洗濯機の3つの選び方を紹介!おすすめ洗濯機も紹介します!

洗濯機の3つの選び方を紹介!おすすめ洗濯機も紹介します!

洗濯機って大きな買い物だし、失敗はしたくない。

でも、どんな商品を選べばいいのかわからない…。

そのような悩みをお持ちの方、こちらの記事を読んでスッキリ解決させちゃいましょう!

この記事では、洗濯機の選び方についての3つのポイントをご紹介します。

さらに、全自動洗濯機、縦型洗濯乾燥機、ドラム式洗濯乾燥機のおすすめ商品もご紹介します。

 

洗濯機を選ぶときの3つのポイント

チェックリスト

洗濯機を選ぶには、以下の3つのポイントを押さえておくことが大切です。

 

全自動洗濯機(簡易乾燥機能付き)と洗濯乾燥機の違い

全自動洗濯機(簡易乾燥機能付き)は、洗濯物を脱水しただけよりもう少し乾燥した状態にまでしてくれる洗濯機です。

簡易乾燥機能で風などを使って衣類を軽く乾燥させてくれます。

完全に乾燥はさせませんが、洗濯しただけの状態よりも乾きやすい状態に仕上がるので、洗濯物が乾きにくい時期などには便利な機能です。

それに対し、洗濯乾燥機は、洗濯機と乾燥機の機能を持ち合わせています

乾燥機の機能としてヒーターが搭載されており、衣類を完全に乾かすことができます。

別個乾燥機を購入する必要がないので、洗濯機も乾燥機も必要とされている方にはおすすめの商品です。

 

縦型とドラム式の違い

全自動洗濯機(簡易乾燥機能付き)にも、洗濯乾燥機にも、縦型ドラム式の商品があります。

縦型は従来からある洗濯機の形で、長方形のボディの上部に扉が付いているものが一般的です。

ドラム式は、長方形や立方型のボディをしていて、前面に丸い扉の付いているものが多いです。

縦型とドラム式の見た目が違うのは、その機能が異なるから。

洗浄力に関しては縦型ドラム式に関わらず、それぞれの商品によって異なってきます。

では、縦型とドラム式の機能の違いについてチェックしてみましょう。

 

洗い方

縦型

機内の底に取り付けられた羽で水流を起こし、もみ洗いで洗濯をします。

羽(パルセーター)による高速回転で洗うので、洗剤液が衣類の繊維まで浸透します。

優しくかつしっかり洗えるのが特徴です。

 

ドラム型

ドラム型の機内で、たたき洗いともみ洗いを組み合わせて洗濯します。

洗濯物が絡まることが少ないので、衣類の損傷が比較的心配いりません

 

使い方

縦型

おろしたての色柄物の衣類を洗う場合は、色移りを避けるため分けて洗った方がよいでしょう。

重曹は、水漏れや故障の原因となる可能性があるので使用しないようにします。

また、液体せっけんや粉せっけんは、予約洗濯での使用はオススメしません。

洗濯開始までに、洗濯槽で投入しておいたせっけんが固まってしまう可能性があるためです。

予約なしで使用する場合も、ぬるま湯で溶かしてから使用したほうが良いようです。

洗剤や柔軟剤は、決められた使用料を投入するようにしましょう。

十分なすすぎができなくなったり、泡が床に飛び散ったりしてしまうことがあるためです。

 

ドラム式

ドラム式では洗濯に使うための水量が少ないため、洗濯物同士の色移りが起こる可能性があります

特に、おろしたての色柄物の衣類を洗う場合は、色移りを避けるため分けて洗った方がよいでしょう。

この点は、縦型と同じですね。

また、粉せっけん、重曹は、詰まりや故障の原因となる場合があります

液体せっけんは予約洗濯での使用は避けたほうが良いようです。

縦型と同じく、洗濯開始までに投入しておいた液体せっけんが固まってしまう恐れがあります。

予約なしで使用する場合も、ぬるま湯に溶かしてから使用した方が無難です。

 

