真冬にキャンプ?実は魅力満載の真冬のキャンプについて解説します!

真冬にキャンプ?実は魅力満載の真冬のキャンプについて解説します!

近年、ソロキャンプが話題に上ることが多いなど、キャンプの人気が高まっています。

そのキャンプといえば夏、もしくは春や秋の過ごしやすい季節に行うのが一般的ですよね。

真冬にキャンプを行うというのはあまり聞いたことがない方が多いのではないでしょうか。

たしかに、真冬という極寒の中、テントで寝るというのは考えただけでも身が凍る思いがします。

しかし、実際には真冬のキャンプは他の季節にはない魅力が満載なのです。

本コラムでは、その真冬のキャンプの魅力について、そのメリットや持ち物、知っておくべき情報とともにご紹介します。

これを読めば、あなたもきっと真冬のキャンプに行きたくなるはずです。

 

真冬キャンプのメリット

 

真冬のキャンプのデメリットは?と聞かれたら、誰もが「寒さ」と即答するでしょう。

しかし、メリットは何かと聞かれると思い浮かばないという方もいらっしゃるはずです。

ここでは、あまり思い浮かばない真冬のキャンプのメリットについてご説明します。

 

スノーボードやスキー

冬といえば、ウインタースポーツです。

スノーボードやスキーなどのウインタースポーツをする人にとっては、この真冬のキャンプは非常に魅力的でしょう。

単純にゲレンデとキャンプサイトが併設しているスキー場では、キャンプサイトからゲレンデまですぐに行けるだけでなく、キャンプサイトには炊事場やトイレも設置してある所もあります。

また、スキー場によっては、ゲレンデの一角を借りてテントを建て、ゲレンデキャンプが楽しめる場所もあります。

日中はスキーやスノーボードを楽しみつつ、疲れたらテントで休んだり、ゲレンデのレストランで食事をとったりできます。

また、小さなお子さんを連れている場合はそりや雪遊びなどで楽しめます。

そして夜にはテントで過ごしましょう。

周りが雪に囲まれた非現実的な空間で過ごすひと時は、きっと素敵な思い出になることでしょう。

 

満点の星空がみえる

冬の夜空を見上げると、他の季節よりも星がきれいに見えますよね。

冬は星がきれいな季節。

それがキャンプ場やスキー場ならなおさらです。

冬の時期はオリオン座がくっきりと見え、おうし座流星群やしし座流星群、冬の大三角などの美しい星々や星座を見ることができます。

裸眼でももちろんきれいですが、おすすめは天体望遠鏡を持っていくことです。

これもまた息を飲むほどの美しさです。

これまで見たこともないような満点の星空と、それを家族や恋人、友達と見た思い出は、あなたの心に深く刻まれることでしょう。

 

薪ストーブで仲間と団らん

キャンプといえば、火を囲んで暖をとったり食事をしたりする光景は誰しも頭に浮かぶことでしょう。

冬キャンプで暖をとったり食事をしたりする際におすすめなのは「薪ストーブ」です。

薪ストーブは、もともと昔ながらの冬キャンプの道具で初心者には少しハードルが高いものです。

しかし、それをつかいこなせたらもう手放せなくなるくらいの魅力を薪ストーブは備えているのです。

まず、薪ストーブの一番の魅力はその温かさです。

キャンプで使えるアウトドアストーブは3種類あります。

石油ストーブ、ガスヒーター、薪ストーブです。

そのなかで最も暖かいのが薪ストーブです。

またそのデザインも、どこか懐かしさを感じさせるもので仲間と過ごすキャンプの雰囲気にぴったりです。

そして、薪ストーブを使って料理もできます。

薪ストーブの上にフライパンやダッチオーブンなどを乗せることで、煮る、焼く、蒸す、ゆでる、などさまざまな調理法でさまざまな料理を作ることができます。

ちなみにダッチオーブンとは蓋に炭火を乗せられるようにした鍋のことです。

薪ストーブとの相性がよく、雰囲気も出るのでおすすめです。

 

真冬キャンプに持っていくべきグッズ

 

続いて、真冬のキャンプで用意すべきグッズをご紹介します。

基本的には他の季節のキャンプと同じですが、寒さ対策としてこれらは持っていく必要があるでしょう。

 

