美味しいカニの選び方|大事なのは値段じゃない?種類別のポイントとおすすめ調理法をご紹介!

「品質の高いカニってどうやって選べばいい?」
「カニっていろんな種類があるけどどう選ぶべき?」

良いカニの選び方は、一見高級なものだと間違いないように感じるかもしれません。

まずこれだけはお話しておきたいのですが、「カニは値段だけで選ばないようにしましょう!」

良いカニは、見た目はもちろんですが実際に触ってみたりすると分かることもたくさんあるんです。

この記事では、良いカニの選び方から食べたい部位や料理に合わせて選ぶべき種類についてもご紹介していきますので、最大限カニを楽しむためにぜひ参考にしてみてください。

良いカニの特徴と選び方

まずは、カニの種類問わず良いカニを選ぶポイントからご紹介します。
市場やスーパーなどでカニを選ぶ際は、以下の3つのポイントに注目しましょう。

良いカニを見極める3つのポイント

  • 甲羅が硬いもの
  • ずっしり重い物
  • 色とニオイで選ぶ

良いカニの選び方その1:甲羅が硬いもの

良いカニを選ぶ際には、甲羅が硬いものを選ぶようにしましょう。
カニは脱皮直後甲羅が柔らかく、徐々に硬くなり身の詰まりが良くなっていきます。

脱皮直後のカニは「ソフトシェルクラブ」としておいしく食されていますが、スーパーや市場で良いカニを選ぶなら、甲羅が硬いものがおすすめです。

補足
カニの甲羅が硬いかどうかは、「カニビルの卵」(カニの甲羅に付着した黒いブツブツ)の付き具合でも確認することができます。
カニビルは「固いもの」に卵を産み付ける習性をもっているため、甲羅にカニビルの卵が大量に付いているカニは、脱皮から時間が経って身が詰まっているおいしいカニだと判断することができます。

良いカニの選び方その2:身がずっしり重いもの

良いカニは、同じぐらいのサイズでも、身が詰まっていると「重い」です。
そのため、カニの重さを比べるのも、良いカニを選ぶ大切なポイントです。

また、ずっしりと重いカニはカニミソもたっぷり詰まっているので、カニミソの量を見極めるうえでも重さは大事です。
他のカニと持ち比べてみて、サイズの割に軽いカニは避けるようにしましょう。

※カニの甲羅の硬さや重さを確かめる時は、勝手に触る前にお店に確認をとってからにしましょう。

良いカニの選び方その3:色とニオイで選ぶ

良いカニを選ぶには色とニオイにも気をつけて選ぶのがおすすめです。
鮮度の高いカニはキレイな赤色をしていますが、カニは鮮度が落ちていくにつれて茶色っぽくなってしまいます。
加えて鮮度が低くなるにつれて腐敗臭がしてくるので、「不快なニオイ」がするものも避けたほうがよいです。

参照;マルヨダイレクト

カニのどこを食べたいかによって選ぶべき種類が違う

カニのどこを食べたいかによって選ぶべき種類が違うここまでは、品質が良いカニの選び方をご紹介してきました。
ただズワイガニ、タラバガニなど「どのカニを選ぶか?」にお悩みの方もいますよね。
カニの種類の選び方は「カニの身をたっぷり食べたい」「カニミソを味わいたい」など、カニをどう味わいたいかで選ぶべき種類も変わってきます。

カニの身だけを味わいたいならタラバガニがおすすめ

日本で食べられている食用ガニは、種類によって味や特徴が大きく異なります。
ずばり、カニの身をしっかり味わいたい人におすすめなのは「タラバガニ」です。

王道のズワイガニももちろんおすすめですが、タラバガニは他の種類に比べてサイズが大きく、身が大きいので焼きガニなどカニの身が主役の料理にピッタリです!