経済面について

節水できる商品をお探しの方には、断然ドラム式がおすすめです。

ドラム式は、その機能の特徴として、たたき洗いともみ洗いを組み合わせて洗濯をします。

そのため、洗濯のための水が少なくて済むのです。

一方、縦型は衣類を回転されることによってもみ洗いをするものが基本なので、必要とする水の量はドラム式に比べて多くなります。

しかし、洗濯物をこすり合わせて洗うため、泥などのしつこい汚れには縦型での洗い方が効果的だといえます。

縦型でも、節水の機能にこだわった商品も出てきているので、気になる方はチェックしてみてくださいね。

また、洗濯機本体の価格については、ドラム式のほうが価格の高いものが多いようです。

それぞれのライフスタイルに合わせて、はじめの購入資金はかかっても普段は節水できるドラム式か、比較的お手ごろな価格で商品を購入しもみ洗いで汚れを落とす縦型かを選ばれたらよいのではないでしょうか。

 

サイズやとびらの開き方を事前にチェック

大きなサイズの家電を買う際、必ずチェックしておきたいのがそのサイズです。

せっかく選んで購入した商品が、いざ届いたら家に入らなかったり、置くスペースが合わなかったりして、結局返品に…なんていうことは、なるべく避けたいですよね。

そのようなことにならないためにも、ご自宅内の搬送口や、置くスペースを考えておく必要があります。

サイズはドラム式の方が縦型と比べ、大きいものが多いようです。

縦型については、小型のものが多くはありますが、それでもサイズの確認はしておいた方が安心です。

扉については、ドラム式は扉が前に付いているので、前に開いて使用します。

ドラム式の洗濯機を設置する際は、前に扉を開けられる分のスペースが必要です。

なお、扉の開閉方向は左右選べる商品が増えてきています。

一方、縦型は扉が上に付いていて、上に開いて使用します。

ですので縦型の場合は、洗濯機の上のスペースにある程度の余裕が必要です。

 

乾かし方

ここでは、洗濯乾燥機についての乾かし方の違いについて確認しましょう。

洗濯乾燥機での衣類の乾かし方にも、縦型とドラム式での違いがあります。

大量の洗濯物を時短で乾かしたいという方には、ドラム式がおすすめです。

縦型はヒーターで衣類を乾燥させるのに対し、ドラム式にはヒートポンプ乾燥、ハイブリット乾燥、ヒーター乾燥の

3つの乾かし方があるためです。

ヒートで乾燥する縦型では、ヒーターから排出する温風が循環し、衣類を乾かします。

この乾燥方法はシンプルですが、衣類が傷んだり、縮んだりする可能性があります

また、乾燥まで比較的時間がかかるため、電気代がかかりやすいという点も考えられます。

それに対し、ドラム式では、お好みに合わせて3つの乾燥方法から商品を選ぶことができます。

ヒートポンプ乾燥では、空気の除湿をしながら低温で乾燥させるため、衣類の縮まりを防ぐことができます

ヒーター乾燥は、乾燥時に発生した水蒸気を水で冷やして排出するので、カラッとした仕上がりが期待できます。

また、近年開発されたハイブリット乾燥では、ヒートポンプでの乾燥と合わせ、サポートヒーターが、乾燥の始めと最後に作動することで、カラっとした心地の良い乾燥が可能になります。

乾かし方に注目すると、ドラム式の方が有能なようにも感じられますが、洗濯機能や使用方法など、トータルでそれぞれの商品のメリット・デメリットを見極めて商品を選びたいところですね。

 

全自動洗濯機のおすすめ6選

コインランドリー

全自動洗濯機のおすすめ6点です。

全自動洗濯機は、洗濯機能のみの洗濯機です。

脱水よりも乾いた状態にしてくれる簡易乾燥機能が付いている商品もあります。

 

パナソニック NA-FA100H6

価格 127,120円(税込)
大きさ 1098×686×582(mm)

2つの水流で、衣類をしっかり洗える「パワフル滝洗いコース」を搭載した商品。

Panasonicが洗剤、水、機械の3つの視点にこだわり開発した技術と相まって、高い洗浄力を発揮します。

搭載されているポンプが、洗剤を素早く泡立て、さらにふりかけることにより洗濯能力を高めます。

容量は10kg、ブラウンとホワイトの2色展開です。

 

