日本の食用ガニの旬!4種類が一番おいしい時期と通販購入について

カニを食べるなら、旬の時期に美味しく食べたいですよね。

一般的に日本で食べられているカニの旬は冬が多いですが、じつはカニの産地によって旬が違います。

「カニの旬は種類によって違う?」「旬のカニはどうやって料理するのがいいの?」

そこで今回は、日本で食べられている食用ガニの旬と身の特徴、そしておすすめの食べ方についてまとめましたので、ぜひ参考にしてみてください。

日本の食用ガニ4種類の旬

カニは非常に多くの種類が存在しますが、日本で食べられているカニは主に以下の4種類です。

  1. ズワイガニ
  2. タラバガニ
  3. 毛ガニ
  4. 花咲ガニ

各カニの具体的な旬はもちろん、身の特徴やどう食べるのがおすすめなのかも見ていきましょう。

ズワイガニの旬

ズワイガニ

ズワイガニの旬は基本冬ですが、日本海側で獲れるものと北海道側で獲れるもので旬が違います。

日本海側で獲れたズワイガニ⇒12月~翌年3月
北海道で獲れるズワイガニ⇒4~5月

参照:ぐるすぐり

旬のズワイガニは旨味が特に強く食感も柔らかめのため、刺身はもちろんカニしゃぶなどカニ本来の味を楽しむ食べ方がおすすめです。

またズワイガニは北海道をはじめ、兵庫や鳥取など国内でも漁獲量が多く、サイズが大きめなオスのほうが値段が高い傾向があるため、しっかり贅沢したいならオスがねらい目です。

タラバガニの旬

タラバガニ

タラバガニの旬は年に2回あり、4月~5月と脱皮を終えてしっかり身が詰まる11月~2月です。

水揚げの時期によりますが、タラバガニは身の甘みが増してぎっしり詰まっている時期に食べるのがベスト。

ヤドカリの仲間なのでカニ味噌が入っていませんが、焼きガニやボイルでカニの身をしっかり味わえる調理法がおすすめです。

毛ガニ

毛ガニ

毛ガニの産地は北海道中心なのですが、各地で漁期が異なります。北海道産でもオホーツク産なら流氷が溶ける4~5月。

十勝・釧路産の毛ガニなら1~3月ごろとなっています。

そのためほぼ通年水揚げされていて、夏でも冬でもおいしくいただけるカニです。

参照:旬の食材百科

毛ガニはズワイガニやタラバガニに比べるとサイズが小さめですが、脱皮してしっかり時間が経ち、身もミソも詰まっているものならそのまま「茹で」でおいしく味わうことが可能です。

花咲ガニ

花咲ガニ

花咲ガニは、北海道の根室半島側でしか獲れず、希少価値が高いです。そのため漁は7~9月ごろまで制限されていて、夏に味わえるカニです。

花咲ガニはタラバガニと同じく身が肉厚なので、「焼きや鍋」で味わうのがおすすめ。

また希少価値が高い花咲ガニを余すところなくいただくためにも、殻で出汁を取って鉄砲汁にするのもおすすめですよ。

同種でも外国産だと旬が違うカニもいる

先ほど軽く触れましたが、カニは同じ種類でも獲れる地域によって最盛期が違うため、旬の時期が違います。

たとえば食用ガニで代表的なズワイガニは、外国だと最盛期が変わります。

カナダ産のズワイガニは旬が違う

日本では冬が最盛期のズワイガニですが、カナダ産のズワイガニは、春から夏にかけてが最盛期です。

カナダ産のズワイカニの特徴としては、大西洋にあるニューファウンドランド島の周辺やセントローレンス湾で水揚げされることがとても多く、ズワイガニの出荷量は世界で約半分の出荷量を誇ります。

つまりカナダでは春から夏にかけてズワイガニを大量に仕入れられるので、身が締まった旬のズワイガニがリーズナブルに楽しめるのです。

通販は旬のカニを冷凍でお届け!解凍は適切に

旬のカニは市場で購入する手段もありますが、通販で店舗に行かなくても旬のものがラクに手に入ります。

通販でカニを購入するカニは、旬に獲れたものを瞬間冷凍していることが多いので、おいしくいただくために解凍は適切に行うことが大事です。

そのため、口コミなどを確認していただき信頼できる通販サイトを探していただく必要があると思います。

通販でカニを購入するメリット

  • 割安で購入できるセットがある
  • むき身セットも選べる(解凍してすぐ食べられる)
  • まるごとか脚だけか食べたいものだけ選べる

通販でカニを購入する不安

  • 実物を見ていないから不安
  • サイトがたくさんあってどれを選べばいいか迷う
  • 旬の時期に注文しても旬のものが来るとは限らないのでは?

ネットショップ大賞9年連続1位の実績をほこるかに本舗では、年間約700トン買い付けしているのでリーズナブルかつ満足度が高いカニを楽しむことができます。

カニ本舗

まとめ

結論カニの旬は、種類というより産地によって変わります。日本では冬が旬のカニでも、外国産だと夏が旬のものもあります。

また、カニは基本脱皮してしっかり時間が経ち硬くなっているものだと身が詰まっています。

カニの旬はもちろん、身の特徴とおいしい食べ方も知り、一番カニの良さを生かせる調理法でいただくのがおすすめです。