ただしタラバガニはカニミソがほとんど入っていないので、カニミソも楽しみたい方はズワイガニを選びましょう。

また、タラバガニは国内だと北海道のみでしか水揚げされず、他ではロシアやアラスカなどが主な産地です。
生のタラバガニを楽しみたい人は、旬である4月から6月と11月~2月の間に食べるのがおすすめです。

カニミソを味わいたいなら毛ガニがおすすめ

カニのミソをしっかり味わいたいという人は、毛ガニを選ぶのがおすすめです。
毛ガニは他のカニに比べてサイズは小さめですがカニミソの割合が多いので、たっぷりとカニミソを食べられます。

また、カニミソに身を付けて食べる「贅沢食い」ができるのは、毛ガニだけです。

通販サイトでは毛ガニのむき身などは販売していないので、自分でさばく必要はありますが、カニミソをたっぷり味わうことができますよ。

さらに毛ガニは北海道が産地のイメージがありますが、日本海側では島根、太平洋側では茨城県までが産地になっています。

毛ガニは1年中水揚げされるので、「この時期にしか食べられない」ということはありません。

身もミソも味わいたいならズワイガニがおすすめ

カニの身もミソも味わいたい方は、身が柔らかく旨味が強いズワイガニがおすすめです。
ズワイガニはカニミソもしっかり含まれているので、カニミソと身をバランスよく味わえます。

またズワイガニは、国内外共に広く水揚げされているので、リーズナブルに購入しやすいです。

ズワイガニは通販サイトでも脚だけの商品や、1杯丸ごとの商品もそろっているため、味わいたい部位に応じて好きに選べますよ。

そしてズワイガニの旬は11月から5月ですが、水揚げされる地域によって異なるので購入する前にチェックしておきましょう。

各カニの旬について、以下の記事で詳しく解説しています。

関連記事

「カニの旬は冬だと思うけど、夏のカニはどうなの?」「旬のカニはどうやって料理するのがいいの?」 年末年始や特別な日にカニを食べるなら、旬の時期に一番美味しく食べたいですよね。 日本で食べられているカニは、ズワイガニ・タラバガニ・[…]