ハイアール JW-C55BE

価格 22,000円(税込)
大きさ 526×888×500(mm)

1.5kgまでなら10分で洗濯を完了できちゃうお急ぎコース機能がおすすめの商品。

しわを防ぐしわケア脱水モードや、衣類の絡まりを防いでくれる風乾燥機能も付いています。

洗濯槽は黒カビが発生しにくいステンレス製、予約は24時間後まで設定できちゃう心遣いです。

容量は5.5kg、カラーは清潔感あるホワイトの商品です。

 

日立 ビートウォッシュ BW-V80B

価格 98,000円(税込)
大きさ 608×610×1,000(mm)

ムラなく洗剤液を散布する大きな水量と、洗濯槽底部の羽(ビートウィングX)が実現する細やかな洗いが特徴の商品です。

つけおきモードなら、洗剤液につけおきしながら丁寧な洗濯で、黄ばみも予防できます。

自動おそうじ機能搭載で、衣類の投入口は38cmと大幅で使い勝手も良い商品です。

7kg~10kgまで選べる容量と、色の種類もホワイト、ブルー、シャンパン、ピンクと豊富なんですよ。

 

シャープ ES-GA5B

価格 42,000円(税込)
大きさ 565×540×890(mm)

コンパクトボディながら洗浄力は抜群、パワフルな商品です。

洗浄力の秘密はその水量、洗い始めを少ない水量にすることで洗濯液の濃さを保ち、洗浄力を引き出します。

運転終了の時間設定ができる予約ボタンで、24時間後までの予約が可能

容量は5.5kg、ホワイトのカラーの商品です。

 

maxzen JW06MD01WB

価格 21,800円(税込)
大きさ 555×525×920(mm)

シンプルな操作パネルなので、洗濯の設定が簡単で使い勝手の良い商品です。

洗い、すすぎ、脱水の選択項目は各4つで、シンプルならではの簡単操作が可能。

洗濯槽の臭いや排水不良を防止する槽洗浄や、絡みにくい風乾燥機能も搭載しています。

容量は6.0kg、白いボディに黒いトップの扉でモノトーンなデザインも特徴的な商品です。

 

AQUA AQW-FV800E

価格 90,954円(税込)
大きさ 595×625×860(mm)

ドラム式の全自動洗濯機ならではの節水性能で、使用水量は標準57Lのコスパが嬉しい商品。

泥んこ汚れもしっかり落とせる、予洗いコース機能搭載

40℃洗浄のつけおきコース、60℃除菌コースもあり、しっかり汚れを落としてくれます。

容量8.0kg、ドラム式ならではの丸い扉がかわいい白いボディです。

 

縦型洗濯乾燥機のおすすめ3選

洗濯

日立 ビートウォッシュ   BW-DV100C

価格 99,980円(税込)
大きさ 650×645×1060(mm)

大水量と、高度な洗浄力が特徴の日立ビートウォッシュの、洗濯乾燥機タイプの商品です。

こちらの商品も、洗濯槽底部に搭載された羽(ビートウィングX)が細やかな洗濯をしてくれます。

乾燥機能には、1.5kg分なら洗濯から乾燥まで約98分でできちゃうおいそぎコース機能もあります。

容量は5.5kg、なかなかないシャンパン色の商品です。

 

シャープ ES-PU10C-T

価格 143,000円(税込)
大きさ 600×650×1020(mm)

毎秒約3万8千回の超音波振動による洗浄力が、高度な洗濯技術を発揮する商品です。

超音波の振動で作られた小さな泡が、水中ではじけるとともに汚れも弾き飛ばしてくれます。

わずか10分で洗える10分洗濯コースも、超音波で洗うのできれいが実現します。

容量は10kg、カラーはブラウン系、シルバー系、ピンク系の3色展開で、カラフルなデザインをお求めの方には嬉しい商品です。

 

パナソニック NA-FW120V1

価格 190,090円(税込)
大きさ 672×643×1073(mm)

