノック式のフリクションボールペンです。

手帳をよく使う方は、フリクションボールペンを使う場面も多いのではないでしょうか。

ノック式であれば、ペン差しに挟んでおいて、使いたいときワンノックですぐに書き始められます

書き直しが多い書類や図面を扱う人にも、フリクションボールノックはおすすめかもしれませんね。

 

仕事がはかどる文房具【手帳・ノート編】

レイメイ藤井 キーワード デュアルリングバインダー

価格 2,689円(税込)
大きさ 閉じた状態 縦18.6×横12×厚さ3.3(cm)

開いた状態 縦18.6×横53.2×厚さ1.5(cm)

デュアルリングバインダーは、リングが2本ついたシステム手帳バインダーです。

じゃばら式に開くので、一度に4ページ分を見ることができます。

システム手帳2つ分を1つにしてしまったような、大胆なアイテムですね。

2本のリングにとじるリフィルの組み合わせは、あなた次第。

多くの予定やノートへの書き込みが必要な人や、手帳を分けて持つのは面倒な人には、ぴったりのアイテムではないでしょうか。

今まで自分に合った手帳が見つからなかった人も、自分だけのオリジナル手帳を作ってみると楽しいかもしれませんね。

もう少し小さいサイズがほしいという人には、ポケットサイズもありますよ。

 

モレスキン クラシックノートブック

価格 3,132円(税込)
大きさ 縦21×横13(cm)

シンプルで長く使えるノートを探している人は、モレスキンクラシックノートブックがおすすめです。

しっかりした質感の表紙は、厚手の布にオイル加工をした、オイルクロスという素材でできています。

見た目だけでなく、撥水性や耐久性が高い表紙が、長年の愛用者を増やしている秘訣かもしれませんね。

ページが開いて折れ曲がらないようにゴムバンドでしっかり閉じておけたり、しおりや収納ポケットがついていたり、シンプルですが使いやすい工夫がされています。

クラシックノートブックは、掛け線タイプや無地タイプなどのレイアウトがありますが、日付や見出しの部分を書く部分がありません。

ページいっぱい、思うままにスケッチやアイデアを書き留めたい方にはぴったりのデザインではないでしょうか。

 

Access Notebook (アクセスノートブック)

価格 2,570円(税込)
大きさ 縦22.3×横16.3×厚さ1.9(cm)

ノートを書いたものの、どこに何を書いたのか、わからなくなってしまったことはありませんか?

アクセスノートブックは、「どこになにを書いたのか」、簡単に探せるように工夫されたノートです。

特徴的なのは、自分で書き込める目次ページがあることです。

目次ページに見出しを書いておけば、「この会議の記録はどのページに書いたっけ」と悩まなくてもよくなるでしょう。

よく見返す必要があるノートには、このアクセスノートブックを使ってみてはいかがでしょうか。

 

仕事がはかどる文房具【付箋編】

カンミ堂 ペン型付箋 PENTONE

価格 799円(税込)
大きさ 直径1.1×長さ14(cm)

ペンのような、細長い巻物のような、不思議な形をした付箋がPENTONE(ペントネ)です。

実はこの巻物のような部分はケースになっていて、ロール式の付箋が入っています。

ロール式のふせんには、ミシン目が入っているので、好きなサイズに切り取って使うことができます。

小さな付箋に無理やり細かい字を書いたり、違うサイズの付箋を何個も持ったりしなくてもよくなりますね。

ペンと同じような形をしているので、ペンケースや引き出しの中で小さなふせんが迷子になってしまった、というようなこともなくなるのではないでしょうか。

詰め替え用のロールにはさまざまなカラーバリエーションがあるので、自分が好きな色に組み合わせることもできますよ。

 

3M ポストイット強粘着 ポップアップノート

価格 1,296円(税込)
大きさ 横7.5×縦7.5(cm)

片手でさっと取り出せる付箋が欲しい方には、ポストイット強粘着ポップアップノートがぴったりではないでしょうか。

付箋が入っているディスペンサーが、ちょうどよい重さをしていて、片手でスムーズに付箋を取り出せるようになっています。

はがしやすくても、強粘着タイプなので、大事なメモもしっかりと貼り付けておけるでしょう。

よく電話を受けながら付箋にメモする人の、強い味方になってくれそうですね、

 

ゼブラ「ペモ アイディー」

価格 1,080円(税込)
大きさ 縦6.8×横9.9(cm)

ペモ アイディーは、IDホルダーと筆記用具が1つになった商品です。

見た目はただのプラスチック製IDホルダーですが、薄型のペンとメモ用紙が入っています。

ちょっとしたことを書き留めたいときや、人にメモを渡したいとき、筆記用具がなくて困ったことはありませんか?