タラバガニのむき身

食べたいカニ料理に合わせて選ぶ

食べたいカニ料理に合わせて選ぶ

カニは基本的に、ボイル、生、活きの状態で販売されていて、主に保存可能期間や旨味の詰まり具合が違います。

カニの食べ方に合わせて選ぶことでより美味しくいただくことができますよ。
それぞれどのような場合に選んだら良いかを解説してきますのでぜひ参考にしてみてください。

解凍後そのまま食べたりサラダに使いたいならボイルがおすすめ

カニの調理に自信がない人や調理が面倒なら、ボイルがおすすめです。
というのも、ボイルされたカニは調理せずに解凍後すぐ食べられるので手軽なのです。

さらに一度火を通しているのである程度冷凍保存が効きます。

ただしボイルされたカニは、再度熱を加えてしまうとパサパサになりカニの旨味が損なわれてしまうので、カニ鍋などにはあまり適さないので注意しましょう。

また、冷凍状態で届くカニはゆっくりと冷蔵庫で解凍することで美味しく食べることができます。

しゃぶしゃぶ・焼きガニなら生がおすすめ

カニのバター焼きやカニの酒蒸しなど、カニの身が主役の料理には「生」のカニがおすすめです。

生の状態で冷凍されているので、あまり日持ちはしませんが、旨味がしっかり詰まっているため、解凍して調理するのに向いています。

ただし生でも、火を通しすぎてしまうと旨味が逃げてしまうので、もしかに鍋にするなら、煮込みすぎには注意しましょう。

参照:execiteニュース

刺身で食べたいなら活きがおすすめ

カニの刺身を味わいたいなら、「活ガニ」がおすすめです。

カニ通販サイトでは「活き」の状態であまり販売していませんが、直営店なら活きたカニを送ってくれる場合もあります。

活きはカニが生きた状態で冷凍もしていないので、届いてすぐ食べる必要がありますが、新鮮さを味わうのに適しています。

活きガニはカニ刺しをどうしても食べたい方におすすめで、しゃぶしゃぶやカニ鍋を味わいたいだけなら、生冷凍のほうをおすすめします。

通販サイトでカニを購入するときのポイント

通販サイトでカニを購入するときのポイント

良いカニを売っている市場が近くにない。リーズナブルで日持ちするカニを購入したい時に、カニ通販サイトは便利です。

ただ通販サイトでは実物のカニを見て購入できないので不安ですよね。そのほかにもこんな悩みがあると思います。

写真より小さいカニが来るのではないかと不安
身がスカスカだったらどうしよう…
そもそも希望日に商品が届くか不安

そんな通販サイトに対する悩みを解決し、失敗しないためのポイントをご紹介していきます。

口コミやレビューを見て選ぶ

通販サイトでカニを購入するときには、まず口コミやレビューを見て「実際に購入した方が満足できたか」を知ることが大事です。
実際の声を聞くことで、その通販サイトのカニの品質を確かめることができます。

カニなどの食品においては、多くの口コミやレビューは参考になりますよ。

また、可能なら最新の口コミを参考にしたほうが良いです。なぜなら、カニは毎年の水揚げ状況によって大きさや身入りが違うため、古い口コミだとあまりあてにならない場合があるからです。

殻を剥くのが面倒ならむき身を選ぶ

カニの通販サイトでは、実物が見えない変わりに便利で食べやすいむき身(ポーション)が購入できます。
解凍してそのまましゃぶしゃぶなどでおいしくいただけますよ。

また殻が半分だけついて食べやすいように加工されている「半むき身」であれば、しゃぶしゃぶやそのまま食べるのではなく焼きガニも楽しめます。

さらにむき身はすでに中身が見えている状態なので、ごまかしがきかない商品でもあり、業者のクオリティを確認するのにもピッタリです。

口コミと合わせて確認することで、通販で失敗するリスクをさらに回避することができます。

旬の時期に購入する

カニを通販サイトで購入するなら、旬の時期がおすすめです。
なぜなら、旬の時期はカニのかき入れ時で競争も激しくなるため、価格が安価になる傾向があるのです。

ただ通販サイトでは、産地で水揚げされた直後にカニを急速冷凍加工しているため、「旬に獲れたカニとはかぎりません」
あくまで、リーズナブルに購入するためのポイントと覚えておきましょう。

▼カニの旬について、詳しくは以下の記事で解説しているので、ぜひ参考にしてみてください。

関連記事

「カニの旬は冬だと思うけど、夏のカニはどうなの?」「旬のカニはどうやって料理するのがいいの?」 年末年始や特別な日にカニを食べるなら、旬の時期に一番美味しく食べたいですよね。 日本で食べられているカニは、ズワイガニ・タラバガニ・[…]

タラバガニのむき身

サイトの実績は確認しておこう

カニ通販サイトで利用者が多く、満足度が高いところは、通販ショップ大賞などを受賞した実績があるはずです。

実績がある=多くの利用者がいてそれなりに評価が高いという証明になるので、信頼できる通販サイトを探すときに大事なポイントとなります。

たとえばカニ通販サイトの大手「かに本舗(匠本舗)」では、ネットショップ大賞10年連続1位の実績があり、全体的な満足度も高いです。

また楽天市場の毛ガニ部門で大賞を受賞している「かにまみれ」は、毛ガニのクオリティと満足度の高さに自信を持っています。

まとめ

この記事ではあらゆる角度からカニの選び方をご紹介してきましたが、改めてポイントを整理していきます。

  1. 甲羅が硬いカニを選ぶ
  2. ずっしり重たいカニを選ぶ
  3. 色やニオイで選ぶ
  • 身をたっぷり味わいたい⇒タラバガニorズワイガニ
  • ミソを味わいたい⇒毛ガニ全体的に味わいたい⇒ズワイガニ

そのまま・サラダなどで食べたい⇒ボイルガニ

しゃぶしゃぶ・焼きガニで食べたい⇒生ガニ刺身⇒活きガニ

カニを最大限おいしく食べるために、以上の選び方をぜひ参考にしてみてください。