縦型初の、温水専用のヒーターが搭載された商品です。

温水専用のヒーターが直接洗濯液を温めるので、衣類への浸透力が高まります。

洗い方は4つのコースから、目的や洗う衣類の種類に応じて選ぶことができます。

容量は12kg、グレーのボディにトップのクリアな黒い扉がシックな商品です。

 

ドラム式洗濯乾燥機のおすすめ5選

コインランドリー

日立 ビッグドラム BD-NX120BL

価格 311,040円(税込)
大きさ 735×620×1060(mm)

奥行きが62cmとスリムなので、場所を取らない洗濯乾燥機です。

大きなドラムと高速の風で乾燥させるので、乾かした衣類をそのまま着て出かけることができるほどシワがつきません

ガンコな汚れにも作用する大水流や、自動おそうじ機能も付いています。

容量は12kg、白いボディに黒い丸扉の、レトロな雰囲気のある商品です。

 

東芝 TW-127X7L-T

価格 304,080円(税込)
大きさ 645×750×1060(mm)

繊維のすき間まで入り込む、ナノサイズの泡を作りだす機能が搭載された商品です。

独自の技法で生み出されるナノサイズの泡が、洗剤の洗浄成分を分解し、洗浄能力を高めてくれます。

左開き・右開き両方のタイプがあるので、お部屋で置くスペースに合わせたかたちのものも選べちゃいますよ。

12.0kgの大容量、カラーはシックなグレインブラウンのほかに、爽やかな雰囲気のグランホワイトがあります。

 

パナソニック NA-VX9900R

価格 364,800円(税込)
大きさ 639×1058×722(mm)

ドラム槽の底部搭載のヒーターで洗剤液を温めて洗うので、高い洗浄力を期待できる商品です。

洗剤液の温度や洗い方を7段階で選べるモード搭載のこだわりです。

扉も右開きと左開きがあるので、お部屋に合わせて商品を選べます。

容量は11.0kg、レトロで落ち着いた雰囲気のノーブルシャンパンと、クリスタルホワイトの2色展開です。

 

シャープ コンパクトドラム ES-S7C-WL

価格 130,000円(税込)
大きさ 596×1039×600(mm)

マンションにもよりますが、縦型の洗濯機を置くための一般的なスペースにすっきり収まるコンパクトな商品です。

洗濯物の布質、温度、量などを察知する4つのセンサーが搭載されていて、洗濯状況を見極めて省エネ・節水運転をしてくれる優れものです。

静音設計の回転モーター搭載、洗濯後にはプラズマクラスターイオンを洗濯槽へ自動で放出します。

また、搭載されているプラズマクラスター消臭コースでは、自宅で洗えないデリケートな衣料やぬいぐるみや皮靴を、水で濡らさずに消臭もできちゃいます。

容量は7.0kg、ホワイトのボディに黒い丸扉が引き立つ商品です。

 

パナソニック キューブル  NA-VG730L-S

価格 253,760円(税込)
大きさ 639×600×1050(mm)

珍しいキュービック型のボディに使いやすい機能の詰まった商品です。

レゴブロックを思い浮かべるような立方体のデザインが、お部屋の空間を演出してくれます。

デザインだけでなく、ヒーターで温め泡立てた洗濯液でのパワフル洗浄も侮れません。

乾燥機能は衣類に優しい低温乾燥、洗濯するたびの自動お手入れで洗濯槽の黒カビ抑制にも配慮。

容量は7kg、ブラストシルバーの色デザイン共に洗練された商品です。

 

まとめ

洗濯機を選ぶうえでのポイントを確認し、おすすめ商品をご紹介しました。

洗濯機には大きく分けて、全自動洗濯機と洗濯乾燥機、縦型とドラム式の、サイズ・扉についての3つの選別方法があります。

これらの点を押さえ、ご自分のライフスタイルに合った商品はどのようなものかを見極めて、商品を選ぶことが公開のないお買い物のコツかと思います。

洗濯機能や乾燥機能、大きさやデザインまで、洗濯機を選ぶうえでこだわりたい部分はそれぞれ異なるはずです。

ご自身やご家族の衣類を洗い、清潔で快適にしてくれる洗濯機。

お気に入りの1品に出会うためのサポートとなったなら、幸いです。

この記事が気に入ったらシェアしよう!