また、メモはスマートフォンで取る人も、スマートフォンで話しているときに、メモを取りたいと思ったことはないでしょうか。

ペモ アイディーは、そんなとっさに手書きしたい瞬間を助けてくれるアイテムです。

 

仕事がはかどる文房具【ファイル編】

ビュートンジャパン Kakeru-Book

価格 849円(税込)
大きさ 縦31.2×横23.5 背幅0.9 (cm)

ファイルホルダーから、一枚一枚書類を取り出すのが面倒だと感じたことはないでしょうか。

Kakeru-bookは、書類の出し入れの手間を意外な方法で解決したファイルホルダーです。

上下についたフラップ部分で紙を挟むというシンプルな構造で、簡単にファイルしたり取り出したりすることができます。

ファイルしたまま直接紙に書き込むことができるので、書き込んだり修正したりすることが多い書類をファイリングするのにぴったりかもしれません。

 

ニトムズ スタロジー はがせるくっつくファイル

価格 1,188円(税込)
大きさ 縦32.2×横23×1.5(cm)

スタロジーは、掃除用品のコロコロなどで有名なニトムズ社の文房具ブランドです。

「コロコロを作っている会社が文房具を作っているの?」とふしぎに思うかもしれません。

スタロジーの商品には、ニトムズ社がいままで研究してきた粘着テープの技術が多く使われています。

はがせるくっつくファイルは、なんとクリアファイルをそのままくっつけて、一冊のファイルにできるのです。

中とじ部分に粘着テープ面があり、薄いクリアファイルの背の部分を垂直にくっつけるだけで、ファイリングできます。

さらに、粘着力が続くかぎり、何度でも取り外しできるので、ページの入れ替えも簡単です。

仕事では、資料の保管や受け渡しに、クリアファイルを使う機会が多くあります。

なにかと数が増えがちなクリアファイルの管理も、はがせるくっつくファイルがあればお手軽にできるのではないでしょうか。

 

リヒトラブ AQUA DROPs クリップファイル

価格 842円(税込)
大きさ 縦30.9×横23×0.9(cm)

立ったまま記入できるクリップファイルボードとして、高い評価を受けているのがAQUA DROPs クリップファイルです。

ARUA DROPsの特徴は、紙を挟むスライド式のクリップ部分にあります。

スライド式で手軽に紙を挟めるだけでなく、外すときには紙押さえも一緒に上がるので、紙の出し入れもスムーズ

また、折り返しできる表紙カバーがついているので、持ち運ぶときに中身を見られたり、かばんの中で紙が折れ曲がってしまったりといったトラブルも防いでくれます。

表紙カバーにはポケットもついているので、メモや資料を入れておくのにも便利ですね。

シンプルながら使いやすいARUA DROPsは、日本でもっとも大きな文房具展であるISOTの機能部門で、優秀賞を受賞したこともあります。

立ったままなにかを書く仕事をすることが多い方には、強い味方になってくれるのではないでしょうか。

 

少し変わってるけどあったら便利な文房具

サンビー PROJECTOR STAMP

価格 13,500円(税込)
大きさ 直径1.2×長さ6.1(cm)

よく向きを確認して押したはずの印鑑が、わずかに傾いていてもやっとしたことはありませんか?

