暖かい部屋は体温をキープできて快適!暖かい部屋の作り方を紹介!

暖かい部屋は体温をキープできて快適!暖かい部屋の作り方を紹介!

寒くなる時期が来る前にやっておきたいこと暖かい部屋を作ることです。

暖かい部屋を作れば、毛布にくるまって寒さにこごえることも少なくなります。

また暖かい部屋にすると電気代の節約にもなるといわれています。

 

そこで暖かい部屋を作るときのポイントを紹介します。

このポイントを押さえることで、暖かい部屋を作るときの参考にしてみてはいかがでしょうか。

 

暖かい部屋の作り方1:厚手のカーテンで寒い空気をシャットアウト

暖かい部屋を作るうえで大切なことは暖まりやすい部屋だけど冷めにくい部屋にすることになります。

暖まりやすい部屋は、昼間に窓から入る太陽光をたくさん取り込むことができる部屋です。

太陽光は、手軽に部屋の空気を暖めてくれる便利なものです。

しかし、夜になると日が沈み外から熱を奪われることになります。

そこで、おすすめしたいものが厚手のカーテンです。

 

厚手のカーテンは、室内の空気と外の空気をシャットアウトします。

外の空気をシャットアウトすると、室内の空気が冷えにくくなります。

このカーテンを使用する時間として日が暮れ始めたころからカーテンを閉じることがおすすめです。

また、厚手のカーテンを利用すると消費電力も下がるといわれています。

このため、電気代も節約することができるでしょう。

 

暖かい部屋の作り方2:暖房の暖かい空気をサーキュレーターで循環

暖かい部屋を作るうえで覚えておきたいこととして、サーキュレーターで空気を循環させることです。

たとえば暖房を動かしているのに、部屋が暖まっていないと感じることがありませんか。

この原因は、部屋の中にある暖かい空気は部屋の上部にたまり、冷たい空気が自分のたちのいる下部にたまっていることになります。

この状態を解決するには、上部にある暖かい空気を下に移動させることです。

この空気を動かすためにサーキュレーターを使用します。

 

サーキュレーターとは、部屋内の空気を循環させるためのものです。

このサーキュレーターを部屋の天井に向けることで冷たい空気を上に移動させて暖かい空気を下に移動させます。

このようにして、空気を循環させることで部屋全体を暖めることができるでしょう。

またサーキュレーターを持っていない場合には、扇風機でも代用することができます。

扇風機を使う場合でも天井に向けて使用します。

 

暖かい部屋の作り方3:ドアや窓の隙間の冷気対策

暖かい部屋を作るときの基本になることがドアや窓の隙間の冷却対策です。

ドアや窓に隙間があると、その隙間から外の冷たい空気が部屋に入ってきます。

そのため窓に隙間がある状態で暖房器具を使っても部屋が暖かくならないでしょう。

 

そこで、部屋を暖かくするのに必要なのがドアや窓の隙間を防ぐことです。

冷気対策として、窓にプチプチを張ることやドアの隙間に隙間テープを張ることがあげられます。

 

窓にプチプチを貼る

窓は外と接しているため、室内の熱が逃げやすいです。

このため、窓からの熱を逃げにくくするために、プチプチを張ることがおすすめです。

プチプチを張ることで窓と室内の空気をシャットアウトして、冷めにくい部屋になります。

 

ドアの隙間に隙間テープなど

寒い部屋によくありがちなのがドアや窓に隙間があることです。

隙間があると直接外の冷たい空気が部屋に入り込んできます。

そのため暖房器具を使っているのに隙間風が寒いと感じるかもしれません。

隙間風を防ぐために、隙間テープで隙間を埋めてしまうことです。

窓は隙間が埋まるようにテープでふさぎます。

ドアの下の隙間は開閉をするためにどうしてもあるので、隙間テープを使用してドアを閉めたときに隙間を防ぐようにします。

 

暖かい部屋の作り方4:加湿器で湿度を上げる

暖かい部屋を作るときにあるとうれしいものが加湿器です。

加湿器とは、部屋の湿度を上昇させるものですが部屋の気温を上げるものではありません。

しかし湿度を上げると体感温度が変わります。

たとえば湿度の高い猛暑だとべっとりとした汗が出たり、より暑いこともあるでしょう。

しかし同じ気温でも湿度の低い場合には汗が蒸発しやすくさっぱりと過ごすことができます。

このように気温が変わらなくても湿度が高くなると感じる気温が変わります。

 

そこで暖かい部屋を作るために設置してほしいものが加湿器です。

部屋の湿度は40~60%ほどが暖かく感じやすいといわれています。

また湿度がとにかく高ければよいということはなく、高すぎるとサウナみたいになります。

湿度が高まると室内で結露が発生する原因になるため注意が必要です。

また家電機器は湿度が高いと機器の内部に結露が発生し、故障の原因にもなったりします。

 

暖かい部屋の作り方5:部屋の明かりを暖色に変える

暖かい部屋を作るときに参考になる意外なこととして、部屋の明かりを暖色に変えることです。

部屋の色を変えたとしても何も変わらないと考える人もいるかもしれません。

しかし照明が赤色の部屋に2分間いるだけで末梢の皮膚温度が上がったといわれています。

 

しかし暖かい部屋を作るために照明の色まで変えることは難しいです。

照明の色を変えなくても暖色系のクッションやベッドカバーを見るだけも皮膚温度が上昇するかもしれません。

もし手軽に暖かさを感じたい場合には、暖色系のアイテムを購入することがおすすめです。

 

暖かい部屋の作り方6:モコモコグッズやカイロで体を温める

暖かい部屋を作るだけでなく防寒グッズを使用して、身体を暖めることも大切です。

防寒グッズはさまざまなものが販売されており、自分にあったものを買うとよいでしょう。

 

モコモコグッズ

モコモコグッズは靴下やスリッパなどのさまざまなものがあります。

靴下やスリッパなどはもこもことしているため、末梢の足が冷えやすい人におすすめです。

1度履いてしまえば、寒さにおびえることなく快適に過ごすことができるでしょう。

費用を安価に抑えたい人も100均で販売されているものがあるので、値段を気にせずに自分が好きなものを選ぶことができます。

 

カイロ

次に防寒グッズとして体を温めることに使えるものがカイロです。

誰しもが一度は使ったことがある製品ではないでしょうか。

現在販売されているカイロは使い捨てカイロと繰り返し使えるカイロがあります。

 

使い捨てカイロは封を開けてから10時間程度温かさを持続します。

使い終わったらゴミとして捨てるだけです。

この使い捨てカイロはどこでも簡単に使うことができる手軽さが特徴的です。

 

対して、繰り返し使えるカイロの一番の特徴は、USBを使用して繰り返し充電をすることができます。

このカイロは5時間程度温かさを持続するそうです。

またモバイルバッテリーとしても使用することができるので、携帯の充電にも使用することができます

 

まとめ

寒い時期が来る前に対策したい暖かい部屋の作り方を紹介しました。

暖かい部屋を作るには、6つのポイントがあります。

そのポイントは、厚手のカーテンで空気をシャットアウトすること、サーキュレーターで空気を循環させることやドアや窓の隙間に冷気対策をすることです。

ほかにも、加湿器で湿度を上げること、明かりを暖色に変えること、防寒グッズを使って体を温めることです。

 

このようにさまざまな対策をすると暖かい部屋にすることができます。

すべての対策をすることは難しくてもできることから対策をしてみてはいかがでしょうか。

この記事が気に入ったらシェアしよう!