カニの種類と味の特徴!ズワイ、タラバ、花咲ガニ、毛ガニの旬やおすすめ料理をご紹介

カニは世界中で漁獲されていますが、日本で多く食べられているのはズワイガニ、タラバガニ、花咲ガニ、毛ガニの4種類です。

4種類のカニにはそれぞれ旬があり、1番美味しく食べるためベストなタイミングで購入したいですよね。

そこでこの記事では、食用4大カニの種類や旬から味の特徴まで解説しながら、4大ガニそれぞれのおすすめの食べ方もご紹介していきます。

【冬の味覚】食べておいしい4大カニの特徴

日本で頻繁に食べられている4大カニは、ズワイガニ・タラバガニ・花咲ガニ・毛ガニです。

それぞれ旬や味が異なるので、使われる料理や調理法も変わってきます。

特徴を理解しておくことで、カニを食べたいときに適したものを選びやすくなります。

4種類のカニについて詳しく解説しているのでぜひ参考にしてください。

ズワイガニ

ズワイガニ

ズワイガニはカニ特有のうまみが強く、ほかのカニに比べると身が少ないのが特徴です。

身が柔らかいので火をいれずにおいしく楽しむことができます。

また、ほかのカニに比べてカニ味噌が多いので、カニ味噌を食べたい人におすすめです。

日本海側では北海道から島根、太平洋側では北海道から茨城までで広く漁獲されています。

水揚げされるシーズンが地域によって違うので、旬なものをうまく選ぶ必要があります。

ズワイガニの旬はいつ?

ズワイガニの旬は11月から5月ですが、地域で異なります。

日本海側では11月から3月が旬ですが、オホーツク海では4月~5月が旬です。

購入する時期で産地を選ぶようにしましょう。

夏から秋にかけて売られているズワイガニは旬から外れてしまい、味が落ちてしまうので注意してください。

ズワイガニの食べ方はなにがおすすめ?

ズワイガニは身が柔らかく食べやすいので、生やしゃぶしゃぶなどで食べるのがおすすめです。

もちろん、焼いたり蒸したりしてもおいしいですが、ズワイガニは生のままで十分旨味と香りが強いので、無理に火を通す必要はありません。

また、カニ味噌の量が他のカニに比べて多いので、お酒のあてにしたり雑炊にしたりするのがおすすめです。

カニの甲羅をそのまま使ってカニグラタンを作ってもおいしいのでぜひ試してみてください。

タラバガニ

タラバガニ

タラバガニは身が非常に大きく詰まっているので、焼いたり煮たりして食べられることが多いです。

産地は国内だと北海道のみで、他はロシアやアラスカなどになってしまいます。

タラバガニはあっさりとしていますが、身が詰まって食べごたえがあるので大人数が集まっているときにおすすめです。

カニ味噌の量が少ないので、カニ味噌が好きな人は気を付けてください。

タラバガニの旬はいつ?

タラバガニの旬は4月から5月と、11月から2月です。

オホーツク海の流氷が溶けて漁獲が始まる、4月から6月はタラバガニの身がしまっていて特に美味しくなります。

ただし、産卵期と被っているので漁獲が禁止される地域に注意が必要です。

外国産のものを含めても秋のタラバガニは旬から外れてしまうのでどうしても質が落ちてしまいます。

タラバガニの食べ方はなにがおすすめ?

タラバガニは火を通して食べるのがおすすめです。

グリルや焼き網などで焼いて食べるか、ゆでて食べるとうまみが凝縮されてより美味しく食べることができます。

タラバガニは身が大きいので非常に満足感があるのが特徴です。

すでにゆでてあるタラバガニを再度ゆでてしまうと味が損なわれるので、二度ゆでしないように気を付けてください。

花咲ガニ

花咲ガニ

花咲ガニは北海道の根室で主に水揚げされるカニです。

カニの中でも特にうまみが強いので、様々な調理法で美味しく食べられます。

高級なカニで小ぶりなものが多いので、がっつりカニを食べたいという場合には向きません。

上質なカニを贅沢に食べたいというときにおすすめのカニです。

花咲ガニの旬はいつ?

花咲ガニの旬は6月から9月で、ほかの時期のものは基本的に冷凍になってしまいます。

個体数の減少に従って漁獲制限がされているため、旬の時期の質の高い花咲ガニとなると値段が高騰しやすいです。

せっかくの高級品なので購入するのであれば旬である時期に買うのがおすすめです。

花咲ガニの食べ方はなにがおすすめ?

花咲ガニのおすすめの食べ方はゆでて食べるのがおすすめです。

大きめの鍋で花咲ガニをゆでて食べましょう。

冷凍の花咲ガニを食べる場合は冷蔵庫の中でゆっくり解凍するようにしてください。

花咲ガニは旬の時期が短いためどうしても冷凍のものが多く出回ります。

味はそこまで落ちないので問題ありませんが、急いで解凍してしまうとおいしいエキスが漏れてしまいます。

毛ガニ

毛ガニ

毛ガニはタラバガニやズワイガニに比べて漁獲量が少なく、身も小さいので非常に高級感があります。

カニ味噌の割合が多いので、ゆでて食べるというよりは料理に使われる場合が多いです。

身をほぐしてカニの料理や加工品に使われることが多いので、他のカニに比べると自宅であまり食べる機会はありません。

身の量は少ないですが、その分うまみが詰まっていて濃厚なカニのうまみを感じることができます。

毛ガニの旬はいつ?

毛ガニは北海道で1年中旬になっているので、季節を問わずに楽しむことができます。

ただし北海道内で漁場が変わるので注意してください。

日高や十勝では秋から春にかけて、オホーツクでは春から夏にかけて旬になっています。

産地によって時期が異なるので購入する前によく確認しておきましょう。

毛ガニはこの食べ方がおすすめ!

毛ガニはゆでて食べるのも良いですが、料理に使用して食べるのがおすすめです。

胴体を利用したグラタンや出汁をとって雑炊を作ることで毛ガニを最大限楽しめます。

また、身と味噌を利用したパスタは非常に高級感がありおもてなしの料理に最適です。

もちろん、蒸したりゆでたりしてもおいしく食べられます。

4大ガニは通販でも購入可能!おいしく食べるなら旬を逃さないことが大事

カニは種類ごとに旬が異なるので、おいしい時期に購入するのがおすすめです。

旬を逃さないように購入してよりよい調理法でカニを楽しみましょう。

通販では旬のカニをセットで買うことができるので、どのカニを購入するか迷っている人に最適です。

ぜひ通販を利用して旬の時期のカニを購入して1番美味しく食べましょう。