何度も印鑑を押す仕事をしている人は、いちいち印鑑の向きを確認すること自体わずらわしいと思われているかもしれません。

PROJECTOR STAMPは、そんな印鑑を押すときのわずらわしさを、技術で解決してしまった商品です。

PROJECTOR STAMPには、なんと小型のLEDプロジェクターが内蔵されています。

印鑑を押そうとすると、LEDプロジェクターが印面を紙に映してくれるので、もう印鑑の向きに悩まされることはありません。

一日に何度も印鑑を押さなければならない方は、試しに使ってみてはいかがでしょうか。

 

指サック メクリッコSweet

価格 373円(税込)
大きさ M リングのだ円長径1.4×短径1.2(cm)

「普通の指サックは地味だし、むれて指がくさくなるから苦手」という女性には、メクリッコSweetがおすすめです。

ちょうちょや花がついた指輪のようなデザインが、オフィスワークのテンションをアップしてくれますね。

シリコン製なので、ゴムアレルギーの方も安心です。

リング型なのでむれにくく、汗をかきやすい夏にも活躍してくれるのではないでしょうか。

S、M、Lの3サイズ展開なので、指にあったものを選びましょう。

 

サンスター文具 マルする付箋

価格 520円(税込)
大きさ 長さ6×幅2.4(cm)

オフィスで便利に活躍してくれる付箋。

そのなかでも、マルする付箋は、押印する場所を目立たせることに特化した変わった付箋です。

普通の付箋の先に丸いドーナツ型のシールがくっついたような形をしていて、捺印してほしい場所が一目でわかるようになっています。

最初から台紙に「捺印お願いします」と書かれた種類もあるので、書類にペタッと貼っておくだけで、スムーズに押印をお願いできますね。

 

ナカバヤシ ライフスタイルツール

価格 2,160円(税込)
大きさ 閉じた状態 縦8.8×横8.8×高さ24.5(cm)

デスクの上が筆記用具で散らかったり、引き出しの中がごちゃごちゃしてしまったり、オフィスワークでの収納に悩む方は少なくありません。

そんな悩みを解決してくれるのが、ライフスタイルツールボックスです。

内側にたくさんの収納スペースがついているので、ハサミや付箋などの文房具を整理して入れておくことができます。

使い終われば箱の形に折りたたんでしまえるので、デスクの上に置いておいてもスマートですね。

いちいち引き出しからものを出し入れするのが面倒、という方にもうってつけのアイテムです。

 

最先端文具で仕事を効率化!

Bamboo Slate(バンブースレート)

価格 16,200円(税込)
大きさ 縦24.9×横18.6×厚さ0.7(cm)

手書きで書いたスケッチやメモをデータ化してくれるスマートパッドは、数多く出ています。

そのなかでも、Bamboo Slateは、データ化の手軽さと、書く紙を選ばない、という点が特徴のスマートパッドです。

Bamboo Slateで書いたものをデータ化する方法は、

・専用ペンを使ってパッド上に置いた紙に書く

・ボタンを押す

というたったの2ステップだけ。

そのうえ、どのような紙を使っても手書きした内容を認識してくれる優れもの。

メモを持っていなくても、手元にあったチラシや、付箋のような小さい紙でも大丈夫ですよ。

本体には100枚分のデータが保存できるので、スマートフォンなどを持っていなくても、帰ってからデータをアップロードする、といった使い方もできます。

スマートパッドを使ってみたいけど難しそうと思っている方や、専用用紙を買い足すのが面倒でスマートパッドを使わなくなってしまった方は、Bamboo Slateを使ってみてはいかがでしょうか。

 

まとめ

文房具のおすすめで、仕事に使える文房具を紹介してきましたが、目的に合ったものはありましたか?

デジタル機器が増えた現代でも、文房具の出番は多くあります。

毎日の仕事を快適にしたいのであれば、自分の目的に合った文房具を使うのがおすすめです。

ちょっとした作業の手間を減らせたり、好きなデザインの文房具で気分を盛り上げたりすると、仕事もはかどりますよね。

しかし、文房具は人気のある商品ジャンルなので、ぼう大な数があります。

その中から自分に合った文房具を探すためには、仕事のどんな悩みを解決したいかをはっきりさせておくのが大事なポイントです。

あなたの仕事の悩みをバッチリ解決してくれる文房具を、見つけられるといいですね。

商品の値段は時期によって変わることがありますのでご了承ください。

この記事が気に入ったらシェアしよう!