カニの価格相場を種類別にご紹介|スーパーと通販どちらが安いか徹底比較

「たまには贅沢をしてカニを家族でたくさん食べたい!」「できればなるべく安く購入したいけど、相場はいくらなの?」
スーパーの魚売り場で売られているカニを見ても、「これって高いの?安いの?」と思う方も多いと思います。
カニの価格相場をある程度知っておけば、お得に、安い値段でカニを食べることができるんです!

今回の記事では、価格をあまり気にせずカニを食べたいという方や、相場を知りたいという方のために、カニの種類ごとの相場をご紹介します。

【通販サイト比較】カニの種類ごとの値段相場

カニの値段相場は、種類ごとに違います。産地や大きさ、希少価値が高いカニは当然値段も高くなります。

今回はなるべく平均的な値段を出すため、まずはカニ通販サイトで販売されている2kg~2.5kgほどのカニ値段相場を調査しました。

※すべて税込み価格

通販サイト ズワイガニ タラバガニ 毛ガニ 花咲ガニ
匠本舗(かに本舗) 14,000円前後 20,000円前後 (4kg)24,800円 取り扱いなし
浜海道 (脚のみ2kg)
9,800円
20,000円前後 30,000円前後 11,800円
かにまみれ 36,800円(北海道産) 30,000円前後 (約1.2kg)
16,800円
14,880円
北海道北釧水産 13,250円 取り扱いなし (約1kg)
12,700円
10,560円
マルゼン後藤水産 13,800円 (脚のみ2kg) 19,500円 15,800円 取り扱いなし

また、ブランド高級ガニである「越前ガニ」の値段相場は以下のようになりました。

通販サイト 越前ガニ セイコガニ
越前かに問屋ますよね 15,800円(700g) 取り扱いなし
越前ガニ 成前 成前 28,000円(800g~900g前後) 5,900円(220g~260g前後)
越前がに倶楽部 23,000円(850g~900g前後) 5,700円(3杯)

また、あくまでも値段相場のため、カニの価格は時期によって異なり、その年の水揚げ状況が悪いと、価格が高騰することもあります。
そのため購入する際は通販サイトで在庫があるかどうかはもちろん、価格も変わっていないか確認するようにしましょう。

ズワイガニの価格相場

ズワイガニは、国内産海外産、ブランドガニなど種類が多く、価格相場に大きな違いがあるカニです。

ズワイガニの値段相場は、外国産の場合2~3kg前後で13,800円~15,000円ほど、国産(主に北海道産)の場合30,000円~50,000円ほどする場合もあります。

また、通販サイトで取り扱っている外国産のズワイガニは、ロシアやアラスカ産のものが比較的多いです。外国産のカニは「品質が心配」だと思う方もいるかもしれません。

しかしベーリング海やオホーツク海といった温度が冷たい海で育ったズワイガニは、身の詰まりが良く、かつ水揚げ量が比較的多いことからリーズナブルに提供できるため、価格相場より安く購入しやすいです。

タラバガニの価格相場

タラバガニの価格相場は、2~3kgで20,000円~30,000円で販売している通販サイトが多いです。また、脚のみで2kgといった場合には20,000円前後で購入することができます。

タラバガニもズワイガニと同様、ベーリング海やオホーツク海といった冷たい海を好むため、通販サイトで取り扱っているもののほとんどがロシア産です。北海道産のズワイガニもありますが、外国産のタラバガニのほうが品質が高いため人気です。

毛ガニの価格相場

毛ガニは基本北海道のものが通販でも販売されていて、価格相場は他の種類のカニより比較的高めです。

毛ガニの値段相場は、2kg前後で12,700円~15,800円ほど、4kg前後になると24,800円~29,000円ほどで販売している通販サイトが多く、1杯単位で売られています。

越前ガニの価格相場

越前ガニは、福井県で水揚げされたオスのズワイガニのことです。

値段相場は、通販サイトによって異なりますが700g~800g前後で15,000円~2万円前後となります。1kg前後になると、値段相場は3万円~5万円ほどになります。

セイコガニの相場

セイコガニは、福井県の三国港や越前漁港で水揚げされたメスのズワイガニのことをいいます。

セイコガニは貴重でなかなか採ることができないため値段相場は、一人前で5,000円~8,000円前後となります。

花咲ガニの相場

花咲ガニは、トゲが多く小ぶりな点が特徴のカニです。
毛ガニ同様、北海道を代表するカニのひとつで、道東の根室でしか採ることができないことから「幻のカニ」とも呼ばれています。

値段相場は、2kg前後で11,800円~15,000円前後となっています。

カニはなぜ価格が高い?

カニはどの種類のカニも「価格が高い」「高級食材」といったイメージが強いですよね。
スーパーで「カニが食べたいな」と思って魚売り場に行くとカニの価格の高さにびっくりして諦めてしまう…という方もいらっしゃるのではないでしょうか?

その理由は、カニは他の魚貝類と違い、養殖することができないことにあります。
カニは、大量に飼うと周りのカニを食べて共食いしてしまう生き物なのです。
そのためカニは天然ものしか獲れなく、希少価値が高くなり価格も高くなってしまうのです。
参照:テレ東プラス

また、カニは成長するまでに時間がかかり、ズワイガニの場合10年かかります。
さらに毛ガニは2年に1回しか繁殖しないという大きな特徴もあります。
このような事情も、カニの価格が高くなる理由の一つです。

カニの漁獲量とブランド化も高騰理由

カニの漁獲量が年々減少しているのも価格が高い理由となっています。

値段が高騰している理由はやはり漁獲量の減少です。母ガニは産卵しているようですが、上手に生育・成熟が進まず稚ガニの死亡率が高まっているそうです。
水温や潮流の関係などさまざまな理由が考えられますが、原因は特定されていません。水産物の調査・研究を行っている日本海区水産研究所(新潟市)によると稚ガニの数は過去20年間で最低の水準で推移しています。noteより引用

このため国産ガニ1匹1匹の価値を高める「ブランド化」が進み、生産量が少ない分を補う流れもあります。
そしてブランドガニの価値が上がると、普通のカニの値段も押し上げられて価格相場が上がっていくのです。

カニの価格が高い理由まとめ

  • 養殖できないから希少価値が元々高い
  • 漁獲量が減りさらに希少価値が上がっている
  • ブランド化が進み、普通のカニもブランドガニも価値が上がっている

カニはスーパーより通販のほうが安くておすすめ?

結論から言うと、カニはスーパーで買うよりも通販サイトを使って購入したほうが安いです。通販サイトの場合、産地直送で配送することがほとんどであるため加工などのコストを省くことができ、そのぶんカニそのものの価格を安くすることができます。

最近は送料無料の通販サイトも多く、プロの職人が茹でたカニを配送している通販サイトも多いため、スーパーで売っているカニよりも高品質かつ安いことが多いです。

カニの購入を検討している方は、お得な通販サイトでの購入することをおすすめします。

まとめ

今回の記事ではカニの値段相場を種類ごとにご紹介しました。
越前ガニやセイコガニといったブランド蟹はたしかに値段が高いですが、それだけの魅力があります。
他のカニも、上手に通販サイトを利用すれば普段よりお得に安くカニを購入することができます。

これからカニを購入するときはぜひ通販サイトを使って購入してみてください。