冬用テント

冬の夜というだけでも寒いですがキャンプ場は標高が高いことも多いため、さらに冷え込みます。

まずはその極寒に耐えるための冬用テントを準備しましょう。

冬用テントには、大きく分けて3種類あります。

 

ツールームテント

ツールームテントとは、テントとタープが一体型になっているテントのことです。

一体型になっていることによって、寝室とリビング共に暖かく過ごせます。

食事もテント内でできるので便利です。

 

ティピーテント

ティピーテントは、三角形のテントの頂上にベンチレーターがあるのが特徴です。

テント内の中央で調理をしたり暖をとっても煙のみを逃して熱は逃がしにくい構造になっています。

見た目のアレンジもしやすいのが特徴です。

 

コットンテント

コットンという性質があるため、通気性に優れ、結露の心配がない点がおすすめです。

また、テント内でストーブが使えるので暖かく過ごせます。

 

寝袋

キャンプをよくされる方ならば寝袋は持っているかと思いますが、冬キャンプでは冬キャンプ用の寝袋を買うようにしましょう。

寝袋には、マミー型と封筒型がありますが寒さに強いのはマミー型です。

また中綿は化学繊維とダウンがありますが、ダウンを選びましょう。

寒さに強い分、少し割高にはなりますがキャンプの快適な睡眠を得るために、ぜひマミー型でダウンの寝袋を買うようにしましょう。

 

カイロやライター

寒いときに使う定番といえばカイロですね。

ただ、カイロには注意する必要があります。

それは、使い捨てカイロではなくハクキンカイロを使うことです。

なぜかというと、使い捨てカイロが暖かくなるためには酸素があることが必要ですが空気に触れにくい寝袋の中だと暖かくなりにくいからです。

肝心な時に温かくないということがないように、カイロはハクキンカイロを使いましょう。

これは簡単に言うと燃料によって温かくなるカイロのことです。

ベンジンという燃料を使うことで、一定温度を24時間保てるだけでなく何度も使えるので経済的です。

ライターについては、他の季節よりも火が付きにくい場合があります。

焚火の際やストーブに着火するさいに気温が低くても着火できるようなものを選ぶようにしましょう。

 

ストーブ

先に述べた薪ストーブだけでなく、石油ストーブやガスヒーターなどもあります。

薪ストーブはたしかに暖かいですが扱いづらいというデメリットもあります。

石油ストーブは薪ストーブよりは暖かさは落ちますが、灯油を入れてボタンを押すだけで暖かくしてくれるので、手軽さを求める人にはおすすめです。

ガスヒーターは石油ストーブよりもさらに暖かさは落ちます。

しかし、持ち運びしやすく扱いも簡単、さらに値段も安いので1人の場合は考えてもよいかもしれません。

 

真冬キャンプをする前に知っておくべきこと

 

真冬キャンプをするにあたり、注意しておくべきことについてご説明します。

 

薪ストーブでテントに穴が!?

寒い中では、とても暖かい薪ストーブは重宝します。

しかし、何も考えずに燃やし続けると煙突から火の粉が飛び、テントの上部に穴が開いてしまうことがあります。

使う際には、定期的に薪ストーブの様子をチェックしておきましょう。

 

灯油ストーブの燃料漏れは要注意

灯油を使う灯油ストーブの取り扱いにも注意しましょう。

たとえば車に灯油ストーブを積んで激しい山道を通ると、その衝撃でストーブから灯油が漏れることがあります。

また、灯油を継ぎ足す際に灯油がこぼれることもあるかもしれません。

灯油がこぼれると危険なだけでなくにおいもなかなか取れません。注意しましょう。

 

まとめ

ここまで読んでいただく中で、真冬にキャンプをすることのよさがわかっていただけたのではないかと思います。

ウインタースポーツも一緒にできる、満点の星空を見られる、薪ストーブというアイテムがもたらす雰囲気などをメリットとして紹介しました。

食事や朝の空気の清々しさなど、それ以外にもやってみてわかる冬キャンプのメリットはたくさんあります。

これを読んで興味をもたれた方は、ぜひ真冬のキャンプに挑戦してみてください。

この記事が気に入ったらシェアしよう!